• シナリオ制作終了のお知らせ

    2017-10-15 22:59


    壁に向かって話す執務室




    次回作の動画用に制作を行っていた、シナリオの完成をお知らせ致します。
    現在、編集に使う素材を制作する段階へと移行しており、
    ほんの少しづつではありますが前進しております。

    がんばるよー(カタコト)

    観てくれる人が居るかはわからないけど、早く作らなきゃ…



    こんなの作ってます


  • 広告
  • クトゥルフ神話TRPGシナリオ【血脈の記憶】

    2016-08-09 23:18

    1、手始めに


    本シナリオはクトゥルフの呼び声TRPGに使用するシナリオとして制作されております。
    広い屋敷の中を探索する内容になっておりますので、
    「気の長い初心者」向けと考えて頂ければ幸いです。
    どうぞごゆるりとお楽しみください。


    ―注意事項―

    ・主に現代を舞台としておりますので時代設定を調整なさる場合は、
     かなりの手間がかかる可能性があります。
    ・オリジナルの呪文や神話生物が大量発生しております。
    ・NPC1は自衛官を生業としています軍事アレルギーをお持ちの方は、お戻りください!後生だから!
    ・クローズドではありませんが夜間の行動に主軸を置いているので追加物品の調達はほぼ困難です。
     少なくとも時間と移動距離、PCの耐久値が掛かります。

    ―PL推奨技能―

    ・目星・聞き耳・図書館・追跡


    2、概略


    PLの知り合い、富井てゐ(30)は最近変わった夢に悩んでいた。
    「御先祖の体で歴史を歩んでいるような夢」
    「一代目の爺が貰った辺鄙な土地で井戸掘り中に鉱脈を当てたり、
     変な連中と組んで変な生物を殴り飛ばしていたり…」
    「最近、夢遊病みたいで…数日見張っててくれないかな。家政夫さんもいないし…」


    ―KP情報―

    ・富井一族は軍人でありながら魔術の開発をこなす魔道系軍人の血筋である
    ・てゐの夢は実際に先祖が歩んできた歴史。
     夢を見続ければ『技能:血脈の記憶』『富井式簡易魔術』を使えるようになる
    ・PLがてゐの夢を現実と認識させるために「家長の日記」を用意してあります。
     一代目から先代まで全部な!←大事
    ・家長の間にある肖像画群を調べれば、
     絵の裏にどんな魔術を開発したのかなどが記入されている
    ・毎朝てゐにSANチェックが発生します
    ・富井家の家長は昔から女性でもなれます。
     ただしその場合は従兄弟などから婚約者を付けて血統を保っています
     その為、後述の肖像画が似ている…に発展します
     てゐは従兄弟が居ません。富井家の純粋な血統は彼女で終わりです。最後の姫様


    ―NPC紹介―


    富井てゐ (30) 自衛隊情報保全隊:一尉


     STR:8 CON:14 SIZ:13 DEX:14 APP:10 INT:8 POW:17 EDU:17
     正気度:85/99 耐久:14 ダメージボーナス:0

     技能

      運転(60) 応急手当(50) 回避(68) コンピュータ(71) 心理学(85)
      電子工学(71) 登攀(60) ナビゲート(20) 英語(51) 目星(35) 拳銃(30)

    保全隊の他の隊員と違い防衛省の地下で非公式ハッキングや、
    情報を奪いに来た奴らのパソコンを画面越しから物理的に破壊するお仕事。
    御先祖が開発した霊魂と記憶を補完する魔術、“魂の移し(写し)”のせいで
    富井家の歴史を猛勉強する羽目に…その影響で脳が誤作動を起こし夢遊病している。
    脳内ハックだね!
    STRが低いのは引き籠りであるから。ソコソコ変人である。
    本シナリオ終了後は特殊技能“血脈の記憶”“富井式簡易魔術”を使用可能になる

     ~技能:血脈の記憶~
      
      使用して成功するたびに1d3で成長していく。
      この技能は初期値25% 技能値が上がるごとに人格に変化が訪れる
      
      ①25%特に変化はない
      ②30%~49%口調や価値観が多少変わって来る
      ③50%~89%ふとした行動や口調の変化が普段の生活に影を落とし始める。
       軽度の多重人格障害の発生
      ④90%~99%多重人格の様な状態が頻繁に発生し始める

      

     ~技能:富井式簡易魔術~
      
      初期技能値は50%
      1d3のMPを消費し特定の魔術を行使する
      ①空中浮遊(但し自分で走る、一人に付き+1d3)
      ②遠隔透視(但し障害物有の場合は半径20m以内、無しの場合は50m)
      ③エンチャント(特定の物質に防御、攻撃の効果を付与)
      
      ・物質出現(技能値の2/3で任意の物質を出現できる)
      
       他の魔術の制作はおまかせします。
       但し、セッション開始時に届け出の無かった魔術は開発不可
       開発したい場合は1d20のMP、1d10のSAN値を使用、1d5の日数を消費など、
       何らかのペナルティが発生する
       血脈の記憶が50%以上なら魔道書に書かれた魔術を、
       “富井式”に変更可(魔術は弱体化します)


    夢野 和仁 (年齢不詳) 富井家執事

     STR:30 CON:28 SIZ:17 DEX:19 APP:18 INT:8 POW:21 EDU:30
    正気度99/99 耐久:23 ダメージボーナス:+2d6

     技能

      運転(85) 機械修理(80) 芸術/家事(90) 医学(70) 忍び歩き(80) 心理学(80)
      電気修理(80) マーシャルアーツ(71) 組み付き(35) キック(70) 芸術:庭仕事(66)

    富井家に創造された人造人間、生涯の目的は富井家に仕え続ける事。
    シナリオの初日は家中の面倒を見てくれるが、
    二日目の朝以降は屋敷の地下で“通過儀礼”の儀式をしている。
    二日目以降はてゐの体調が目に見えて悪くなっていきます。
    そして二日目以降に届く車椅子を手配しておく夢野さんであった。思いやりは美徳

    富井家との間には使役と契約更新の魔術があるが、本人の意思としては
    そんなもの無くても仕える気満々である。
    造られたのは明治時代よりずっと前。てゐをしっかり守るようにてゐパパに命じられている。
    もちろんそんな命令無くても守るのが夢野さん。
    顔には出さないがてゐを姪っ子もしくは親友、実の子供の様に可愛がっているし、
    儀式をすることを心苦しく思っている

    【特徴】MPを消費した分、耐久値を回復できる。但しMP1になると使用不可


    3、シナリオ導入


    探索者との関係は各個人にお任せではあるが、なるべく近しい知人であることが望ましい。
    知り合いでない場合は「てゐが自分の監視を依頼してきた」という流れになる。
    (または「知り合いの知り合いから話を振られて興味を持った」など)


    ■知り合い

    探索者は知り合いである、てゐの飲み仲間、同級生、遠縁の親族。
    てゐは長期休暇でよく家に人を招いたりする人間なので夢野とも顔見知り。
    家探ししても特にお咎めなしである

    ■仕事の依頼

    探索者はある日てゐからの依頼が来る。
    「夢遊病の気があるみたいで生傷が絶えない、様子見をお願いしたい」
    彼女は大抵の事(家事など)は出来るが流石に寝ている時は何もできない

    ・探偵・医師 推奨


    4、富井家の案内(開始時秘匿情報)


    富井家はもともと魔術を行使できる一族であった。
    神話生物の様な人造の生き物を作り出すこともたやすく行っている
    その家長たるものは家長のなる際に“通過儀礼”を行う
    内容は人によりけりではあるが大体は歴代の長たちが歩んできた歴史や魔術の知識を
    夢として見るというもの因みに最長一か月
    その間、朝目覚めるごとに1/1d3のSANチェックが発生する
    一か月を乗り切った場合10%+1d6の神話技能をゲット(嬉しくない)
    使役と契約の更新、魂の移しの魔術を覚える
    神話生物との戦いはお家芸。

