ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • WALKING DEAD 5日目のあらすじ

    2017-07-10 16:11
    WALKING DEAD前回までのあらすじ
    主人公リー  生存者→青文字  死亡者→赤文字  不明→緑文字

    選択によって生存者が変わる分岐ルートはアンダーライン

    エピソード3:遠き道のり 


    新たな生存者オミードクリスタの二人と出会う。
    行く手を塞いでいたタンクローリーをどかすためリーオミードが作業していると、来た方角からウォーカーの群れが向かってきていた。
    2人は作業を終え動き出した列車に橋の上から飛び降りるが、オミードが着地に失敗し列車から落ちて怪我をしてしまう。
    彼を助けようと列車から降りてしまうクリスタ
    リーはそんな2人の内クリスタの手をとり列車に引き上げるが、あとからオミードも飛び乗り結局2人とも助かった。

    エピソード4:追い詰められて


    ジョージアの都市に到着した一行、しかし謎の人物が鳴らした鐘の音にウォーカー達が集まってきてピンチに陥る。
    クレメンタインがゾンビに囲まれた際チャックが彼女の救助に成功するがチャックと離れ離れに。
    一行はなんとか空き家に逃げ込むことに成功し、リーケニーはそこの屋根裏部屋でダックによく似たウォーカーと出会う。
    部屋には彼が生活していた跡が見られ、おそらく一人孤独に餓死したらしい。
    リーは自らの手で少年ウォーカーにトドメをさし、亡骸を家の庭に埋葬した。

    リーケニーは船を探すため川の周りを捜索するが、一隻も使えるものが見当たらない。
    そこへ忍者顔負けの動きを見せる赤服の女モリーが現れる。
    リーモリーを捕まえようとするがカウンターをくらい、絶体絶命の危機にクレメンタインが現れ助け出される。
    騒動に寄ってきたウォーカーから逃れるためリーは一人はぐれマンホールから下水道へと逃げ込む。

    逃げた先にもウォーカー達がいたが、彼らは何かに夢中で群がり食事をしていてリーには気づいていない。
    ウォーカー達を音でおびき寄せ、その何かの横を通り過ぎようとしたリーはそれがチャックの亡骸であると気づく。
    更に奥の通路を進み、隠されていた通路を見つけたリー
    中に入ると医者のヴァーノンと何人かの生存者たちが隠れ暮らしていた。

    帰り道を知るヴァーノンと共に無事空き家に帰還したリー
    クレメンタインが小屋から船を発見したことで、一行は船を動かすための物資を調達しに行くことに。
    クロフォードと呼ばれる老人子供に容赦ない、生きることだけに執念を燃やす危険な集団が住むという場所への潜入任務が始まる・・・



    チャックが死んじゃったのが意外だし悲しい!
    クレメンタインがゾンビに囲まれた時、いっしょにいたベンは一目散に逃げ出してました
    自分のことしか考えてない救いようのない奴ですね
    「でもそういう奴ほど生き延びたりする」←ほんとそれ
    モリーの俊敏過ぎる動きには突っ込んでばかり いやいやいやwww

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    いつもご視聴&コメント下ありがとうございます!
    今度もご視聴いただければ嬉しいです!

    【Twitter】https://twitter.com/alloy_2525
    実況まとめ → mylist/49525841
     





  • 広告
  • 生放送WALKING DEAD 4日目のあらすじ

    2017-07-06 12:05
    WALKING DEAD前回までのあらすじ
    主人公リー  生存者→青文字  死亡者→赤文字  不明→緑文字
    選択によって生存者が変わる分岐ルートはアンダーライン

    エピソード3:遠き道のり


    リーケニーはメモを頼りに列車を動かそうと試みる。
    その間もダックの様態は悪くなる一方。
    そんな中、リリーが車を盗んで逃走してしまったことで退路を絶たれる。

    列車を動かすことに成功したリー達。
    列車車両で列車を家だと名乗る男チャックと出会う。
    彼は一見人格者のようにも見えるが、その裏では善人を装う偽善者のようにも思える。
    チャックも加わり、一同は列車に乗り込み目的地であるサヴァナを目指す。

    列車での移動中、ダックの限界が近いことを察し列車を止めることに。
    リーは運転中のケニーに列車を止めるよう説得するが、現実を見ようとしないケニー
    そんなケニーリーは殴り合いで説き伏せ、冷静を取り戻させることに成功する。

    ダックの対処に戸惑う一行。
    カーチャの希望もあり、ダックがウォーカーになる前にその命を絶つことで意見が一致する。
    ケニーは父親である自分こそがダックの最後を看取ると決意するが、カーチャが母である自分の役目だと申し出たことで彼女に任せることに。

    カーチャダックを抱えて森に入って数分後、一発の銃声が聞こえた。
    悲しみに耽っているであろう妻を支えようと森に入っていくケニーと後をついていくリー
    しかし二人が見たものは、頭を撃ち自害したカーチャの姿が。
    突然にして妻を失ったケニー、しかし傍らに眠るダックにも時間は残されていない。
    ウォーカーとなりつつある息子を救うため、ケニーは泣く泣く銃を撃つ。

