誕生日が近いジャスティンビーバー★
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

誕生日が近いジャスティンビーバー★

2019-06-06 01:38
    ジャスティン、ドリュー、ビーバー、1994年生まれ3月1日生まれ。

    ビーバーはキリスト教である。

    2012年、9月ビーバーはアリゾナ州でイベントをした。

    その時ステージで嘔吐した。

    ビーバーはその時その嘔吐した。

    なぜ嘔吐したかと言うとその時ジャスティンビーバーは牛乳を飲んだ事が
    原因だと言った。

    ジャスティンは牛乳なんて飲むんじゃなかったと言った。

    ジャスティンは13歳と言う若さでデビューした。

    ビーバーはブレイクした時に自分自身ですら信じる事ができないくらい、辛い気持ちがあった。

    辛い気持ちから、逃れるためために抗不安薬であるザナックスと言う薬に依存した、その時て当たり次第に女性たちと一夜を共に過ごした時期もあったとジャスティンは告白した。

    その生活から脱出しようと誓い。

    リハビリ施設や医者の力を借りず自分の力で薬物依存を克服した。

    同時に禁欲生活も送る事とを告白した。

    禁欲生活から一年以上がたった。

    その頃に妻のヘンリーと再会して婚約したが禁欲生活は続いたと言う。

    2018年の9月にニューヨークの裁判所で正式に結婚したが、ジャスティンの精神的な問題もあり、結婚式はあげてない。

    ジャスティンのデビュー曲はoneTimeと言う曲だ
    これがヒットしたbabyと言う歌の歌詞!

    ぼくのこと 好きなんだろう?
    気にしてくれてるんだよね
    大きな声で呼んでくれれば
    いつだって飛んでいくよ
    ぼくに愛してほしいと思ってるなら
    もう絶対に、絶対に離さない

    ぼくたち 恋人同士だよね?
    だったら遊び回るのはやめてよ
    ただの友達だって?
    いったい何を言ってるの?
    他に好きな人がいるのって きみはまっすぐにぼくの目を見た
    ぼくの初恋は、終わってしまったんだ

    ああ ぼくはまるで
    ベイビー、ベイビー、ベイビーさ
    何も知らない
    ベイビー、ベイビー、ベイビーだったんだ
    きみはずっとぼくのものだと思ってたのに

    ああ きみのためなら何だってしたのに
    もうきみがいないなんて 信じられないよ
    カッコつけてたら
    きみを失ってしまったんだ
    きみになんでも買ってあげる
    どんな指輪でも買ってあげるのに

    ぼくの心はバラバラさ
    ねえ 直してよ
    この悪い夢からぼくを目覚めさせてよ
    気分がダウン、ダウン、ダウンしていくばかりさ
    ぼくの初恋の人はもういない 今でも信じられないんだ

    ああ ぼくはまるで
    ベイビー、ベイビー、ベイビーさ
    何も知らない
    ベイビー、ベイビー、ベイビーだったんだ
    きみはずっとぼくのものだと思ってたのに

    オレが13のとき 初めて恋をしたんだ
    誰もアイツとは比べモンにならないさ
    誰にもジャマされず 誰にも負けなかった
    アイツのおかげで オレはアタマがクラクラしちまってた
    毎朝起こしてくれてたから スターバックスなんていらなかったな

    オレのハートは高鳴ってた
    街や校庭でアイツを見つけると いわゆる胸キュンってヤツだな
    オレがアイツに惚れてるってバレてたよ
    アイツはそれほど魅力的で
    だけど今 オレのハートはぶっ壊れちまった
    それでも言い続けるさ

    ああ ぼくはまるで
    ベイビー、ベイビー、ベイビーさ
    何も知らない
    ベイビー、ベイビー、ベイビーだったんだ
    きみはずっとぼくのものだと思ってたのに

    さよなら
    もうさよならだね
    さよなら さよなら さよなら

    これを15歳の時のジャケットが考えた、ものすごいと思ったその頃、俺は悪いことをして一日をすごす毎日だった。

    ジャスティンみたいになりたいと思ってもそれは無理だ。
    おれは今から色々と挑戦していこうと思う、誰もしたことないこと危ない事に挑戦だ!

    って感じ。

    やっていくことに意味がると俺は思う!






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。