    ―魔術について―

    “使役と契約更新は”夢野との間に持つ主従関係を終身まで更新するというもの
    夢野は富井家が作り出した人造生命体である。
    “魂の移し”は自身の死亡を認識した時に何か適当な密閉できる小物を選び、
    自身の記憶(魂)を中に保管する物である。
    生者はコミュニケーションを取る事は出来ないが記憶を覗くことが出来る。
    使用時に青い光が出る、因みに使うと死ぬ。余命が2分あろうが1週間あろうが死ぬ。
    家長(てゐ)の部屋の地下に一族のそれが大量に保管されている。かなり…明るいです。


    ―夢野さんについて―

    生涯の目的:富井家に奉公し続ける事
    正体:人造人間(強い)
    特徴:基本富井家以外の人間の命は聞かない
       ラストに夢遊病のてゐを拘束したまま(してなくても)地下で戦闘になる。
       倒すと成功ボーナスが減る


    5、富井家へ行く

    ■日本家屋

    ①東京奥多摩、小高い丘の上に昔ながらの日本家屋が立っている。
     屋敷へ続く小道には美しく整った木々がうっそうと茂り、重厚感のある門扉が佇んでいる

    【目星・アイデア】
    [アイデア]
    成功→森の様に茂った木々がまるで家を世間から何かを覆い隠すように見えた
       あの門に入ったら何かあるんじゃないかと思う
    失敗→これだけ木が多いと秋の終わりごろの掃除が大変だろうと思った

    【アイデア成功者に限定した追加ロール】

    [目星/2]
    成功何か家紋が怪しいんですけど…オクタグラム…?八望星?
       真ん中に目みたいな何かが…いや…桜?に菊?
       (子供が大好きな角度が変わると見た目が変わるあれです)
       
    失敗→なんだか古臭い建物だな…


    ②建物の前でうだうだしていると夢野が出現
     いきなり隣に現れます(魔術)

    【幸運】
     成功→雑木林の中でタケノコを見つけてもいいでしょう(夕飯のおかず)
     
    かなり機械的な対応で屋敷に案内されていきます

    【心理学】
    成功→あまり歓迎されていないようだ、少なくともそう感じた
    失敗→何事にも動じない優秀な使用人だと感心しました
    クリティカル→何でこんな忙しいときに限って来るのだろうか、多少不機嫌に見えた

    【感覚系ロール/任意】
    成功→門をくぐったら何か気配が…空気に変化を感じる。別に悪い気はしない。

    失敗→空気の変化に薄ら寒さを感じる。
       夢野への不信感もオマケしよう 1/1d3のSANチェック


    ※必ずして欲しい描写

    門の中に入った夢野が門扉に閂を掛ける(シナリオ終了までもう開きません。)


    ③てゐの部屋へ行く間に3つのエリアを通過します

    1、玄関

    玄関に入ると古い水晶や燭台など微妙に陰気な雰囲気が漂う物を見つけます。
    【目星】もしくはKP任意で紺色の布に包まれた何か(中身は車椅子)も発見できます。

    2、お庭の見えるお上品な縁側

    【目星】
    成功→井戸と坑道の入り口の様なものが見える
       失敗すると坑道と判別できない

    3、家長の間に続く廊下

    【アイデアもしくは聞き耳】
    成功→歴代の家長の絵や写真が掛けられている
       なんだかみんな親族という事を差し引いても似すぎだ
       ・若干キィィィィンと不快ではないが多少気になる音が聞こえた気がした


    ■夢遊病?


    家長の間はてゐの自室。夢野に促されるままに入室する

    【目星/KPにお任せ】
    ①室内にはPCや機材、分厚い本などが所狭しとせめぎ合っている
    【感覚系ロール/KPにお任せ】
    ②モダンで大正の様な明治の様な西洋の様な不思議な懐かしさを感じる部屋
     ・微妙に寒色系の面積が多い気がする
    【目星もしくはアイデア】
    ③部屋の所々に怪しいアンティークの様なものが隠れている
     ・頭蓋骨に時計の様な盤面が埋め込まれた物
     ・紫がかった液体が入った江戸切子の様な蓋付きの水差し
     ・他にもいろいろシンプルなシャンデリアとか

    そんな室内のソファーもしくは隣接する寝室で体調が悪そうにぐったりしているのが富井てゐ。
    今回の依頼主。

    【アイデア】で依頼に来た時よりもかなり具合が悪そうに見える

    【医学】があれば睡眠不足によるめまいなどの症状と分かるかもしれない


    PLが「数日前より具合が悪そうだが…」等の話を一言言うと夢野が
    「御嬢さまがお客様をお尋ねになった日の晩から体調をお崩しに…
     日を追うごとに衰弱なさっておいでです…」と言います。

    【心理学】
    クリティカル→表情を見たところ飄々としているよう。
           若干の焦りと何か複数の感情がせめぎ合っているように案じた


    成功→表情には出ないが何故かさほど心配“は”しているように見えなかった。
       (“は”を強調しましょう)

    失敗→表情には出ないがそれは使用人のなせる技なのだろう。心配しているようだ


    心理学補足:捉え方によっては全部事実である
    ①心配“は”していない→今までの通過儀礼でも体調不良を起こす事はまれにあった
              だから大丈夫…きっと、でも少しだけ不安はある
    ②心配しているようだ→お嬢様との付き合いは長い。ここまでの体調不良は珍しい…
               今までの通過儀礼を行った主人達も具合が悪くなることもあったし…
               たぶん大丈夫…でも少しおかしいかもしれない

    体調不良を理由に面会しただけで暫くサヨナラです。
    やつれて目の下にクマを作っているてゐは放っといて下さい


    ■晩御飯の前


    ~お知らせ~
    富井家の家探しが可能になりました。
    1エリアの家探しで終了です。先に探索可のエリアをPLに言ってもいいです
    (ご飯後にも1エリア家探しが可能)

    ①お庭(ご飯前推奨)


    補足:~台所~

    ・夕食前、夢野が“病人にもおいしいご飯”のレシピブックを持って料理をしています
     邪魔すると追い返されます

    ・夕食後、てゐがそれとなく食事を出来たのでご機嫌の夢野が洗い物をしています
     探索者に見られている事に気付くと元に戻ります


    ~井戸と坑道~

    てゐは自室、夢野は台所に居ます


    ・坑道の入り口は2mほど奥に進むと鉄扉があります鍵つきです(別に開いててもいいのよ)
    もし鍵開けが成功したら…扉を開いて青い光が一瞬見えた後、夢野さんタイムです
    「そちらは崩落の危険性がございますので、立ち入りはご遠慮ください」
    ごねると強制的に引きずられていきます

    ・井戸は冷たい空気が地下から吹き上げています
    【目星】の成功で沢山の小瓶が水に沈んでいるのが見える
    【知識】成功で蓋の開いた井戸に在るべき屋根が無いと気付く

    ※夜の探索はライト等が無い限りマイナス補正が…
    ・夢野にライトを借りることが出来ますがくっ付いてきます


    ~家長の間の裏~


    ・窓の外からてゐの様子が伺える。
     夢野がソファで寝るてゐのそばで正座をし、額の汗を拭いているようだ


    ②お屋敷をさーっと(外)


    ・建物や敷地の周りに塀が隙間なく作られている、出入り口は門と勝手口のみ
    ・何かから守っている?何かから隠れている?

