ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ゲーム日記 Until Dawn(アンティルドーン)

    2015-09-13 23:51
    お久しぶりです
    ゲームは沢山やってるんですが、クリアしてから書いてるので時間かかってます
    なお現在同時並行でプレイしてるゲームはPS3とPS4合わせて40本くらいです(ひぇ……)


    今回は昨日1周目クリアしたばかりのPS4ソフト、「Until Dawn-惨劇の山荘-」をご紹介

    雪山にある山荘に集まった8人
    1年前に失った2人の友人を弔うために8人は再会を果たすが、突然訪れる恐怖の連続に全員困惑
    襲い来る謎の存在から逃げながら、雪山からの脱出を図る





    とにかく怖いです
    選択する勇気と反射神経が試されます

    ホラー苦手なのですぐやめちゃうかなと思いながら購入したのですが、内容が面白かったので最後までやっちゃいました
    最近のゲームにありがちなややこしい操作が少なく、10時間程度で出来るのでサクッとできちゃいます

    リアルな質感はさすがPS4
    ムービーと操作場面の差が殆どありません
    様々なギミックや、選択肢により未来が変わるバタフライエフェクトシステム
    こういうの結構好きです

    よくあるシナリオですが、キャラが個性的で面白い
    海外ドラマによくあるような雰囲気です
    まるでテレビでホラードラマを見ている様な感覚でプレイしてました
    実際の俳優さんをモーションキャプチャーしているそうで、人の質感がとてもリアルで気持ち悪いくらいです

    悪かった点は数点あったのですが一番思ったのは
    ・規制が多い&雑
    ただ暗転させるだけという規制の仕方が、シナリオをわからなくさせてる1つの要因だと思います


    まだ1周しかしてませんが、これはコンプリート目指すために頑張ります
    皆さんも気になりましたら是非購入してみてください
    PS4専用ソフトです!



  • 広告
  • ゲーム日記 豪血寺一族2 ちょっとだけ最強伝説

    2013-08-07 19:01

    最近また福袋買いました
    まだまだ紹介できる作品が増えそうです
    ということで今回は1995年にアトラスから発売された
    「豪血寺一族 ちょっとだけ最強伝説」
    を紹介します



    ご存知の方が多数だと思いますが自分自身はこれを手にするまでこのゲームの存在を知りませんでした
    ニコニコで有名なレッツゴー陰陽師はこのシリーズのステージBGMだったんですね
    PSで発売する前、1994年にはアーケード版がでている格闘ゲームです
    一応ストーリーがあるそうですが格闘ゲームにありがちな、ゲーム中では説明してくれないパターンでした(説明してたかもしれないですが単に聞いてなかったのかもしれないです)
    1人で遊ぶのは基本ストーリーモードのみで、大会を勝ち上がり優勝するのが目的
    見たところ普通の格闘ゲームに見えます
    しかし登場するキャラに個性がありすぎてついていけませんorz
    魔法少女みたいなキャラもいれば服部半蔵みたいな忍者キャラ
    年齢も6歳から100歳まで多種多様のキャラが登場



    そして特殊なのは変身シーンがあること(上画像はその変身シーンの途中)
    見た目も変わり、攻撃も変わってくるが
    変身できるキャラは決まっているので要注意
    そして敵からダメージを受ける度増えていく忍耐メーターがたまることにより
    1発奥義や無敵、接触した相手を押し返すなどの効果がある

    マイナス点をあげるとすれば
    アーケード版豪血寺一族2の完全移植ではないということと
    変身シーンや一部の技でロードが入るため試合が止まってしまう事がある

    2011年にはプレイステーションストアでゲームアーカイブスで発売されているので
    格闘ゲーム初心者にも一度やってほしいと思ってます
    初心者でも操作しやすくおススメです
  • ゲーム日記 ナムコミュージアム Vol.2

    2013-08-05 20:35
    今回は1996年にプレイステーションで発売された
    「ナムコミュージアム Vol.2」
    を紹介します




    ナムコのアーケードゲーム6本が入った今作は
    【CUTIE Q】キューティーQ
    【XEVIOUS】ゼビウス
    【MAPPY】マッピー
    【GAPLUS】ギャプラス
    【GROBDA】グロブダー
    【DRAGON BUSTER】ドラゴンバスター
    以上の4つを遊ぶことができる
    今作はシューティングゲーム率が高く、有名作も揃い踏み
    ゼビウスは有名なシューティングゲームとして現在でも人気は高い
    アーケードと同じクレジット式で最大2人までプレイできる

    ナムコミュージアムというタイトルなだけあって
    ゲームをするまでの過程も作り込まれている
    プレイヤーはミュージアムの中を歩き回り、当時のゲームの情報などを見て回ることもできる
    ミュージアムには各ブースに分かれており、それぞれの場所にアーケード台が置かれている
    ブース自体もそのゲームに合った雰囲気になっており、そのゲームの世界観をさらに楽しむことができるのだ
    アーケード台を起動する際にも当時をそのまま再現しているらしい(世代じゃないのでその辺は全然わかりません)

    このゲームはとりあえずゼビウスだけプレイしました
    シューティングが苦手な俺がシューティングゲーを選んだので、案の定ボコボコにされました
    でも結構楽しかったです
    ファミコンやスーファミのゲームは本体自体持ってないのでやる機会はないと思ってたのですがまさかこんな形でできるとは正直思っていませんでした
    このアーケードの世代の人は思わず昔の事を思い出すんじゃないでしょうか