農業改革で所得は増えない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

農業改革で所得は増えない

2014-06-03 18:22
    香港、台湾で大人気! ニッポンの農産物の底力【1】新潟玉木農園

    http://president.jp/articles/-/12538

    農産物を輸出するんだとか成長戦略で言ってますけど、本当に上手く行くものですかね。
    自分が思うに国として、あるいは企業として経済成長は果たせたとしても、殆どの農家が廃業を強いられることになると思いますけど。

    というのも、農業という仕事自体に技術の難易度や参入障壁が低すぎるんですよね。つまりホール営業や肉体労働と一緒で、誰でもやろうと思えば出来る類のものだから、労働需要や市場の需要がすぐに満たされてしまいやすい。だから仮に農業が奇跡的な発展を遂げたとしても、その旨味に釣られて参入者が次から次へと現れ、需要の穴埋めがなされることになるので、農家自体が潤うことはないでしょう。

    JA全中、中央会制度廃止を拒否 地域農協指導で生き残り

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1088131

    しかも耕作放棄地は広大ですからね。一般的に高い所得を得るためには供給不足の状況を作る必要があるんですけど、その耕作放棄地が日本にある限りは供給不足が解消されることもないわけですから。こんな風に指導をしたところで、成長戦略によって農家の所得が上がることはないと言えると思います。

    農協の反発に負けず、零細農家を救う! 「ファームドゥ」創業者の野望

    http://careerconnection.jp/biz/tvwatch/content_1499.html

    更に言うならば大規模化が進められようとしているということが、農家に対して引導を渡す結果になると思いますけどね。つまり大規模化が進められればコストと価格が下がりますから。農業で食っていくためのハードルが自然と上がることになります。例えば今までは5ヘクタール耕せば食えていたのが、10ヘクタール耕さないと食って行かれなくなる。そうなるとこんな大規模化の出来ない小規模農家は、全滅してしまうと思います。

    香港、台湾で大人気! ニッポンの農産物の底力【3】プロスコーポレーション+ヤマト運輸+全日空

    http://president.jp/articles/-/12542

    だから結論としては、農家という職業自体が成り立たなくなるということでしょうね。
    恐らく今回の農業改革で儲かるのは、種苗会社や大規模化を掲げ農業に参入する企業だけでしょうね。つまり産業力として競争力が高まれば、技術の開発やらコストの低減努力がなされますから。技術化や効率化に応えられる企業にとっては絶好の利益の機会になる。

    しかし農家というものを労働力として捉えた場合には、仕事についての代替性がありすぎますから。商売として成り立たないということで廃業を強いられたり、あるいは労働需給に合わせる形で、低賃金での労働を強いられることになる。つまりは経営者は儲かるけれども、従業員はブラック労働でという、ワタミやすき家と同じ道を辿ると思われます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。