ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2019.12.31 レース回顧
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2019.12.31 レース回顧

2020-01-01 01:39
    前回までの結果

    中山大障害
    1着 シングンマイケル
    2着 ブライトクォーツ
    3着○メイショウダッサイ

    4着◎シンキングダンサー
    6着▲メドウラーク

    金子騎手、ジャンプG1初勝利
    順当な馬が勝利したと言っていいだろう
    前走前々走とジャンプ重賞連勝の勢いそのままにゴールまでたどり着いた
    終始前目で進めて4コーナーあたりから先頭へ、そのまま押し切り完勝
    新たなジャンプ王者の誕生となった
    2着にベテラン熊沢騎手が来るあたりまだまだ現役でいけるぞと
    3着メイショウダッサイは騎手の経験の浅さがそのまま出てしまったのかなという印象
    メドウラークは・・・今後に期待(というより走れるのか?)


    阪神カップ
    1着 グランアレグリア
    2着 フィアーノロマーノ
    3着 メイショウショウブ

    5着▲ノーワン
    7着○シヴァージ
    13着◎マイスタイル

    こちらはグランアレグリア見事な差し切り勝ちでスプリント女王誕生の予感
    中団よりやや前でレースを運び直線で抜け出し完勝
    道中はグランアレグリアと同じ位置で構えてたフィアーノロマーノ
    直線で一緒に上がろうとしたが馬の力量差が出た5馬身だったように思える
    メイショウショウブは道中2番手につけよく粘り3着確保したと言うところはさすが和田騎手
    ノーワンは出遅れがすべてだった


    有馬記念
    1着 リスグラシュー
    2着 サートゥルナーリア
    3着 ワールドプレミア

    7着▲レイデオロ
    9着◎アーモンドアイ
    10着△エタリオウ
    12着○スワーヴリチャード
    14着△アエロリット

    レーン騎手この馬とのコンビでG1を3連勝、見事有終の美を飾った
    直線入ってからの抜け出して後続を離すあの脚は正直現役続けても良かったのでは?
    そう思えるこれ以上ない最高の走りだった
    騎手の力で2着に入った印象なのがサートゥルナーリア
    レース後の談話でも言っていたが本来2000mの馬で中山経験がうまく効いたという感覚
    それにこのレースは3歳菊花賞勢が強いと言ったワールドプレミアの3着
    今後は中距離のサートゥルナーリア、ステイヤーのワールドプレミア
    こういった構図になるのだろうか注目
    しかしアーモンドアイ9着は予感はしていたとはいえあの負け方はショックだった
    正直このレース出走は陣営の勇み足だったのではと・・・


    ホープフルS
    1着 コントレイル
    2着◎ヴェルトライゼンデ
    3着 ワーケア

    6着△パンサラッサ
    7着△ブルーミングスカイ
    8着▲ディアセオリー
    9着○ブラックホール

    コントレイル評判通りの力を見せ完勝
    道中、常に先行での競馬で直線は楽に抜け出しレースレコードと同タイムで勝利
    今後はマイラプソディとコントレイルが中心になるのだろうか
    その後に注目をして見ていきたい
    しかし2着のヴェルトライゼンデ、3着のワーケアとかなり固い決着になった
    レースの特色から固い決着になりやすい傾向のレースだったとはいえ
    何とも消化不良な感じです


    12.21~12.28馬券成績
    投資  :17600
    回収  :3710
    収支  :-13890

    2019年の総成績
    投資  :578000
    回収  :450640
    収支合計:-127360

    海外競馬
    収支‐5640

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。