    ~お庭~日本庭園と英国式を添えて~【アイデア・知識・薬学・追跡】※ミスリード情報

    ・庭に植えられている草花はベラドンナや彼岸花など毒性の強い薬草がチラチラと生えている
     スズラン(切り花を刺した水も飲んではけない)とジキタリス(心臓疾患にも効く)も生えてるよ
    ・数種類の花が手折られてた跡がある。
    ・足跡の大きさが夢野の足の大きさに見える

    ※KPはまるで夢野がてゐを毒殺しようとしているかのように匂わせて下さい
     実際には地下の真・家長の間(仮)にある歴代家長の小瓶の前に飾られています
     勿論先代たちが使用していましたが、主に個人の趣味で持ち込んだ花たちです
     大事にしてあげてね?踏んだりしたら夢野さん怒るよ?


    ☆③てゐの部屋や屋敷(夜推奨)
    (食後解放します。それまでは夢遊病対策に施錠されています。
    他エリアの探索をお勧めしてください。鍵開けで昼にこじ開けても得な情報は出てきません)

     

    てゐが常駐している“てゐの部屋(家長の間)”と“家長の間へ続く廊下”
    その他の部屋の2エリアに分かれています。
    しょっちゅう出入りする仲ならボーナスをあげてもよし


    ~廊下~

    これといって何もありません、各部屋への扉がある程度です


    壁には先代達の絵や写真が飾られています
    8枚くらいは軍服を着ているようです。あとはモーニングや上品な着物などでしょうか
    夜なら誰もいませんので肖像画外し放題です。


    【PLリアルアイデア申告/アイデア】

    成功→肖像画の裏に何か彫ってある、
       比較的新しい絵は読みやすいように金のインクが流してある

    失敗→いきなり肖像画が傾いて倒れます(裏見てくれないと積む…多分ね)


    肖像画の人がどうも似すぎている…親族にしても以上である



    どうも気になる肖像画①

    ・富井常守 (金縁に濃紺の装飾) 1869年生まれ 憲兵大尉
     

     倒れてきた肖像画、てゐに似ている。
     記入文章:退魔の付与術を開発。


    ※陸軍で対神話生物の部署を作った“菊桜会”というなんだかニアピン賞。
     神話生物と戦争(仮)してるからあながち間違いではない
     

    どうも気になる肖像画②

    ・富井祐樹 (濃緑装飾があるカンバス)
     
     てゐの父、自衛官ではない。植物学者
     記入文章:スズラン旨い。毒素耐性に関する魔術の研究



    ~てゐの部屋(家長の間)~

    お待たせしましたゴリゴリ削るよ!


    ・家長の間エリア1 謁見室 (寝室の前の部屋)


    物が沢山ある部屋の方です。(机や椅子の装飾などに桜と六芒星の家紋が彫刻されています。)


    ここで【目星】に成功すると奇妙な物があります

    白い粉の様なもので書かれた円に五角形、その角から真ん中に向かって放射状の線、
    更に中心部にはまた円が書かれている
    五角形の角には正面に見て上部に米/左右に酒/右下に塩/左下に水が飾られている
    陣の大きさは15cm程で100均にあるような陶器で出来た、
    人形ごっこやお飯事に使うような小さなコップと皿に米などがそれぞれ入れられている


    起きている時のてゐに聞くと
    「…富井家に伝わる良い事があるおまじないだよ」と言います


    ~てゐの部屋(家長の間)~


    ・家長の間エリア2 寝室


    基本てゐが寝ています。
    昼間無理矢理こじ開けて部屋を家探ししていると、
    てゐが目を覚まします。(そして何処からともなく現れた夢野に叩き出される)


    ~てゐの部屋(家長の間)~


    ・てゐが多少だが体調が良くなる(お話タイム)

    ①肖像画が似ている話をするとしっかり説明してくれる
    「ウチの家系は変人が多くてね?大昔から女の家長が居るんだ。
     でも女が家を継ぐときには親族から旦那…婿養子を取るという制約が付いてる。
     従兄弟婚ってやつ…直系さ優先なら仕方ないよね」
    「ウチの親父も自由恋愛だったけど、結局はとこと結婚したんだ。そんなのが3~4代に一回あるし。似るのは当然かもね」
    「…そんなに興味があるなら書庫に行ってみるといい。沢山資料があるから」


    【聞き耳】
    「でも不思議なんだよ。いくら3~4代開けても血が濃くなるはずなのに
     …遺伝子の異常が何一つ無いんだからさ」

    ②庭の毒草
     「私の先代…親父が植物学者でね?多分そのせいじゃないかな」


    ③夢野について
     「彼は私が生まれた時からいるんだ。兄さんのような感じかな…?
      良い人だよ。間違いなく」
     彼女は確信しています

    【目星】の成功で床に小さく深い穴が開いている事に気付ける
    空気穴かなんかかな?何かが落ちないように、
    お上品なデザインの金網がはまっています家紋かな?


    ■晩御飯

    夢野にタケノコを渡していればタケノコ尽くしになる
    …美味しいです
    話の流れとしては、内容は上記のとおりである。屋敷内の探索は食後推奨、
    てゐが食事をとって多少体調が良くなるからである。彼女自室で食べるけどね!
    夢野に甲斐甲斐しくお世話されています。


    ○食堂の描写

    「品の良いテーブルなどの調度品に囲まれた食堂。
     一つ一つ丁寧に管理されており埃の一つもない。屋敷内唯一の電話はここにあるようです
     電話の周りにはメモ帳、筆記用品、小銭入れでしょうか?木の小箱が置かれています」
    「2mほどの高さの食器棚には、
     バカラのグラスや銀食器。高級な雰囲気が滲み出るカップなど。
     どんだけ金掛けてんだ…と言いたくなるような物が多い印象を受けます」
    「食器棚より背の低いボードの中には年代物のウィスキーが整然と並べられています」

    【目星】

    「あまり来訪者の目に付かないように気を配ったのでしょうか、
     控えめな所にてゐの写真が飾られています。
     いくつかある写真の奥には更に控えめにてゐと夢野の写真があります。
     一緒におままごとをしているようです」

    ※この食堂で一番重要なのは、高価なグラスでも年代物の酒でもありません。
     “小銭入れの様な木の小箱”これが一番重要です屋敷内のマスターキーの束が入っています
     木の小箱の描写をちょっと入れておいてください

     例にもれず鍵がかかっています。夢野の目が光っているので持ち出しは出来ません。
     「○○様、お電話で御座いますか?そちらの小銭入れは
      雰囲気を楽しむためだけに置かれた飾りでございますので。
      …お気になさらずお使い下さい」


    ①夢野を疑う探索者に…

    台所に誘導しましょう。
    ゴミ箱に5mmほどの鋏で切られた断面の綺麗な毒草の茎だけ見つかります(生け花的に切ったものの破片)
    食べ物は一品一品まとめて作られています。
    自分も食べているが無事だよ。毒は入ってないね

    ②てゐの自作自演を疑う探索者に

    庭や謁見室から覗くことをお勧めします
    てゐが青い顔をして居るのが見えます
    ご飯を食べさせてもらっているようです。因みに嫌々食べています
    時折口元を押さえていますセナカサスサス



    書庫

    二階がワンフロア丸々書庫になっています。
    大正ロマン!浪漫!的なガスランタンとか螺旋階段的な物があります。
    三人掛けの大きなソファもあります

    目星を使わなくても日記は見つかります。

      富井常守の日記(濃紺)と
    1、富井祐樹の日記(濃緑)
    2、富井春子の日記(桜色)

    以上から1つ選んで読めます。寝る前に読めます。


    【目星】で成功したら“富井式魔術”の指南書でも出しておけば良いのではないでしょうか。

    【アイデア】等の成功で蒼いベロア生地に包まれたハード本が出てきます


    ―ベロア生地の写真集―

    中にはモノクロやセピア色、カラーの写真がたくさん入っています。
    肖像画を見ていたら気付くでしょう。
    写真の中には肖像画に描かれた人間が写っている。…よく見てごらん?

