FC版DQ3~戦士vs武闘家 比較の旅日誌~ 6日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

FC版DQ3~戦士vs武闘家 比較の旅日誌~ 6日目

2020-04-07 23:43
    どうも、ボクです。
    「なんなんだこの記事は?」という方は、同シリーズの0日目をご覧ください。


    ストーリー進行を軽く説明させていただきますと・・・。
    と、いつもなら2,3行で済ませるところですが、今回は色々とやりましたので少しだけ詳しく書いていこうと思います。

    前回は、バハラタ東の洞窟でカンダタを倒すところまで進めていました。

    その後、ダーマの神殿を経て、ガルナの塔で悟りの書を入手し、僧侶を賢者に転職させました。
    一旦バハラタに戻り、グプタから黒コショウをもらい、ポルトガに行って王様に黒コショウを渡し、船を入手しました。

    船を入手してからは、とりあえず便利そうなアイテムをかき集めることにしました。
    移動経路まで書くと煩雑になりますので要点だけ書きますと・・・。

    ・テドンの村で闇のランプを入手
    ・スーの村で雷の杖を入手
    ・ランシールで消え去り草を購入、エジンベアで渇きの壷を入手、浅瀬の祠で最後の鍵を入手

    こんな感じです。まだオーブには手を着けていません。

    ・・・で、ロマリアの関所から旅の扉を経由してサマンオサに辿りつきました。
    ブレナンの非業な死に涙しつつ、レベル上げとゴールド稼ぎをしています。


    戦士の装備が整ったので、一度比較してみます。
    今回はあまり参考にならないかもしれませんが、一応勇者と賢者のステータスも載せておきます。



    まずは攻撃。

    前回は"ちから"の数値がほぼ一緒でしたが、今回は武闘家の方が大きいです。戦士の1割増し以上です。
    レベルが10台の頃はむしろ戦士の方が大きかったのですが、ねぇ。

    装備武器はドラゴンキラー(攻撃力77)に対し鉄の爪(攻撃力30)です。その差47、大きいです。
    最終的な攻撃力の差は32、ダメージ換算で16ポイントの差です。

    サマンオサ周辺に出現するモンスターに対する与ダメの一例を挙げると次の通りです。

    コングキラーアーマーまほうおばば
    HP95 70 70
    戦士70 47 72
    武闘家54 31 56


    戦士、武闘家両者とも、コングとキラーアーマーは一撃では倒せません。魔法おばばに対しては戦士は確1、武闘家は乱数がよければ確1って感じです。


    次に防御。

    上の世界での一級品で身を固めた戦士が抜きんでています。
    さらにHPも戦士の方が大差をつけていますので、パーティーの先頭は戦士で決まりでしょう。

    サマンオサ周辺に出現するモンスターから受ける被ダメの一例を挙げると次の通りです。

    HPコングキラーアーマー
    戦士236 16 20
    武闘家156 24 28


    数字上はこんな感じですが、キラーアーマーがルカナンを使ってきますので実際にはもう少し大きくなる場合があります。
    あと、魔法おばばが初手で必ずと言っていいほどベギラマを使ってきます。ですので買ったばかりの魔法の鎧が大活躍です。ざっくり言いますと、みんなが30程度のダメージ受ける中、戦士は20程度のダメージで済んでいます。


    このシリーズの本題である「戦士と武闘家、強いのはどっち?」ですが・・・。

    今回は戦士にしようかと思いましたが、卑怯ですがドロー。引き分けです。
    どっちも良さはありますが、決定打にかけます。攻撃も守備も、普通に戦う分には大きな差がありませんので・・・。


    といったところで今回はここまで!
    次回は、もう少しレベルを上げまして、賢者がバイキルトやヒャダルコ、勇者がライデインを覚えたらジパングで八岐大蛇をしばこうと思います。

    それでは、また!





    では、オマケの雑談に入ります。
    今回のテーマは「黄金の爪」です。


    そろそろですね、黄金の爪の活用法について考え始めてもいい頃かなと思いました。

    昔は、黄金の爪は換金アイテムとしか思っていませんでした。10,000G以上で売れる、これを売れば何か買える、という印象しかありませんでした。
    ですが最近になって、換金以外にも2つの使い道があることを知りました。


    1つめは「街などにおける戦闘で装備武器として使う」です。

    黄金の爪の特性である「エンカウント率の大幅な上昇」が町中などでは意味をなさないことを利用した手です。
    それが出来そうなのが、ジパングでの八岐大蛇戦、それからサマンオサでのボストロール戦です。機会が限られています。ゆえに、黄金の爪の入手についてそろそろ考えておこうかと思ったわけですが・・。

    鉄の爪との攻撃力差は25。通常攻撃におけるダメージ差に換算すると約12です。
    たかだか12の差ですが、八岐大蛇、ボストロールともに自動回復100を持っていますので馬鹿にできないかもしれません。
    ・・・と言いたいところですが。勇者のライデイン、賢者のヒャダルコの方がダメージソースとしては優秀だと思いますので、今回のパーティーでは微妙な差になりそうです。


    2つめは「エンカウント率が高くなることを利用して雑魚モンスター狩りに使う」です。
    後の作品に出てくる特技「口笛」の代わりとして使う、ということです。

    現状ですと「ルーラで行ける街の周辺」で使えそうです。無理をすれば街から離れた場所やダンジョンでも使えるでしょうが、まぁ、目的地へたどり着く前に嫌気がさすでしょうね。
    ラーミア入手後なら、ラーミアで降り立つことができる地点周辺もOKになります。魔法の帽子を入手するためにグリンラッドで氷河魔人を狩るときに役立つそうです。

    これの難点は、「黄金の爪を預り所に預けてしまうと取り出すのに手数料が1,500Gかかる」ため、それを回避するために「ルイーダの酒場の適当な仲間に持たせておく」という手順を取らなければならないことです。FC版の預り所は道具を引き出すときに買値の1割の手数料がかかる、という仕様による弊害ですわ。
    FC版ですと仲間の入れ替えをするたびにデータの書き込みが行われるため、黄金の爪の出し入れが煩わしくなります。仕方ないといえば仕方ない話ですが・・・。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。