• 誰かのため息が混じった誰かの記事から引用して

    2019-07-12 21:50



    何をしても埋まらない焦燥感を
    埋めてくれるのは
    何もしないことかしら それとも?


    効率化も流行ったままで
    廃れることがないから
    共通の話題にして 当たり障りがない


    >とはいっても 結局のところ その効率化も
    >誰かの期待に応えているだけで


    そうなのよ 
    だとしても
    それで 誰かの期待が充足することで 
    自分に満ちる達成感と喜びが ここに埋まるなら


    効率化は循環し続けるのかしら
    満ちると 埋まるが 循環する限りは......?


    アリスさんが 効率化の一環で
    水色以外の服を着ることがないだけなら

    定着しきっているその衣装は
    イメージ的にも大成功でしょう
    とても 立派な 素敵な水色です


    わたしたちも応用するなら
    いいイメージで循環するといい どうせなら 



    息しているんだもの

    体が効率よく自動的に そして ため息


  • 広告
  • メッセージはない

    2019-07-03 01:08


    ありあまる暇を

    逃げともいう
    待機中ともいう
    充電期間ともいう
    自分探し中ともいう
    回復期間ともいう

    無ともいう


    言葉の数だけ 自分は傷つかない

    すべてであってすべてでない


    便乗してくるもう一つのボトルさんに告ぐ


    「もう、 君は飲まない」


  • 従順と素直さの違い

    2019-06-29 17:36

    飲めと言われたら飲むアリスさんに聞いてみたい

    しゃべるボトルに飲めと言われて
    ボトルを飲んで大きくなってた。そして、それに驚いていた。


    従順は行動、態度の話
    素直さは心の話

    これからわかるのは
    アリスさんは従順ではあったよう


    ところで、

    浅くていい奴と
    深くて嫌な奴と

    浅くて嫌な奴と
    深くて浅い奴


    同様に、
    従順でいい奴と
    素直で嫌な奴と

    従順で嫌な奴と
    素直で浅い奴


    深くていい奴って
    そのいい奴さが 類型を超えていかないような気がしませんか?

    それは、おもしろくないイメージ


    従順で素直でいい奴って 裏があるように思いませんか?
    飲めと言われたら飲むんだから、
    好みくらいはきいて あげたい