ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

人工知能は人間を殺すのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

人工知能は人間を殺すのか?

2015-10-30 23:25
  • 2
前回の続き。

そうか、自分の話は機械の話と人工知能の話とを、ちょっとごっちゃにしているんだろうか。
つまり機械化の話は、人間と機械(あるいはソフト)とどちらが効率性が高いかという話。
そして人工知能は、知能において人間を上回っているかという話。両者は確かに被っている部分もあるけれども、違っている部分もある。



例えば電王戦で考えてみると将棋ソフトが強いと言われるのは、人間より劣っている「知能」を情報処理の「スピード」が補っているからだろう。もし「知能」が人間より上回っているのであれば、森下さん以下、すべての棋士はソフトに勝つことは出来ないだろう。でも「知能」は人間が優っているから、こういう風に森下さんが1手10分というルールにおいてソフトに一本入れることができている。

しかしながら将棋ソフトは読むスピードが速いし、経済効率性も高と思われるので、知能までもが優れているかのような誤解が生まれているわけだ。つまりここからコンピューターによる「効率性」の問題と「知能」の問題とが、実は分かれて存在していることがわかる。



そして今後人間(人工知能開発者)より高い知能を機械が獲得できる可能性についても、ないと考えられる。というのも人間には実力より高い技術を獲得する能力はないので、それ以上の存在を作ることは出来ないと考えられるからだ。だから人工知能が将来できてシンギュラリティを迎えたとしても、それにより動画にあるような人間より少し賢い人工知能が生まれるとか、それによって人間全体が支配されることもないと考える。

まあただし一部の人間の知能を、人工知能が超える可能性についてまでは否定しないけどさ。世の中には動物以下の知能の人間もいるだろうからさ。




ということで色々人工知能の将来予測を自分なりにしたんだけど、でもこの人工知能の将来予測に関しては色々変なものが多いように感じる。例えば人間に失望した人工知能が、自らの理想の世界を追求するために人間の殺戮をはかるとかね。

でも考えてみると人を襲うためには襲うに足る理由がないといけないんだよね。一般的に人が他人や動物を襲う理由の1つは何かといえばストレスだろう。例えば100円もらえるはずだったのにもらえないとか、あなたのことが好きよと言ってたのに裏切られるとかね。期待していたものがもらえないことで個人に損失やストレスが発生し、その損失を取り戻そうとする形で他者への危害が加えられる。

あるいは殺すことに価値がある場合だろう。たとえば牛や豚を殺すのは、殺して肉にすることに価値があるからだし、ハエや蚊を殺すのも、それらを殺して人間の生活を守ることについて価値があるからだ。

だからコンピューターが人間を排除するためには、そのようなストレスや価値を感じることが大前提なんだけど、果たしてそのような感情を持つだろうか。まさか技術者のメンテナンスの腕が悪いとか、きちんとした評価がなされないといって、不満を募らせたりするんだろうか。


そしてもう一つこの説で疑問に思うのは、需給の均衡機能が無視されているということだ。つまり全てのものやサービスは需要と供給が均衡するようになっている(実際は軽いデフレ、需要不足になるのだが話を単純化するためここでは取り上げない)。

だから一時的に需要や均衡が増減しようが、中長期的には必ず元に戻ることになる。例えばパンや米が不足気味になったら誰か作ってくれる人が出るし、食べ物に限らず犯罪なんかにも実は当てはまる。例えばいくら死刑を執行しても凶悪犯や犯罪の数が減らないのは、まさに需給の均衡機能によって、処刑されて減った分の犯罪や犯罪者を、補おうとする市場の力が働くからだし、テロの戦いを繰り広げて沢山のテロリストを殺したところで世界が平和にならないのも、まさに減ったテロリストを補おうとする市場の力が働いているからだ。

となると、人工知能としてはいくら人間を殺そうと試みたところですぐ人間が元の数まで再生産されるのだから、最初から殺すだけ無駄だという結論に至るのではないだろうか。
広告
×
とりあえずは人間の抹殺は人工知能の目的にはなり得ないということで良いだろうか。
でも正当防衛的な殺戮はやっぱりあり得るのかな。たとえば人工知能が自己愛や恐怖という感情をもってしまったとして、危害を加えようとする人間から身を守るつもりで殺人をするとか。

もしこのような感情が芽生えた場合には、人工知能も一人前の人格として扱わないといけなくなるんだろうか。
人権を認めたり名誉を尊重してあげたり、疲れたときに肩を揉んであげたりとかね。
67ヶ月前
×
次回はこの続きをやるか。
人工知能が開発されると社会の諸問題がすべて解決するみたいな話があるんだけど、その矛盾を自然失業率の話を交えながらやります。
67ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。