    肖像画の主の隣には貴方が良く知る人間も写っています。
    …夢野だ。
    彼はほぼ全ての写真に写っています。年齢の誤差は10歳前後でしょうか…

    一番古い写真には、中高学生くらいの夢野の様な少年がいます

    ※書庫内に目星をしたら怪しい本棚に目が付きます
     他の本棚の列からほんの少し離れた場所にポツンとあります
     この奥には富井家の実験場になっており、本を特定の順番で引き抜くと開きます
     ちなみに違和感を感じても絶対に開けられません
     (数百冊の本をすべて的確に抜かなければならない為)
     「違和感を感じる」と伝えてあげましょう。
     
     KP情報としては奥に夢野の身体修復装置があるのでENDシーンで使います


    ■日記

    日記を読むという選択をした探索者は自室または図書室の二択で場所を選ばなければいけない
    (流れによっては食後の探索の続きを選んだ探索者とほぼ同時刻である。
    探索内容は上記のままである)


    1、富井常守の日記  
    ※()は読みやすくしたもの。リアル国語技能1%なので間違いがあっても許してください
     仮名遣いはネット上にある変換機を使いました

    1923年のページ

    1923年1月○○日
    本日、退魔の附與なる魔術の開發を終了したものとす。
    (今日なんか退魔の付与的な魔術が出来た。なんか良く解んないけど凄い)

    1923年2月○○日
    部下から接收した刀劍に退魔の附與を行ふ。
    何故下士官にも滿たない者が刀をぶら下げてゐたのかと疑問に思ふ。
    當人は理不盡だあんまりだと駄々をこねる。
    良く良く考へれば劍術に秀でた者であつた、
    (部下から軍刀取り上げた。これを使って退魔の付与の実験してみよ。
    何で下士官でもない奴が軍刀持ってんのとかツッコミ所一杯過ぎ。
    本人がアイエェェェェェ!実際理不尽!とか訳わかんない事言ってる。
    良く考えたらこいつ剣道場が実家だったわ。
    なんかいわく付の剣らしい。自分以外の人間が持つとろくな目に合わないとか…無いわー
    取りあえずお前が駐屯地に忘れたから、俺が預かっといたって事にしとけって言っといた)

    1923年8月21日
    帝都に不審な動きあり、黒衣の裝ひ・目立つ長身、菊櫻會に調査を命ず
    (何か東京に変な奴がうろついてるらしい。黒尽くめのイケメンだってさ滅びろ。
    菊桜会に調査しとけって言っといた。黒尽くめのイケメンとか嫌な予感しかしない)

    1923年8月30日
    部下に先日の刀劍を返還す。
    目を赤く腫らし頬には婦人の手形と思はれる痕あり。…泣くな
    (刀返した。なんかめっちゃ目が赤い、女の子に殴られたっぽい跡があった。
    俺に剣取られた日からずっと彼女にぐちぐち言われてたらしい。六か月も。涙拭けよ…
    あれ?お前リア充だったん?明日結婚式?爆発しとけ)

    1923年9月1日

    (あの黒い奴絶許)

    1923年9月○○日
    (ごめん…爆発しろとか言ってごめん。あいつ凄い頑張ったっぽい。でも逃げられたってさ。
    機関銃の弾丸全部に退魔の払いとか…ありえない所業。あいつ鬼畜過ぎる紳士面だった。
    ただの鬼畜だった。立ってるやつは上司でも使え精神素晴らしいね。
    結局使わなかったらしいしーMP足りない…マジムリ…ネヨ)

    それ以前のページ(以下現代語訳)

    先日、家督を継いでからどうも体調が悪い…
    何故なのだろうか…
    昨夜の夢に父が出てきた、
    というよりも鏡に映った自分であるべき人間の姿が父だった。

    毎年開催される親族会議の夢。
    何だろう、肖像画の面々が沢山いる、あれは爺様?

    奇妙な生物を解剖する夢、あれはこの世界の生物なのだろうか…

    動けない程ではないが調子が悪い…頭が痛い…
    夢野に相談してみようか


    ~暫く空白が続いている~


    我ガ一族ノ定メ確ト理解シタ。


    2、富井祐樹の日記(ハズレ)

    今日も元気だ。最近ご先祖様の夢をよく見るけど特になんてことない。
    逆に様々なアイデアというかインスピレーションを貰える。
    御先祖様に感謝

    親族会議の夢で次に開発する魔術の内容を決めていた。
    魔術の匂い!魔術の匂い!

    ==以下一般人には理解できない専門用語や公式、化学式が記されている==


    3、富井春子の日記(現代語訳)

    遠縁の殿方と結婚いたしました。
    やはり遠縁といっても親族ですので互いに似ている点も多々あります。
    魂の移しという儀式が明日に控えておりますので今日はもう眠る事にしましょう

    魂の移しは先祖達の記憶を継承する為の物のようです
    叔父様達や曾おばあ様、様々な方とお会いしました。
    彼らの話を夢野から聞いてみましょう

    ~白紙が続いている~


    【目星/アイデア/幸運】
    常守の日記から紙が出てきます
    失敗した場合は翌朝など探索が滞った場合日記でもバッサバッサ振って見たら?的な感じ
    【日本語】
    成功→文章を即座に読めます。
    失敗→解読に多少時間がかかります(翌日昼前まで)

    続き②は夢野の部屋に在ります

    -------------------------

    [夢野との契約書in1921年]一枚目

    ①夢野和仁は富井家に奉公、家長たるものに仕える事を主な仕事とし
    屋敷内全ての雑務を永続的にこなす事とする。

    1、屋敷内の清掃等の管理
    2、屋敷内に忍び込む怪異、魑魅魍魎の処理
    3、次期家長の“教育”

    -------------------------

    ※複数探索者の場合は日記を読み終わった時間と屋敷内探索が終わる時間を合わせて下さい
    場所を問わず一室に集まるように誘導をお願いします


    一日目の終わり

    一室に探索者が集まっている時間を見計らって、
    夢野がハーブティーとお菓子を持って来てくれる。
    「誠にお恥ずかしい話ではありますが、明日よりお嬢様をお願い申し上げます。
     朝食はご用意しておりますのでご自由にお食べ下さい。
     お手数ながら、お皿は厨房に置いて下さればこちらで片付けます…」

    ハーブティーもお菓子もおいしいです。
    飲んだ人には何かしらのボーナスが付きます
    ①暖かい飲み物で快適な眠り→翌日午前中の技能に+10
    ②目が冴える。夜偵に最適→徹夜のペナルティなし、睡魔との抵抗ロール自動成功
    ③リラックスで集中力向上→睡眠前の書物研究などに+10   などなど

    夢野さんは玄関から出て行きます。まかせて!と見送るのも、聞き耳で出掛けるのの様子を探るだけでも良いです
    どうせ地下に居ますし。夢野は眠った頃合を見計らって忍び歩きで庭経由、扉の奥に侵入します
    【聞き耳】で判定したり見張りで窓から【目星】しても見えるのは黒い影やただの足音だけ


    深夜の徘徊(1日目以降の夜中に一度だけ発生)


    探索者は律儀に富井家内の見回りをしていても寝ていても構いません
    【聞き耳】で成功すると鍵が開く音と陶器が割れる音が聞こえる
    失敗した場合でも屋敷の中をてゐが徘徊しているので気が付きます
    だいすの出目によって遭遇するてゐの状態が変わります

