ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

自分が何を言われているかを感じ取る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自分が何を言われているかを感じ取る

2014-02-10 06:05
    そうか、舞ちゃんに彼氏がいるのか。

    浅田舞さんが恋人の存在明かす

    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/02/08/0006692814.shtml

    多分こういう風にマスコミの皆さんは、いつも自分に教えてくださってるんですよね。舞ちゃんに彼氏がいるので、舞は舞でも浅田舞ちゃんの記事を出して、それとなく伝えてくれていると。

    だから自分の書いた記事が正しいのか間違っているのかというのも、こんな感じでわかってるつもりなんですけどね。「これ間違ってるのかな」とか、「喜んでくれてるかな」とか、「俺に彼女作れって言ってるな」とか、「自分が思ってることと同じ事を、亡くなられたこの方も言ってんだろうな」とか。

    そういう事を世間のニュースから感じ取りながら、記事を書いていますけど。ということはその雰囲気からすると、前回書いたTPPの話も間違っているかな。やっぱり農業の世界は完全競争市場的ではないということか。


    農業にこそTPPは必要 このままではコメは安楽死

    http://diamond.jp/articles/-/45804?page=5

    確かにこういう風に比較してみると、産地によってコメの価格には差があるよね。ということはブランドや品質の要素があるわけで、完全競争市場ではないと。しかもオランダの件だけど、穀物の自給率は食用に関して言えば、決して低くはないらしいね。そう考えるとますます自分が書いたものは間違ってる可能性が高いわけで、農地の集約化が出来てコストの削減が可能になるならば、自由化しても良いということになるのかな。

    といっても集約化が出来ないから困ってるんだろうけどさ。一方野菜は日持ちがしないので国産に分があるだけだとか、オランダが強いのは陸続きで鮮度が高いままで輸出されるからというのは、多分正しい気がするんだけどな。だからTPPに参加しても野菜や果物は、世界に勝つのは難しいのかもしれない。


    職場でバカにされる -枡野俊明「なぜ人の目が気になるのか」【1】

    http://president.jp/articles/-/11830

    といった具合に、毎日自問自答や試行錯誤を繰り返しながら書いています。自分は前にも書いた通り間違ったことを書くことが、一番してはいけないことだと思っているので。正解が出るまでやるし、文章を読んでわからない人が一人もいなくなるまで質問に答え続けていく予定です。そうすることで周りの人達にもなるし、自分のスキルも上がっていくのだと思っています。

    勿論そのせいで、バカにされることはあります。都構想の話でコメントが沢山来たように、人を見下すような態度でケンカを売って来たりだとか、何も知らないくせに自分に向かって「勉強しろ」とか「調べろ」「思いつきで言うな」とか言う人も沢山います。

    でもこの住職の言われるように目の前の物事に一心不乱に打ち込めるから、、一つひとつの所作に命をかけられるから、続けられているのだと思います。まあ清らかな心があるとも、肝の据わった態度があるとも思えないですけどね。


    パズルのみで頭を鍛えて、京大に受かった猛者がいる【3】論理力編

    http://president.jp/articles/-/11865

    ちなみにプレジデントさんは、いつも自分の書いた記事や興味に関連づけて、記事を発信してくださってるんですよね。多分住職のお話もそうでしょうし、こういう話もきっとそうなんでしょ? 恐らく自分がゲーム大好きで勉強嫌いにも関わらず、何か凄そうなことばかりを言うものだから、その謎を解明しようみたいな話だと想像しているのですが、違いますかね?

    ということで次回はゲームと論理的思考性の話、そして東洋経済さんが面白い話を配信されていたので、その話に教育の話をちょっと混ぜながら書いていこうと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。