    次々と仲間が減っていく中、それでも先へ進まなければならない。
    再び列車を走らせるがケニーは心ここにあらずの様子で運転を続ける。
    心配事が増えるリー、更にそこへずっと塞ぎ込んでいたベンが衝撃の事実を告白する。
    それはカーリーの死因ともなった物資盗犯は実は自分がやっていたという内容だった。
    仲間を盾に取られていたという言い訳をするベンリーは決して彼を許しはしないが過ぎてしまったことで彼を罰することもしなかった。

    チャックの提案により、クレメンタインの髪を切ることになるリー
    彼女の長い髪の毛ではウォーカーに掴まれる等の危険が及ぶという。
    加えて彼女に銃の使い方と目的地の地理も教えることに。
    めきめきと銃の腕を上げるクレメンタイン
    彼女はウォーカーを倒すことに抵抗はないらしいが、この世界に慣れてしまったがために殺しの善し悪しを履け違えている言動も見て取れる。

    ケニーの叫び声と共に列車が急停車をする。
    行く手を大きなタンクカーが塞いでいて通れないらしい。
    悪態をつくケニー達の前に、またもや生存者である新しい男女の二人組と出会う・・・



    まさか、カーチャのくだりは予想外すぎて泣くしかなかった・゜・(ノД`)・゜・
    妻子を失ったケニーが今後ちゃんと生きてくれるのか心配すぎる。
    クレメンタインは道を外しそう・・・
    リーのセリフの選択肢を使って優しい子の方に導いてあげないとね!
    心中察するに余りある

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    いつもご視聴&コメント下ありがとうございます。
    極力お返事させていただきますので、今度もご視聴いただければ嬉しいです。
    【Twitter】https://twitter.com/alloy_2525
    【メール】 alloy_2525@yahoo.co.jp
    実況まとめ → mylist/49525841
     

  • 生放送WALKING DEAD 3日目のあらすじ

    2017-07-05 18:25
    WALKING DEAD前回までのあらすじ
    主人公リー  生存者→青文字  死亡者→赤文字  不明→緑文字
    選択によって生存者が変わる分岐ルートはアンダーライン


    声を頼りに家の二階へあがると、そこには両足を切断されたマークが!
    食卓には彼の足が並ぶらしい、なんと牧場の奴らの正体は食人族だった!
    正体を知ったリーはみんなの食事を中断させるが、クレメンタインを人質にとられリー達は納屋にとらわれてしまう。

    囚われの最中、ラリーが心臓発作で倒れてしまうが、リリーは諦めず心臓マッサージを行う。
    ラリーがウォーカーになることを恐れたリーは、リリーの静止を聞かずケニーと2人でラリーを手にかける。

    脱出に成功した後、納屋から逃げ出すためリーは鎌を手にする。
    リーケニーはライフルを持ったダニーを牽制し、その生死を握る。
    リーダニーの挑発には乗らず、クレメンタインが見守る中ダニーを殺さないことを選択した。

    セント・ジョーンズ家の家へ向かうと、カーチャを盾にしたブレンダと対峙する。
    リーは会話でブレンダの気をそらせていると、ブレンダは背後からウォーカー化したマークに襲われ殺されてしまう。
    家を出るとダックを人質にとったアンディを見つけ殴り倒す。
    リーアンディの挑発には乗らず、アンディを殺さずに牧場を去ることを決断した。

    牧場を後にした一同が森を彷徨っている最中、食料等を大量に積んだ無人の車を見つける。
    持ち主が分からないその車を警戒しクレメンタインは物資の略奪に反対したが、リーだけはそれに賛同の意を示す。


    →エピソード3:出発の時
    一同は、またもやモーテルに居を構える。
    このままモーテルで暮らすか出ていくかでリリーケニーの口論はヒートアップする。
    そんな折、リーリリーから
    「誰かが物資を盗んでいる」
    という相談をうける。

    手がかりは”壊れた懐中電灯”と、ピンクのチョークで書かれた”壁の✕マーク”
    バリケードとして入り口に設置してあったコンテナの下にも”チョークの跡”が。
    モーテルの外を見回ると、物資が入ったバッグが隠されていた。
    リーがこのことをリリーに報告している最中、モーテルは盗賊団の襲撃にあう。

    バッグがなかった事に怒る盗賊団と撃ち合いになり、銃声を聞きつけたウォーカー達も集まってくる。
    盗賊団達を退けリー達はキャンピングカーでこの場から脱出することに成功する。
    しかし車内の中で”裏切り者”について再び口論となり、キャンピングカーを止め車外で犯人探しが始まる。

    リリーベンカーリーに疑惑の目を向け、リーカーリーが怪しいという意見に賛成する。
    激しい口論の末リリーカーリーを撃ち殺してしまうが、リーリリーを置き去りにすることなくキャンピングカーに乗せていくことを選択した。


    重苦しい空気の中、ダックがウォーカーに噛まれたという事実も発覚する。
    更に目前には、踏切で停車した列車がキャンピングカーを足止めするように道を塞いでいた・・・


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    いつもご視聴&コメント下ありがとうございます。
    極力お返事させていただきますので、今度もご視聴いただければ嬉しいです。
    【Twitter】https://twitter.com/alloy_2525
    【メール】 alloy_2525@yahoo.co.jp
    実況まとめ → mylist/49525841