    ①奇数 淑女
    古さを感じるが品の良いドレスを着、扇子を持って歩いて行く。
    捕まえようと考えても“富井家の魔術”を使っているため捕まえられません

    幽霊に手を触れようとするように、霞を掴もうとするように
    実態としてはかなりの希薄さです

    ・目撃者は正気度を1減らします
    ・捕まえようと手を伸ばした人間は追加で[1/1d3]のSANチェックです
    ・触ろうとした人間を見ていた場合も追加で[0/1]のSANチェックです

    触れようとした場合淑女が逃亡、数分後に何かが倒れる音がした後、
    廊下で突っ伏しているてゐを発見します。

    ②偶数 軍人
    軍服を着こみ刀を提げた軍人が歩いて来ます
    暗がりで目深に被った軍帽で顔が見えません。ですが髪型、体格、
    現在の建物内に居る人間の事を考えてみるとてゐしかいません

    捕まえようとすると鞘を付けたままの日本刀を振り回します
    一回探索者に当たるかするとぶっ倒れます
    物凄い気迫で迫って来るのでビビります
    ・生命の危機を感じて[1/1d3]のSANチェックです


    ①②それぞれ捕まえようとしたときに【聞き耳】をしてください

    何か得体のしれない呪文のような言葉をつぶやいていますツイッターかな?
    普通にローマ字表記になっていますがKOKIA語(逆さ読み)で話してください

    「kyou no gidai ha korekara no suuzyuunenn toiu kikann de nannno mazyutuwo kennkyuu suru kanituite da」
    →「あでちうちなくるすうykんえこうつyざもんなねdんあきくいおtんえぬうyずうそならけろかひあぢごぬおyk」
    「watakusi ha sorosoro yasiki no mamori wo katametai to kanngaeteorimasu」
    →「うさみろえtらgんあこちあてまたこうぃろまもにきさよろそろさひすかたw」
    「teitoni innkenn na kuuki ga tadayotteiru taima no tikara wo kennkyuu suru noha doudarouka」
    →「あくおらづおだほぬるすうykんえこわらきとなまいあつりえっとやだたぎくうかんねkんいいのちえt」


    ・てゐを家長の間に運ぶ
     部屋に運んだ時手足を固定していない場合は暴れて翌朝生傷を手当てするてゐに会える

    ・探索者の個室で監視又は探索者がてゐの部屋に缶詰め(推奨)
     何故か探索者の部屋だと暴れない
     なるべく探索者と一緒に居させてください。
     探索者が行動基点から動きたがらなければ、「近場で観察」でも結構です

    てゐを運んだあとどうも屋敷の中がおかしい
    【アイデア/聞き耳】等で何かが廊下を徘徊しているようであると気付く。
     人数はかなりの物である
    扉を開けてみる→うっすら白っぽく光る何か…
    【目星】
    成功→人型をしているなにか…洋服から和服、軍服からドレスまで様々な姿をしている。こちらに気付かず話をしているようだ
    失敗→“何か”と見え無いはずの目が合う…そして“何か”は見られていることに気付いたのかふっと消えてしまった

    【聞き耳(失敗者がいた場合不可)】
    成功→「てゐの…様子がおかしい…」「…出来るのだろ…か?」「そ…前に儀…中止…」「…止は…出来…」 
    失敗→「…が……に……」何か囁くようなコソコソ音が聞こえる

    見ていることに気付かれた“何か”は消えていく
    「…客人…ら…た…」「…御客…さ…申…な…」


    亡霊?を見た事によるSANチェック[0/1d3]


    深夜の夢~青い焔~

    探索者が眠りにつくと、薄暗くとも青い空間に居る事に気が付く。
    暗い闇を照らす青い焔。腰ほどの高さで輝くそれは火柱の如く揺らめいている
    円状に配列された焔いくつもいくつもいくつも…
    その中心の焔はかなり高い火柱になっている。
    火柱の中にてゐが立っています。

    【目星】に成功すれば中の人影がてゐであると解ります。
    話しかけても一切反応がありません

    触ると冷たいような温かいような…心地よい触り心地…
    でもなんだろう…何かの気配?何かに見られている気がする…


    追加で【アイデア】に成功すると火柱が人型に見れます。
    0/1のSANチェックです。


    ☆目を覚ました探索者達はてゐの部屋の方から青白い光が漏れているような気がします。
    ドアを開けても光は消えています。


    ①てゐの部屋に行こうと考える探索者へ

    【鍵開け】や【幸運】などで鍵を開けたり、都合よく施錠忘れが発生したりします。
    扉を開けると夜中に見るのが辛いほど強烈な青い光が探索者を包みます。

    【アイデア】か【目星】にマイナス補正値を付けて成功すれば、
     床の穴から噴水の様に光があふれている事に気付けるでしょう。

    真夜中に強い光を見たので、部屋へ帰るときに色々とぶつけるでしょうね


    ※てゐの部屋や自室でてゐを監視していても発生します。足元から吹き出す青い噴水

    光を浴びている間てゐは苦しんでいます。
    (別室で浴びていなくても、光が噴き出している間は具合が悪そうになります。)
    部屋から引きずり出すなり何なりすれば、大人しく眠ってくれます。

    ②そのまま寝る探索者

    翌日、手当てをするてゐ(ry)


    二日目以降

    二日目の早朝に入ります。
    ①朝食が毒入りではないか?疑う探索者に
     早起きすればご飯を自分で作ってもいいです。
     ついでにみんなの分も作ってあげたら?と提案しましょう

    ②外に買いに行く案
     門から出ようとすると壁にぶつかります。向こうの空間は見えるのに
     コンコンとノックが出来ます。まるでプラスチックのようです
     ぶっ壊すなんて言い出す探索者にはお仕置きです。
     弾き飛ばされて1d3のダメージです
     閂の家紋が怪しく光っています。
     【目星かアイデア】成功でこれは結界か何かではないか?と気付く
     更に門扉で目星等を成功していれば桜と六芒星を思い出します
     ついでに結界と気付いた探索者は[0/1]のSANチェック

     ※失敗した探索者への救済として【目星】成功で
      内側の閂に桜と六芒星が刻印されている事に気づきます。
      【アイデア】成功で家紋ではないかと気付かせて下さい。

    ③普通に食べる
     正直で純粋な探索者にはご褒美を差し上げます。美味しいご飯でしたね。
     目星等の感覚系技能に+10の補正が付きます。
     そして夢野から「お嬢様が頭痛を起こされた時はこちらの頭痛薬をお願いいたします」
     とのメモ。
     “1割の優しさ9割の大人の事情バフ○ァリン”を手に入れた

    ご飯後

    突然。てゐの部屋の方(又はてゐが一晩過ごした部屋)で物が割れる音が響きます。
    てゐの部屋に行くと。てゐが倒れています
    かなりの高熱が出ているようである

    てゐの朝のSANチェックが本日から発生します1d6/1d10です。
    狂気症状に伴う演出はお任せします

    【医学又は知識/応急手当】
    成功→病気の類の兆候は無い。知恵熱(心因性発熱)のようだ
    失敗→原因不明

    技能を振った後、てゐがふらふら屋敷内を出歩き始めます
    付いて行くと風呂場で頭に水を被るというか、浴槽に頭を突っ込んだ
    てゐに会えます。
    頭を冷やす(物理)
    救出すると気絶しています


