節分で園児と鬼が和解をする
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

節分で園児と鬼が和解をする

2016-02-03 10:05
  • 69
恐怖を与える教育はよくないとして、節分に登場する鬼と最後は仲良くなるという設定が保育園や幼稚園であるらしい。

節分とは、季節の変わり目を意味し、その時期には邪気が入るとされている。

邪気が具現化した鬼を豆で追い払うのが本来の節分だったと記憶している。

で、豆は一家の主か年男が撒くのが本当らしい。

近年は、親が鬼の役になって子どもが豆を撒くことが多いだろう。

別に恐怖を与えるものではないし、日本の伝統行事だ。

桃太郎の話でなぜか鬼と仲良くなるのと一緒である。
広告
他59件のコメントを表示
×
豆まきの鬼って本当は赤の他人がやって子供を本当に怖がらせたところで
家長が鬼を退治して、その強さ・権力を教えるのが目的って所さんの目がテンでやってた
56ヶ月前
×
厄と和解END
56ヶ月前
×
鬼は殲滅しなあけりゃいかん。
56ヶ月前
×
ただ昔話にも鬼って結構良い奴だったりするとこもあるから豆でボコボコにすんのかわいそうじゃねごめんねってのはまあおかしいって程ではないかなと
56ヶ月前
×
和姦ENDだったら最高なのに
56ヶ月前
×
鬼って疫病とか飢饉とかの災厄の擬人化だろ?
そんなのと和解っておかしくね?
56ヶ月前
×
今の保育士は頭おかしいのホント多い
日本の伝統を壊す教育者の屑
56ヶ月前
×
>>66
> 「伝統」といったら、「鬼は内・福は内」と言う伝統があるけど。奈良県の天河神社とか。↓
> http://www.tenkawa-jinja.or.jp/kongetsu/2-2setsubun.html
>
> 日本各地でそれぞれ異なる民間伝承があるのだから、一概に
> 「伝統」とか「邪気が具現化した鬼を豆で追い払うのが本来の節分」
> とくくることはできない。



> 「伝統」といったら、「鬼は内・福は内」と言う伝統があるけど。奈良県の天河神社とか。↓
> 「伝統」といったら、「鬼は内・福は内」と言う伝統があるけど。奈良県の天河神社とか。↓
> 「伝統」といったら、「鬼は内・福は内」と言う伝統があるけど。奈良県の天河神社とか。↓
> 「伝統」といったら、「鬼は内・福は内」と言う伝統があるけど。奈良県の天河神社とか。↓
> 「伝統」といったら、「鬼は内・福は内」と言う伝統があるけど。奈良県の天河神社とか。↓
> http://www.tenkawa-jinja.or.jp/kongetsu/2-2setsubun.html
56ヶ月前
×
そして悪魔外
56ヶ月前
×
>>65
如何に厄・難・病を避けようと心掛けても、人は生老病死からは逃れ得ぬ。
むしろ七難八苦も受け入れ和する心にのみこそ仏は宿る。
などと、悟った上での教育なら間違っておらぬかもしれん。
もっとも、そういう教えなら最初から>>67の天河神社の様に教えておるであろうがのう。
56ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。