Mackey4444さん のコメント

>>36
>民意の後押しが無かった為に要求が出来なかったのだろうと思っています。

韓国が、「民意の後押しによって政府が動く」ような民主主義国家であるのかどうか疑問ですね。
民意というより、国民感情を利用して反日を行い自らの政治的力学を有利にするような扇動的国内政治を行っているとしか思えませんから。朴槿恵ローソク弾劾もそうでしょう。そして一度政権を取ったら撤退的に対立派閥を弾圧するのは、李氏王朝時代の両班たちの派閥抗争と同じ。まあ、今の韓流ドラマはガリバー旅行記のように現状の政治を風刺しているからそういうふうに見えるだけなのかもしれませんけどね。

また、上の大口さんの挙げられている、「補償とは精神的苦痛に対する補償を言う」という議事録に関してなのですが、この文面と、「慰謝料請求」という言葉の意味は同一ですよね?
慰謝料請求には2つあり、1つは「不法な日韓併合に基づく不法行為による慰謝料請求」と、もう一つはそれ以外の慰謝料請求で、前者はこの協定には含まれないなどという論理は、後から無理やりこじつけた論理ですよね。
大法院判決は、前者を明記していないから含まれないというわけですが、明記していないのであれば、一つしかあり得ないです。
この2種類の慰謝料請求に違いがあると当時の韓国政府が認識していたとすれば、何故「完全かつ最終的に解決した」と合意できるのでしょうか?
前者は含まれていないと認識していたのであれば、最終的に解決しませんから。そして大口さんのおっしゃるように個人の請求権は韓国に移動してしまっているから、外交保護権云々の話も無くなっています。

こういう後からのこじつけた論理は、民意による後押しといった、民主主義的な正当な後押しとかではなく、国民情緒法のようなもので、日本が悪いという結論ありきから導き出した、ポピュリズム、大衆併合的な人気取り判決だと思います。
少なくとも徴用工/募集工の裁判についての韓国内の認知度は、2012年までそれほど高いものではなかったとどこかで見ました。ですから、民意の後押しによる判決ではなく、方向として逆で、反日を扇動する人気取り判決だったと思
います。
No.1
1ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
俺は、昨日夢で、将来の夢を見た、それは、家庭があり、子供も居て幸せな家庭だった、 そこで俺は、本当に将来はそうなるように、願っている。 将来と言っても、すぐにその時が来ると俺は思う、今29歳だ、将来と言ってもすぐに30歳になり、時はすぐに過ぎ去る、だから、その事を考えて、生きていく! その事にたいして生きれば、その事に対して生きていけばいい家庭をもてると思う! 平和を祈りながら生きる!
アッキーワールドのリアルファンタジー
エブリディリアファンへようこそ!