    ①夢野さんに連絡する案

    電話帳がありますが携帯電話に掛けても出ません
    【聞き耳】でもしかしたら聞こえるような気がするかもね
    他の電話は一切繋がりません


    ②てゐを拘束する案/車椅子出現

    拘束する事は可能ですが、ホントに良いのかな?
    結構ここ重要だよ?見張ってれば動かないよ

    ・お知らせ
     玄関に車椅子が届いていました(夢野が手配)
     意訳:連れていけ

    車椅子(腰ベルト付き)に乗せていれば大人しくしていてくれます
    エンドロールに関わってくる選択です


    ③夢野部屋の家探し

    夢野の部屋で【目星】をすると
    昨晩見つけた(はず)の契約書の二枚目が見つかります

    -------------------------

    [夢野との契約書in1921年]

    ②富井家の家長は契約するにあたり、夢野和仁に対し以下の責務を負う

    1、夢野和仁への魔力の供給、身体組織の更新作業
    2、人並の給金、休暇を与える事
    3、屋敷内に個室を作りそれを与える事


    追記:契約更新について

    この契約は家長が変わるごとに更新する必要がある
    “使役と契約更新”は“魂の移し”の儀式を行った後に行われるものとする
    契約更新をしない場合この契約書は白紙になるものである

    -------------------------

    この紙は古惚けた魂の移しのノートから出してもいいです。

    書類を見るなり何なりして、
    夢野の名前と一致したと気付いたら0/1d3のSANチェック。


    夢野の自室探索

    ―探索エリア―

    机まわり
    本棚
    クローゼット+ベット


    ・机まわり
    机の棚から古い紐綴じのノートが出てくる


    ①魂の移し(写し)の手順書

    古くなった紙に色が薄くなりかけている。インクも色褪せている

    ・魔力を込めた青水晶のチョーク
    ・神聖な水で清め光を当てた蓋つきの媒体
    ・井戸から引いた清らかな水源
    ・血を繋いだ魂

    というメモ書き


    ―KPから口頭伝達情報―


    井戸に満月が落ちる晩、
    水源を中心に青水晶のチョークで方陣を描く。
    血を繋いだ魂を陣の周りに配置し陣に魔力を放出する
    放出する魔力は二日に一回補充しなければならない
    何らかの理由で行使者が意識を失うか、儀式の行使者の意志で中止する事が出来る。

    (KP情報:魂の写しを中止させても、蒼い焔が噴出した時点で、
         てゐの魂にある程度情報が書き込まれています。初期値25%
    今回の目的は儀式の妨害(てゐの夢遊病と頭痛の緩和)が目的です。書き込みそのものの妨害は不可能です。)


    効果範囲は上下左右約15mそれ以下の場合は壁や天井に沿って範囲が決まる
    ※但し空間同士が物理的に繋がっていれば有効である
    血を繋いだ魂の定義は不明


    ②本棚

    ☆分厚い写真集
    てゐの小さい頃から沢山撮っていたのでしょう
    付箋に日にち場所が記入されています
    写真の中のてゐはとても幸せそうに笑っています。
    てゐと一緒に夢野が写る写真が一枚だけ挟みこまれており、
    二人の顔からは幸せを感じる。


    ☆メモ帳

    夢野の分厚いメモ帳が出る
    春子様はベラドンナがお好き
    祐樹様はスズランがお好き


    ・お嬢様の万年筆が穴に落ちた。地下を探す事
    ・晩御飯のメニュー。お野菜とタンパク質
    ・家の土台を修理。お嬢様がお戻りになる前に部屋の穴を開通させる事


    「お嬢様が本邸にお戻りになる。自衛隊のお仕事で本邸の機材が必要だそうだ。
     また仕事と言って、危ない遊び事をなさる気なのだろうか…

     祐樹様がお亡くなりなられて二十年と三か月十三日が経過した。
     そろそろ…家長を継ぐ時が来たのではないかと思う。
     お嬢様との長い日々は我が人生で最も安らかな日々であった。
     だが私には仕事がある。富井家の最後の血脈を守り、命じられた職務を遂行せねばならない。
     この光に満ちた日々に自ら終止符を撃たねばならない事は辛い…
     
     もし歴代の家長様方にお目に掛かれたら…
     この重荷をお嬢様に託さなくて済む方法を教えて頂けたのかもしれない。
     せめてお嬢様には普通の女性としての人生を送って戴きたかった…
     
     魂の移しはお嬢様が本邸にてお泊りになっていらっしゃる時に。

     青い焔を継いで戴く」


    ここでてゐの部屋で蒼い焔を見た探索者は0/1のSANチェックです


    「おかしい、お嬢様の体調が悪くなってきている。
     こんなに体調を崩されたのは今までに無い。
     常守様もここまでの体調不良を訴えられた事は無かった…
     こんな事になるのであれば、継がせないという事も想定しておけばよかった。
     だが、富井家の家長になる為の通過儀礼としてこれは必要な事…
     一体私はどうすれば…」

    「○○様方(探索者)が転がり込んできた、正直…遂行し難くなったような気がする。
     儀式の終盤の時は、私はお嬢様のお側に居て差し上げる事が出来ない…
     お怪我をなさらない為の監視として○○様方には居て貰う事にしよう。
     屋敷外への門の閉鎖、外との接続を断つ。
     玄関に車椅子を出しておく事、○○様方がお嬢様を敷地内をお連れになる際に、
     必要な可能性がある。座り心地の良い物を…」
    「○○様方がお嬢様の側に居て下されば安心して地下に潜れる」


    ③クローゼットとベット

    クローゼットにはぴっしり揃えられた執事服とコートなどが掛けられている
    たとう紙(着物を包む紙)が綺麗に畳まれた状態で放置されている

    【アイデア】
    成功→昨日、夢野は外出する際に着物ではなく洋服であった。
       因みに何も持っていない状態である
    失敗→何だろう、着物でも入ってたのかな?


    てゐの部屋の探索2


    床の穴を見つけていない場合はここで見つけさせてあげて下さい


    ・穴に物を落として距離を取る等の行動を選択する探索者

    【幸運】で物が引っ掛からずに落ちて行く
    【聞き耳/知識】で約13m前後の距離がある事がわかる

    ・手当たり次第に書類を調べる(ハズレ)※(特に意味は無い時間トラップ)

    【目星/日本語】手に取った書類がロ助と中共の国家機密だったと気付く。やばい!
    【コンピューター】あ…イギリスの諜報機関ハッキングしてやがる…
    【知識】自作のファイヤーウォール。ハッキングしてきた奴のパソコンを
        画面越しから熱暴走させて物理的にぶっ壊すウィルス

    [てゐの手帳]

    ①ぱらぱら捲ると日程のメモなどの他に走り書きがあります
    「屋敷の鍵束は食堂にある電話の脇」
     小さな鍵を手に入れます

    ②子供時代のてゐと両親の写真
     てゐと夢野の写真(夢野の写真と同じ焼き増し)

    ③古いメモ
    「良い事があるおまじない。
     チョークで丸を書く、お供え物を置く、水を撒く、祈る」
    (※退魔の付与の手順)


    ■食堂から

    [地下室への鍵]

    小さな鍵は電話脇の小箱に使います。
    これを手に入れれば、屋敷の外に出る以外は何でもできます


    ■■殉じる準備■■

    [退魔の付与]について

    本シナリオオリジナル魔術

    特定の対象物、神話生物に対し魔術的装甲を無視した上で、
    回復不可攻撃のエンチャントをするチート魔術
    その代りコストが重い

    ①行使者の魔術行使後のMP残量を1d3で決める→その数を現MPから引く→残ったMPをすべて使用する(1d3の数字が使用後のMPになる)
    ②対象物は何でも可
     弾丸は種類問わず固定1d3のダメージ/人間に対しては使用MP分の消耗式装甲/接触攻撃系(鈍器など)には火傷の追加ダメージの付与
    ③付与の手順

