バター不足の謎
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

バター不足の謎

2015-07-29 21:24
  • 1
んなわけあるかと。

なぜ「バター不足」が繰り返されるのか

http://president.jp/articles/-/15808

的外れもいいところなんだけど、ようこんなのに記事書かせよるわ。
基本的にバターというものは、飲料用や生クリーム用に買い取られた生乳の余りで作られるわけだよね。だから生乳の生産が少ないと、飲料用に回すので手一杯になってバター用に回らなくなるので、今のようなバター不足がおきてくる。

だから単純に今のバター不足は生乳生産の不足によるものなんだけど、でも記事のこのオッサンはその不足が起こったのは、保護貿易や規制のせいであると言う。でもこれは考えてみるとおかしいんだよね。幾ら保護貿易で高い関税がかけられていようが、輸入が規制されていようが、供給が足りなくなれば国内で誰かが生産するから、バター不足はすぐ解消するはずだ。つまりそれによって需給が均衡するようになる。


バター不足は農水省による「チーズの作らせ過ぎ」が原因


http://hbol.jp/18170

コイツもアホなやっちゃの。いくら農水省が命令しようが、チーズばっかり作ってたら儲からんわけで、そんなことを酪農家が選択するわけがない。それにスーパーやコンビニに直接海外から調達させろというが、そんなことせんでも国内農家に作らすしか速いやろと思うんだけど、何でわからんのかねと。

では何故バター不足が解消して需給が均衡するまで、生乳の生産がなされないのだろう。思うに自分はアベノミクスに代表される、円安とインフレによるものと考える。つまりインフレが起こって需要が増えると、その需要に対応しようと供給量を増やそうとするのだけれども、しかしインフレによって飼料価格が高騰してしまったために、

生乳生産にかかるコスト>生乳生産によって得られる利益

という本来とは逆の流れが出来てしまったからだと考えられる。その結果酪農家としては生乳を作るメリットがなくなる一方、需要は右肩上がりを辿るので生乳不足に陥り、それがバターの不足を招いたと思われる。
広告
×
そうか、こんな回りくどく言わなくても、単にインフレのせいですと言えばいいんだね。
つまり供給スピードよりも需要のスピードが速いので生乳の不足が起こっていると。この点通常であれば物の価格は均等に上がっていくわけだけれども、バターは前述のように飲料用やクリーム用に絞った生乳の余りで作られるわけだから。生乳よりも不足の度合いが極端になりやすいんだね。
61ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。