2019.7.7 七夕賞&プロキオンS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2019.7.7 七夕賞&プロキオンS

2019-07-07 11:30
    七夕賞
    タニノフランケル
    ロードヴァンドール
    ゴールドサーベラス

    ◎タニノフランケルは意外と福島の馬場が合うのではないかと見て選択。
    そこまでハンデ差が無い今回、力を発揮できる状態にある。
    ウオッカとフランケルの良血がここで躍動するか注目です。
    ○ロードヴァンドールは距離短縮が懸念材料
    だが横山典弘騎手がうまく手綱を引いて導いてくれるだろうと信じての指名。
    ダイワメジャー産駒なので本来この距離が適正だと思うのでそれを信じるのみ。
    ▲ゴールドサーベラスは藤田騎手買い。
    女性ジョッキー世界一の座を手にしての七夕賞参戦。

    前走からコンビを組むこの馬で前走の末脚を出すことができれば
    1キロ減のハンデが活きる。
    そうなってほしいなぁ・・・(願望かよ!!!)

    プロキオンS
    マテラスカイ
    ○アルクトス
    ▲ドンフォルティス

    ◎マテラスカイがドバイゴールデンシャヒーン2着からの復帰戦。
    ここでも実力上位と見ていいでしょう。
    昨年の同レース勝ち馬ですしここは順当かと。
    ○アルクトスは休み明け2連勝の勢いで選択。
    下でも紹介してるが復調した田辺騎手がここでも勝ち切り重賞連勝できるか注目。
    上位2頭はこれで安泰かなぁと考えてます。

    で、あまりに固い2頭の指名なので▲ドンフォルティスというとんでもな穴を選択。
    昨日やらかしで9日間の騎乗停止処分が出てしまった秋山騎手。
    ここで騎乗停止前に穴をあけてくれることを期待してだったりって、どんな予想だよほんと

    前回の結果

    ラジオNIKKEI賞
    1着 ブレイキングドーン
    2着 マイネルサーパス
    3着 ゴータイミング

    9着◎ヒシイグアス

    10着▲ザフォワールエメ
    12着○ギルマ

    前回、先行が多いといった展開だったが今回はまくり差しが決まった格好。
    しかし久々の田辺騎手重賞制覇、これは喜ばしいことです。
    調子を落としていると言う感じのここ最近だったのでこれで復調するかな?
    うまく内でするすると抜け出せたマイネルサーパスが2着。
    後ろから一気に足を伸ばすが届かず3着までのゴータイミング。
    マイネルサーパスは読めてもよかったかなぁというレースだった。
    しかしデムーロ騎手のほうが心配です。

    CBC
    1着 レッドアンシェル
    2着○アレスバローズ
    3着 セイウンコウセイ

    6着▲グランドボヌール

    12着◎ショウナンアンセム


    こちらはうまく中団から抜け出して人気に応えたレッドアンシェル。
    福永騎手と短距離の相性がいいのでしょうか、そんな印象です。
    2着アレスバローズはレッドアンシェルについていってそのまま着差を埋められずゴール。
    セイウンコウセイはうまく逃げ粘り3着に残す。
    不良馬場とは言え34秒台の上がりタイムが4頭も出たという点・・・
    なんだかなぁ・・・
    で、ショウナンアンセムが屈腱炎で戦線離脱とニュースで流れて感じたこと、
    このレースの馬場状態で無理をしたがために起こしてしまった怪我なのかなぁ・・・
    期待してただけに残念です。

    6.30の馬券成績
    投資  :3500
    回収  :2690
    収支  :-810

    2019年の総成績
    投資  :327700
    回収  :291750
    収支合計:-35950

    海外競馬
    収支‐3000

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。