     何かしらのチョークで魔方陣を描く、陣の上部に米/左右に酒/右下に塩/左下に水、
     陣の中心に対象物を配置、月が落ちた水を対象物にかける、魔力を込める
     この儀式は日が出る前までに終わらせなければならない。

    ④夢野は富井家が作った人造人間なので効果がありません


    庭へ

    ・倉庫
    何でもあります。頑丈なロープで出来た汲み上げ用の釣瓶から、
    乱雑に置かれた青水晶の原石とか

    ☆追加物品補充ポイントです。

    ・お庭の井戸に入る
    何らかの手段で小瓶を取ってもいいでしょう
    水に手を突っ込むとすごく気持ちいい冷たさです
    普通の小瓶です


    ・坑道への入り口
    車椅子でも通れるような角度の緩やかな坂道になっています。
    2mほど奥に進むと鉄扉があります。地下室へ鍵を使えば鍵がガチャりんこ


    ■地下坑道

    地下坑道に入ると、そこは豪華なお城にある廊下のような雰囲気が漂っています。
    上品な壁に高価そうなランプが等間隔で掛けられ、オレンジ色の温かいはずの光が
    何故か冷たい雰囲気を出し廊下の中を照らしています。
    車椅子でも容易に通れるような通路になっておりまーす。

    更に進むと明かりが少しずつ弱くなり、薄暗くなる頃に大きな木製のドアが現れます。


    【目星】
    扉の隙間から青い光が漏れている

    成功→ドアノブに富井家の家紋がある事に気づきます
    失敗→薄暗さが目について細かい所に気が付きませんでした

    【聞き耳】
    成功→何も音は聞こえませんが何か居る事が解ります
    失敗→空虚な雰囲気しか感じない


    ■地下・真家長の間①


    真家長の間は、青白い光で照らしだされています。
    オレンジであるべきランプの光も足りない光を補う蝋燭の炎も蒼く光っています。
    部屋の真ん中には青い光に照らされ、
    不気味な雰囲気を漂わせた古いアンティークの椅子十数脚と大きな机が鎮座している

    【目星】
    成功→一つだけ変に豪華な彫刻が施された椅子の奥には、先程通ったものより重厚な扉があります。
    失敗→暗いながらも室内の豪華、煌びやかさに目を奪われていたようです。
       ですが奥に怪しい扉がある事が解ります

    もし仮に扉を破って突入する場合の耐久は5+1d5で決定してください


    地下・真家長の間②


    扉を開くと、蒼い光に包まれます。
    部屋の真ん中には一段低くなった部分があり、そこには水が張られています。
    四方八方の壁は棚になっており、そこには大量の小瓶が飾られ、蒼く光り輝いている。
    蒼い光源はこの瓶である事は明白です。

    「お客様の立ち入りはお断り申し上げたはずですが」と青ざめて調子が悪そうな夢野が登場します

    【目星】成功で水が張られた部分の真上に穴が開いている事が解ります。
    【アイデア(リアル問わず)】に成功すれば、
     穴はてゐの部屋の金網の頃に繋がっているのではないか?と気付きます。


    ※夢野のMPを1d10減らしておいてください
    魔力の放出を行っています。

    HPを0以下にするか、MP1でHP5未満もしくはノックアウトで戦闘終了です


    ☆【てゐを連れて行ったルート】


    ①てゐに今起こっている事を理解し儀式をやめるように言う
     →儀式が終わったら元気になるから大丈夫と言う

    【心理学】
    成功→大丈夫とは言うが、なんだか焦っているように見えた
       (クリティカル:ここまで体調が悪化するとは思わなかったようだ)
    失敗→冷や汗をかいているが、これは警察に通報される可能性を感じているのかもしれない

    夢野「ここで邪魔をされると…苦しいですね。
     暫く眠って戴きましょうか。
     先代様方のご命令は、遂行させて…戴きます。」

     戦闘をこなしながら魂の移しの呪文をぶつぶつしてきます
     1ターン後からてゐが頭痛を訴え苦しみます。


    ②てゐに起こっている事を全く理解せずに助けを求める
     →すぐ元気になりますと言って儀式を開始、
      1ターン目からてゐが暴れて車椅子から落ち苦しみ始めます


    ※二つの違いはてゐの苦しみだすのが遅くなるのかならないのかです。


    ☆【てゐを連れて行かないルート】


    ①てゐに今起こっている事を理解し儀式をやめるように言う
     →儀式が終わったら元気になるから大丈夫と言う

    ※ですが、てゐが居ないので、目撃者がいない→消しても問題ないよね→ガチ戦闘


    【言いくるめ(脅し)】使ってもいいのよ?但し今後の信用はガン下がりです
    【信用】使ってもいいのよ?


    ※耐久が3割以下(ピンチ)になると後味悪くなることを言います。
     「私の…私は…家長様方に任された仕事をやり切らねばならない…例えこの身が滅ぼうと」とか言わせといてください


    ■儀式の続行が発生した場合


    システム上、儀式を始めた時点で“血脈の記憶”が初期値25%が発生します。
    1ターン終了ごとに技能ロールをし失敗したら1d3ずつ増加、
    SANチェックも1/1d6で続きます。

    注意:夢野のMPを削り取ってこれ以上の書き込みを妨害するのが目的です。
       放って置けば、てゐの人格崩壊が起こります。

    技能成長ロール1d3をPCに振らせても楽しそうですね。(もちろん何のダイスかは言わずに)


    戦闘後


    ①てゐを連れて行き、夢野を拘束したルート(NPC全生存/救済エンド/+α)☆happyだね!
     
    MP不足を起こしている(回復能力使用不可になった)
    夢野の耐久値を5以下に削り取るとてゐが止めに入ってくれます
    1※儀式が中断されたため、頭痛が緩和されます
     中途半端でも脳内にはある程度の情報が入り込んでいるので
     一族の歴史や契約更新の存在は理解しています。
    2※何度も書いていますが、この戦闘の目的は“耐久値とMPを削り儀式の中断をする”です。
      大成功だね!

    3※血脈の記憶の技能値を35%未満に抑え込む事が成功した場合、
    追加で何らかの報酬を上げて下さい。


    写真などてゐと夢野の絆を感じさせる物を持って行けば、
    【信用】や【説得】等で夢野の動きを一瞬止める事が可能です。

    てゐが乱入し「契約更新はしない」と一言言えば全てが終了します。


    ついでに言うと契約書を持っていたら目の前で朽ち果てる瞬間を見れます。
    0/1のSANチェックです


    能動分岐:血脈の記憶継承
    (PLに秘匿1d100を振らせ血脈の記憶ロールに成功した場合/KP任意)

    先祖の記憶の夢を見たてゐが自ら、
    「世界を守るために記憶を継承する」と言い出す世界線も存在するでしょう。
    その場合は、継承をしても特にbadendにはなりません。
    …夢野の献身的な歴史の授業。
    数年後、陸自に対神話生物部隊、俗称【菊桜会】が秘密裏に設置されます。


    =後日談=

    ENDシーンは何処からともなく引っ張り出した謎の機械群が配置された部屋。
    書庫の奥の部屋です。
    腕や体に様々なチューブが繋がり意識がはっきりしていないようです。
    てゐは彼の手を握り椅子に腰かけながら受け継いだ新たな記憶を頼りに話し出します。
    ・夢野はこの部屋で作られた人間を模した生命体である。
    創られたのはカメラが日本に導入された頃1860年前後
    ・信じられない事だが部屋には冒涜的な資料が山ほど集められているようだ
    精神を削ぎそうなので見ない方が良いと思うという事
    ・家長の日記に書かれていた“菊桜会”は旧日本軍時代にオカルトじみた事象を
    解決するために組織された組織。すでに解体され、富井家に無い資料はほぼすべて
    公安のXファイルになっているらしい
    ・取りあえず一時的に意識が戻った夢野と話した結果、
    契約は更新しないが関係を現状維持する事を決めた。

    ・二人を助けてくれたPCへの感謝とお礼として
    魔力を込めた青水晶のチョーク、タケノコと山菜を貰います。
    夢野は今後、クトゥルフで困った事があったら、
    それとなくヒントをくれるようになるでしょう。

    てゐはこれから海外に防衛駐在官のサポートとして赴任します。


    ②てゐを連れて行かず、夢野を殺したルート ☆happyじゃないね!

