• WoTドリフトコンテスト開催!

    2019-10-02 22:16
    10/19日 WoTドリフトコンテスト イベント開催!

    応募期間は9/21~10/18
    定員は先着30名
    応募は以下のURLからお願いします。

    https://form1ssl.fc2.com/form/?id=59f336f9658c8fe6

    大会の概要・ルール説明などは以下のURLから

    https://docs.google.com/spreadsheets/d/13pv2Lz5e776F8PsKNbUcYeMTxzJM4ECh_dsT60mt8Qc/edit?usp=sharing

    またこのイベントはプレイヤー主催イベント協賛プログラムに則って実施します。
    WGJ様からの協賛が決まっており
    定員が多ければ多いほど豪華な賞品を用意できると思います!

    ツイッター→https://twitter.com/hasya_P



  • 広告
  • ぱんっあ☆ふぉー12 参加決定!

    2017-09-03 19:34
    9/23 ぱんっあ☆ふぉー12 「お-17」

    エイジスくんとフルカラー18禁合同誌を出すことになりました!





    ルクリリ合同開催主である「ある乃さん、@noko_ib 」のスペースに委託させていただくことになりました!


    初の同人ですよ!同人!

    っということで、我那覇戦車でも予告していた通り、同人誌を出すことになりました。
    ぱんっあ☆ふぉー」←イベント公式サイト

    とてもうれしいのですが、私は仕事が入る可能性が濃厚になってしまい
    イベント当日はいないかもしれません・・・

    エイジス君に申し訳ない・・・

    ですが、是非手に取って購入していただくとうれしいです。
    そして、シコってもらえると嬉しい・・・

    とにかくよろしくお願いいたします!

    委託させていただきましたある乃様、同人作成を誘ってくれたエイジス君、本当にありがとうございます。
    この場を借りて感謝申し上げます。
  • ノートパソコン用冷却台ってどれくらいの効果があるの?

    2016-12-13 22:271
    1.はじめに
    このまとめはweb上で公開されている画像などをもとに設置前と設置後でCPUの冷却にどれだけの効果があるのかを個人的にちょっとそれっぽくまとめたものになります。
    PC本体の材質・PC本体のサイズ・室温は無視しております。
    結果としては、効果は少しあるが、重要な時には効果がない

    2.データの選定?
    冷却台の効果を表すデータを選ぶにあたってweb上に公開されているもの、実物の画像や表で明確に温度が確認できるもの、サーモグラフィなどによる曖昧なものは無視しました。
    その結果得られたデータはCPU温度を確認できるものが33件、PCの表面温度が確認できたものが8件でした。
    また冷却台ではなく、ただ下に空間を作ることで冷却効果をあげた場合の数字は書き込みにより確認できたが、画像等による信頼性を上げるものが確認できなかったため、データはまとめれませんでしたが、3度程度が一番よく書き込まれていた数字のため、これを空間確保時に一様に期待できる冷却温度と仮定します。
    3.冷却台(ノートパソコン専用クーラー)の種類
    今回調べるにあたって冷却台は送風型・吸気型・設置型の3種類確認できました。

    3-1 送風型はノートパソコンの下にファンの付いた台を設置し、パソコンから電源を取るものやACアダプターを用いて電力を得ることによってファンを回し、風をノートパソコンに当てて冷却する。

    3-2 吸気型は排気口に設置しより円滑に排熱を促すものです。

    3-3 設置型はファンがついていないアルミ台、排熱を促す粘着シート等があります。
    3種類ごとのデータの結果は吸気式と設置型のデータが各2つしかないため今回は省略します。


    表1 冷却方法別データ数の割合
    4.熱対策効果
    得られたデータを元に冷却台設置前、設置後のCPU・表面温度をグラフにしてみました。
    縦軸が温度、横軸はデータの数です。


    表2(黄色折れ線:設置前のCPU温度、橙色折れ線:設置後のCPU温度、青色折れ線:CPUが冷却出来た温度、水色マーカー付き折れ線:設置前PC表面温度、グレーマーカー付き折れ線:設置後PC表面温度、緑色マーカー付き折れ線:表面が冷却された温度)

    全体をみると低温度では少し効果がみられ、中間の50~60℃で一番冷却効果があり、高温度
    では効果が薄く見えます。また表面温度を表したデータが不足だったため、明確には言えませんが、冷却台を使ったところで表面温度はほぼ変わらない、もしくは上がることがわかります。

    5.各温度ごとの冷却効果
    PC負荷時を想定してCPU温度が50度未満、50~70度未満、70度以上と全体での冷却効果の4種類にわけ、それぞれ冷却台設置後に見込める冷却効果をまとめた。


    表3 設置後の冷却効果

    表3より、50℃未満の時の冷却効果は誤差0.5度で約3度の冷却効果が認められ、50~70度未満の時に誤差3度程で約10度の冷却効果、70度以上で誤差1度程度で3度の冷却効果、総じて誤差1度程度で5度程の冷却効果が認められます。
    50~70度未満の時の誤差範囲は使用するPCによる違いや、ソースが偏っていることから誤差範囲が広がったと考える。しかしほかの温度帯でそれを考慮しても5度近い冷却効果が期待できる。

    ・結果
    冷却台を使用した際にキーボードの熱が緩和されたという報告が散見できますが、冷却効果はあまり見込めず、熱が底面から上面に移動するため若干上昇する可能性がある。
    表3からCPUの冷却効果はCPUの温度にもよるが、5度程度の冷却効果が認められる。空間を作る場合は3度と仮定してあるため、それと比べると冷却台の効果により、さらに2度CPUの温度を下げることがわかったが、一番冷却が必要な高負荷時の70度以上の時には3度と、あってもなくてもたいさないことが分かった。
    以上のことから、低負荷時には効果が認められるが、冷却が最も必要な高負荷時にはあまり効果が認められない。

    ・おわりに
    ここまで読んでいただきありがとうございます。かなりガバッてるとは思いますが、冷却台の効果を少しでも数字であらわせたのではないかなと思います。
    使用してみた感想はよく見ますが、肝心な冷却温度が書いてなかったり、もやもやしたので書いてみました。
    これですこしでも購入時の判断材料にしてほしいかなと思います。
    調べてた感じ、冷却台よりもPC内部にあるホコリの掃除やグリスの塗り替えでかなり改善されると思う。


    データ引用元
    http://nelog.jp/deepcool-n180-fs
    http://www.itocc.com/blog/laptop-cooling/
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/711014.html
    http://nelog.jp/sx-cl03msv
    http://bbs.kakaku.com/bbs/00200114721/SortID=7744864/
    http://gigazine.net/news/20120713-note-pc-cooler-pad/
    http://blog.hasagraphy.com/archives/66732580.html
    http://tococheki.net/notepc-cooler-review_00233/
    http://www.thehikaku.net/review/400-CLN021.html
    http://www.uka-blog.com/pc/pc_goods/entry_000919.php
    http://review.dospara.co.jp/archives/52024669.html
    http://www.thehikaku.net/review/400-CLN021.html
    http://gigazine.net/news/20090828_xwing/
    http://www.jumbo-stickies.com/sticky/node/1289
    http://ascii.jp/elem/000/001/208/1208892/index-3.html
    http://gigazine.net/news/20070806_sunokotan/