ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2019.10.27② 天皇賞秋
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2019.10.27② 天皇賞秋

2019-10-27 13:00
    今回はGⅠと言う事もあって特別枠でこのような感じで投稿します。

    では今回の本命ですが、これでいきます。

    ◎ワグネリアン

    はっきり、前走の札幌記念4着は馬場が向かなかったと見ています
    東京競馬場ならこの馬の実力を発揮できると思います
    札幌記念4着でも1着と0.2秒差ならここでも勝てるチャンスがあるでしょう
    それに1番人気に集中しすぎると天皇賞秋は勝てないことが多い
    今回、ローテーションがめちゃくちゃなアーモンドアイが人気集中で不安です
    むしろサートゥルナーリアとダノンプレミアムがぶつかって3頭とも共倒れになる
    今回その展開があるのではと私は見てこうなりました

    さて、対抗ですが上記理由も踏まえてこの馬を選びます

    ○アエロリット

    実質今年のダービー馬と言っていいダノンキングリーのあの完璧な毎日王冠
    その2着に入ったアエロリットがかなり調子がいいと見てます
    それも津村騎手に乗り替わってもあの走り、正直牝馬の中で一番手評価してもいいのでは
    そう思う一頭です
    この馬がどうもダイワスカーレットのような走りをするのではないかと
    調子は最高潮、牝馬で勝てるチャンスがあるとすればアーモンドアイよりこちらでしょう
    戸崎騎手に期待していると言うのもありますが十分チャンスあるでしょう

    さて、私は次にあげる印を馬券の中心にしています
    今回、ちょっとした隠れてる部分を読み取ってこれになりました

    ▲カデナ

    この馬に乗る藤岡佑介騎手
    昨年の秋、1枠1番に入り二着のクリノガウディー
    これの存在が頭から離れなかったんです
    それを考えたとき、警戒がない状態で最内をつき
    直線になっていつの間にか複勝圏内にいる
    そんな展開がありそうな気がしたんです
    実はこの枠順をみて藤岡佑介騎手が見えたときに指名する気満々でした
    脚も十分期待できるレベルの馬なので怖い存在になるのではないでしょうか

    と言う所で、他の二頭は調子が上がってきてる二頭

    △スティッフェリオ
    △ドレットノータス

    オールカマーを勝ったスティッフェリオの丸山騎手
    京都大賞典を勝ったドレットノータスの坂井瑠星騎手
    正直どっちにも初G1取ってほしいなぁっていう期待の印

    こんな感じで5頭選出してみました。

    自信度は。。。印通りに決まると思う確率で15%。
    この中で1着馬が出る確率では75%というところです

    正直上位人気ですんなり決まると面白くないってだけだったり

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。