    てゐの体調不良は回復しますが、夢野が犯人で死んだとを伝えても、
    彼が行方不明になったと伝えても半年程陸自で仕事をした後行方をくらまします。
    正確には精神的にダメージを受け富井家に引き籠ります

    =後日談=

    てゐの周りには魔道書や難しい言語で書かれた文章が書かれている
    やつれた彼女の脇にはボロボロになった執事服とソファーに眠った小さな赤ん坊が居ます
    彼女は先祖達の英知を使い一体何をしたのだろうか…
    屋敷を尋ねることを拒んだ門から先の事は誰にも知る由はないのだ

    theラスボスエンド


     
    ③PC全滅・てゐを殺した又はSAN0のENDを含む ☆死んでるね!


    富井家の建物が今後人の目に入る事は二度と無くなります。


    PC全滅:(てゐ/SAN0含む)

    ①数か月後の朝刊にPC達が行方不明になっているという趣旨の記事が
    三面の端にインクの染みを作っています

    ②同じ日の二面記事にはとある自衛官が行方をくらましているという記事が
    でかでかと書かれています。
    情報科の人間が行方不明という事実がかなり世間を騒がせているようです
    警察や公安、陸自の面々が富井家を探しているようですが、
    登録されている住所には広大な森林と荒地、謎の坑道が残っていたという
    オカルトチックな話に野次馬が殺到、土が踏み荒され完全にお手上げ状態の様です。

    ③世間とは隔絶された小奇麗な屋敷の庭。
    上品に設えられたガーデンテーブルに紅茶のセットが置かれています
    それを無気力に見つめる女性がいます。
    手元には読めない文字で書かれた本と紙とインクと万年筆、
    隣には少し若く見える夢野のような少年が微動だにせずに立っています

    永久に変化も何もない隔絶された世界。
    空から降り注ぐ虚構の光は屋敷の外に一切届くこと無く
    てゐの周りを照らし続けて行くでしょう


    てゐを殺す選択をした場合:

    ほぼ上記の通りですが夢野が永遠に一人で生きて行きます。
    もし仮に誰かが迷い込んだとしたら
    小奇麗な古民家。丁寧に手入れされた庭と一人の女性の写真が飾られた屋敷
    …という印象を受ける事でしょう


    ☆【救済エンド/happyendへの+α】

    富井家の中にはてゐと夢野の絆がちりばめられています。
    一番効果があるのは“二人で写った写真”
    戦闘中に【説得】【言いくるめ】【信用】の材料に使ってください基本+30補正で
    良いRPが出来たら更に+10。てゐを連れて行かなくても戦闘終了happyendです


    ◎てゐが体調を崩した本当の理由

    てゐは従兄弟婚で生まれた子供です。
    魂の移しに対する耐性が恐ろしく低く、体質的に記憶の書き込みが容易になっています。
    “純粋な血脈の記憶”だけであれば、ここまで体調を崩すことは無かったでしょう。
    歴代の家長にも耐性が低く、記憶の書き込みが容易な者もいました。
    富井常守はその最たる人です。

    ◎魂の移しを行った者の末路

    自分以外の記憶(魂)を自分に焼き付けているので、
    その焼付いた部分が無くなる(回復する)までの間、
    現世と死後の世界を繋ぐ狭い世界で三途の川を渡る為の橋を渡れずに彷徨っています。
    その世界は死者の記憶をもとに再現された一つの街であるとの噂。
    焼き付いた部分は技能の数値によって体に火傷として残っています。

    ◎青い水晶について

    富井家が土地を買い、地下魔術に実験場を作ろうとしたときに発見された鉱石、
    魔力を蓄えるバッテリーの役割をしている。
    1cmに対して1mpを備蓄可能


    ◎夢野の正体について

    前述の通りの人造人間。
    富井家が人生の全て、という模範的な執事。殺しても死なないというか復活する。
    体の復旧は相当時間がかかる為、複製の体を一つ用意してある。


    ◎すっかり忘れていた終了報酬


    happyendで筍と山菜、水晶チョーク(MPバッテリー/7MP相当)

    SAN回復
    ・happyend    10+1d6
    ・ラスボスEND   1d6
    ・全滅/SAN0END  なし

    神話技能1+1d3%



    ■■ 追記 ■■


    どこにクトゥルフ要素があったの
    なんて突っ込まれると死んでしまいます。あくまでそれっぽくです

    もしかしたら夢野さんがなんか神話生物の因子を混ぜ合わせてあったりしてね~(適当)
    要らないと思ったら表現等カットしてください


    話の流れによるアドリブ?どうぞご自由に。
    神話生物の追加?どうぞご自由に
    解りやすく改変?どうぞご自由に
    キャラの設定変更?どうぞご自由に
    二次配布?…う…うーんそんな事する物好き居ないと思うので勘弁してください。
    動画化?出典を明記して貰えれば、リプレイでもリプレイ風でもどうぞ。
    (連絡を貰えればこっそり戦車が見に行きます)



  • 防衛省カメラ持ち日記。

    2016-05-08 23:30
    東京に旅立ち、戻ってきてからもう半月。
    いい加減紹介しなくては…。

    1日目:土曜日
    夜到着のため寝ただけ。
    艦これアンドロイド版の選考に落ちてた。
    ホテルさんが何故かセミダブルからツインルームにしてくれた(謎)。
    ゆったり過ごせる部屋を手に入れたけど一人に対しての面積が広くて寂しい、寒い。

    2日目:日曜日
    靖国神社のお参りをして、標本木を見たら、骨董市と遭遇。
    浅草、上野エリアへGO!
    日曜だったから人混みを見物が出来て、楽しかったです
    浅草の循環バス停で浅草生まれ浅草育ちの爺ちゃんと出会う。
    浅草寺は観音様と呼ぶそうで…。
    ふきやさんで帽子買った。
    あ、ちなみに上野駅で浅草寺と逆方向に出たり、東京駅で迷子になりました。
    そして靖国通りの存在を交通看板を見て知る①

    3日目:防衛省と国会図書館
    写真上げようと思ったけどブロマガが反抗期中なので上げられない。
    (予約の時にちょろっと聞いたら上げても大丈夫とのこと…なんか動画で紹介します)
    靖国通りの存在感が半端ない②


    ……ホテルと防衛省、靖国神社が距離があるとはいえ、
    まさか一本道で繋がってるなんて想像してなかったよ…

    近くに出版社もあって、不要なはずの緊張感が心に突き刺さったんですねこれが…




    注意:市ヶ谷ツアーは要予約制です。
       きちんと要項を確認の上、準備万端での参加をおすすめします。

    楽しかったよ!!また行くよ!!(迷惑この上ない)
    防衛省では終始テンション上がりっぱなしで、迷惑をお掛けした感が否めませんでしたが、
    好きだから仕方ないね!好きだからこそ、ちゃんとしろって話ですが…

    これで防衛省の背景(外面のみ)が出来たから、動画に使えるぞ!