【でんき玉を】ワルビアル育成論【なげつけろ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【でんき玉を】ワルビアル育成論【なげつけろ】

2020-08-07 22:59
  • 1





最近ブロマガを投稿してなかったので、暇つぶしに育成論でも。
前期で使用していて、今も使用している割と使いやすい型です。

ワルビアル(NN:びよりまる)
【性格】ようき
【努力値ふり】H252 S252 A4
【持ち物】でんきだま
【特性】いかく
【技】なげつける、じしん、ステルスロック、カウンター


初手出しワルビアルです。
大抵の相手には一回は仕事をして退場してくれます。
所謂【電気玉なげつける】型です。
私がBW(第五世代)に考案し…
いや、正確には私が当時所属していたポケモンチームのメンバーが笑い話に語った型を実践に当時落とし込んだ型…の現代版と言ったところでしょうか。

そもそもに、なぜ電気玉をなげつけるのいかという話。

電磁波使えるポケモンでいいんでない?
という意見もあると思います。

理由は簡単です。ふいをつけるから。
ワルビアルに「マヒ」にさせられるなんて、そうそうない経験だと思います。

まあ、割とこれが重要でして。相手の予期しないところからの攻撃って、相手のペースを崩せるんですよ。
あともう1つ重要なのが、ミミッキュの皮を千切りつつ、あるいは襷を壊しつつ痺れさせること

だいたい襷持ちのポケモンは、スピードアタッカーと相場が決まってますので、この2つをどうにかできるのは強い。

さてまあ、電気玉の話はこの辺で。
こいつの役割は起点づくりです。
状況によっては投げつけることなく試合も終わります。
ステロ撒いて退場、カウンターを一発使って退場も割とよくあるので。
が、現状威嚇ワルビアルは、一番手に弱点タイプの特殊アタッカーが来ない限り、そうそう落ちません。
なので、割となんらかの仕事をしてくれます。
ちなみにカウンターを採用している理由ですが、ゴリランダーです。
私のパーティーのせいもあるんですが、初手出しワルビアルにゴリランダーを被せられることが多かったためです。
初手に出てくるゴリランダーで鉢巻きを見たことがなかったので、カウンターを採用したら強いかなと思ったら、見事はまりました。威嚇で火力落ちたゴリラの攻撃は耐えれます。(鉢巻きは無理やで)
今期のかち合った初手、ゴリラVSワルビアルは全てこのカウンターで落とせました。ちなみに初手エースバーンのダイナックルにこれ決めたときは最高に気持ちよかった。まあ、その試合は負けましたが。

意外に意味あるのか悩んだ技はじしん。

こいつ、技的にステロ撒いて、電気玉投げつけた後に、浮遊なり飛行なり来ると、やることがなくなります。
一度それでキッスに積みの起点にされてしまいました。
う~ん。それならじしん外して、岩石封じでも入れるか?
と今、考えてます。
あと、最速にしている理由はただ一つ「ルカリオ」
そんなに見ないんですが、悪統一において、あの狐まじで厄介ですよね。
ただ、じしんを外すなら、どうせ倒せないので最速にする必要もなくなります。準速ミミッキュ抜き調整をしつつ、残りをBかDに調整して振ってもいいかもしれませんね。


と、こんな感じです。
皆さんも、是非電気玉投げつけるワルビアルを使ってみてはいかがでしょうか。
たぶん、案外はまります。

PS.NNの「びよりまる」は漢字で書くと「和丸」です。
  元ネタは天下三名槍の一つ「日本号」。
  「日本」→「和」で、刀には「〇〇丸」という名前が多いので、「和丸」。


広告
×
確か当時は地面のガブを機能停止にできるという意味で使っていたと記憶しています。
あの動画のお陰で「持ち物・技どうしよう…とりあえず投げつけてみるか!」的なのりでドラピやガエンから電気玉、タチフサグマから使い終わった火炎玉投げて遊ばせてもらっています
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。