完全競争と独占
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

完全競争と独占

2014-07-31 18:48
    前回の続き。

    小売り全面自由化、新電力本命は東京ガス

    http://toyokeizai.net/articles/-/41240

    ガスも電力も供給されるものはどの会社でも基本一緒なわけだから。完全競争で言うところの均一性の条件は満たしているわけだよね。

    なので電力ガスの小売が自由化された場合は完全競争の名の下に、各社が不毛な競争を繰り広げることになるのかもしれない。つまり料金が各社横並びでしのぎを削り、1円でもコストを削って市場の主導権を握るために、安全やら労働環境やらを切り詰めていく。結果として事故が起きたりブラック企業が沢山現れたりして、社会問題化する可能性もある。

    ただしインターネットプロバイダの例のように、会社ごとの独自色が出せるのであれば、ある程度は社会問題化は避けられるかもしれないけど。思うにこの自由化に関しては、そもそも議論の前提がおかしかったのではないのかな。つまり規制緩和論者のアホ共は参入が制限されているが故に、電力会社はボロ儲けしているんだとのたまい今回の自由化になったわけだけれども、でも実際震災が起きる前から電力会社の自己資本比率は低かったよね。もし本当に指摘するようなぬるま湯状態に電力業界があったであれば、もっと貯め込んでいてもおかしくなかったはずだけど。

    SIMロック解除で収益低下する通信「寡占」大手の困惑

    http://president.jp/articles/-/13099

    むしろぬるま湯体質ということについて言うならば、通信業界の方がひどいと思いますけどね。大手3社による寡占状態で競争が起きないから、携帯電話料金が下がらないままになっている。規制緩和論者の皆さんは、こちらに矛先を向けたらいかがでしょうかね。

    ちなみにSIMロック解除で競争を促進しようということになってるらしいんだけど(自分は携帯持ってないんで良く分からないけどさ)、でもそれで競争が促進されるとか収益が低下するというのは、ちょっと考えづらいんだろうね。

    だって値段というものは需要と供給のバランスで決まるわけなんだからね。幾らSIMロックを解除しようが大手の独占寡占状態にあることには変わりがない以上は、値段も下げたり競争するメリットもないはずだ。

    むしろ本当に競争を促進したいのであれば、SIMロックを解除した上で、参入業者を増やすべきだろう。つまりイオンがスマホに参入したことで他の会社が追随して値段を下げたように、参入が増えれば供給が増えるので、価格が目に見える効果をもって下がることになるはずだ。

    ただし実際には参入には資本が必要なので、それは難しいということになるんだろうけどさ。

    「国家戦略特区」の提案募集でビジネスチャンスをつかめ[連載:岩盤規制(6)]

    http://getnews.jp/archives/634670

    本来競争がなされてるかどうかは、需給で視るべきなんだよね。
    つまり通信業界のように、供給が少なければ独占状態が生まれて価格が高いままになるし、完全競争市場のような技術的に容易な業界であれば、たとえ規制が少々あろうが供給がすぐに埋まれ競争状態が生まれることになる。

    ところが規制緩和論者のアホ共は、「規制」というワードにしか目を向けないので、結果として間違った方向に向かってしまっているんだろう。実際この記事で挙げられている岩盤規制とやらも、本来は行き過ぎた完全競争により引き起こされる、安全性の低下や社会の混乱を未然に防ぐために供給を事前に調整しておくというものが殆どだろう。

    例えばタクシー業界においては台数を規制することで、乗務員をブラック労働させて利益を出そうとする会社の暴走を事前に抑えていると考えられるね。この点競争を促進させればサービスが多様化するはずだとか、タクシー業界は完全競争ではないだろボケがという批判も考えられるわけだけど、でも実際に考えてみると街中ではタクシーが余っているし乗務員の労働条件なども考えると、既に供給過剰になっているとも考えられるわけで、規制緩和で参入者を増やす必要性があるとは思えない。

    更にはタクシーそのものが、独占的競争の条件を満たしているとも思えないんだよね。一般的に独占的競争の要件として重要なものはブランドやサービスの多様化による差別化だけれども、殆どの乗客は、流しで走ってるタクシーを捕まえたり、タクシー乗り場にやってきた車に順番に乗っているわけだよね。つまり幾らサービスで差別化を図ったといっても、消費者側がサービスの違いを認識して選択していない以上は、独占的競争というよりは完全競争に近いと言えると思うんだけど。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。