世界樹の迷宮Ⅲ一人旅 第0回
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世界樹の迷宮Ⅲ一人旅 第0回

2014-08-07 22:29
    新世界樹一人旅、ストーリー部分を打開して約一ヶ月……
    長い旅を無事に終わらせられたのは、ブロマガを見てくれていた方や応援してくださった方のおかげです。
    遅くなりましたが、ここでお礼申し上げます。


    そういえば、少し前に新世界樹Ⅱの公式サイトも発表されましたね。
    世界樹ファンとしては少しの不安と大いなる期待を抱いたものです。
    個人的には難易度を上げて余計なシステムを減らしてほしいところですが……


    とりあえずそれは横に置いておきましょう。



    世界樹Ⅲ一人旅、始まるよ!





    さて、肝心の縛り内容ですが……

    世界樹Ⅳではフォートレス一人旅を、新世界樹ではダークハンター一人旅をそれぞれ達成しています。
    しかし、改めてダークハンターの記録を見てみると、前半はブーストアナコンダ、後半はヒュプノリベレイトでボス撃破とワンパターンに陥っていて、見ている方にはあまり面白みがなかったと思います。やっている側は試行錯誤を重ねているので楽しかったんですが……

    そこで今回は一職固定を撤廃した縛りプレイで行こうと思います。



    1. プリンス・ファランクス・パイレーツの三職制限
    一職縛りが面白みに欠けるなら、職の数を増やせばいいじゃない。
    というわけで、この三職(厳密には3キャラ)を使って一人旅を進めていこうと思います。
    なお、選別の基準ですが、パーティープレイで真価を発揮する職を選んでいます。


    2. 宝典禁止
    言うまでもなく。
    Ⅲでは宝典でステータスをカンストさせられ、幸運のハンマーがあれば運の宝典や速の宝典は簡単に集まりますので。


    3. サブクラス・引退・鍛冶・大航海自重
    これもあると無いとで大きく変わる要素ですね。
    自重としているのは、これで本編が打開できるかどうか不明なため。
    もし解放するのであれば、鍛冶>大航海>引退>サブクラスの順になるでしょう。
    また、引退不可としているため、三職分のキャラを作って探索することになります。


    4. 同位置のスキルのみ習得
    これが今回のメイン制限になります。
    三職使える状況をうまく生かす方法が見つからなかったのですが、ある方から助言をいただいたので、それをそのまま使ってみようかなと。

    言葉ではわかりづらいと思うので、対応表を用意しました。





    上記の表の同じ行にあるスキルが『同位置』となります。(コモンスキルを除く)
    例えば、もしファランクスでガードヒールを覚えたいのであれば、同時にキングスマーチ・我流の剣術を覚える必要が出てきます。
    もちろんスキルレベルも揃えるので、覚えるスキルに悩むことも多くなるでしょう。



    そして、やはりというところですが、覚えられないスキルも出てきます。




    パリィ、マテリアルパリィは挑発Lv5が習得条件ですが、挑発と同位置にあるリニューライフは王たる証Lv3が習得条件となります。
    よって、パリィ・マテリアルパリィと同位置のスキル、王たる証が習得条件となるスキルと同位置のスキルは習得不可となります。

    ※訂正
    さらに、オーバーガードには決死の防壁Lv3が必要なため、エミットウェポン・オーバーガード・クイックドローは習得できません。



    習得可能なスキルの習得条件はこちら。




    ③や⑨のスキルを覚えるには、結構な量のSPを注ぐ必要があります。





    以上が今回の制限内容になります。
    さすがに休養まで禁止となると打開できる気がしないので、休養縛りはありません。

    それにしても、スキルの習得制限は大きいですね。
    特にファランクスは、パリィ二種が封じられて警戒行進も習得不可、ガードヒールもなかなか取れないと一気に弱体化してしまいました。
    プリンスも戦闘中の回復手段が消え、パイレーツはイーグルアイとミリオンスラストが覚えられないとこれまた辛いことになりそうです。





    最後に、終着点についてですが、一週目真ボス撃破をゴールとしたいと思います。
    さすがにこの制限で第6層やクエストボス、三竜に挑むのは不可能ですので。




    それでは、ここから長い長い旅が始まります。
    どうかのんびりとお付き合いください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。