覚醒、ムービーにシビれました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

覚醒、ムービーにシビれました

2018-01-06 00:34

    クロムと同じ剣を構えるマルス

    「神剣闘技」…覚醒のタイトルと同じくらいに耳にするイベントです。
    ここまでの大立ち回りをFEシリーズのムービーで見られるとは!
    『if』でのムービーは各ボスキャラの登場ムービーが主だったため、30秒以上も二人の人物が斬りあっているシーンは新鮮でした。
    ここまでもいくつかムービーが挿入されていますが、そのどれもがシビれる!カメラアングルが迫力を感じさせてくれるのでしょうか。「その場の誰かの視点」が意識的に取り込まれているため、臨場感がハンパじゃないです。神剣闘技ではルキ…マルスの視点から剣閃を間一髪でかわし続けるクロムが映り、ハラハラさせられます。
    そして剣を構え直す二人。このワンシーンでも「二人は同じ技を振るっている」ということがわかります。アングルが変わっても動きによどみが無い。鏡写しのように同じ動きを見せる二人を、リズやルフレはどんな気持ちで見ていたのでしょうか。


    ▲▼流れるように二人のアングルが切り替わる。演武のような流麗な動きに魅了されっぱなし。


    結果的に勝負はクロムの勝利。不愛想で女嫌いの剣士ロンクーを味方に加えて一行はイーリスに凱旋する。マルスは再び行方をくらましてしまった。そういえばロンクーは彼と戦った時に調子が出せずに負けてしまったらしい。もしかして彼は…?

    さてイーリスに凱旋すると、今度は隣国ペレジアとひと悶着。リズの親友マリアベルの領土がペレジア兵に荒らされてしまう。しかしペレジアの参謀インバースは「マリアベルがペレジアの領土を侵したのだ」と主張。話し合いでの平和的解決をもちかけるエメリナに対して、ペレジア王ギャンレルは誠意の証明として炎の台座をよこせとまくしたてる。


    顔つきが完全にチンピラ。言動もチンピラ。王とは思えない。

    炎の台座とはイーリスの国宝で、願いを叶える力があるとのこと。『紋章』世代は五つのくぼみと形状から察するものがありますね。話し合いはいつまでたっても平行線、威圧するようにエメリナに詰め寄るペレジア兵を一蹴するクロム。なし崩し的に戦いの火ぶたが切られてしまう。この場はペレジアを退けたものの、ついに始まってしまう戦。ぶったおしちまえばいーじゃんと思うものの、ことはそう簡単ではなさそう。

    クロムから語られる、イーリス王国とペレジア王国の確執。なんとクロムの父の代では、イーリス側から「聖戦」と銘打ってペレジアを滅ぼそうとしていたというのである。結果としてペレジアから恨みを買い、民の不満も募るだけに終わってしまった聖戦。死んだ先王の尻拭いをするようにエメリナが聖王の座に就くも、民の心は荒れ果てエメリナに石を投げるものまでいたそうな。今では国民は彼女を指導者として認め、信頼を寄せているが、半ば崇拝の感情に近いそれは弱り疲れた心の裏返しなのでしょう。彼女が頑として戦を拒んだ理由がわかる。

    と、ここで事態は急展開。
    またしてもマルスが現れ、「エメリナ女王が暗殺されてしまう。」と訴える。茂みに隠れている刺客を仕留めながら。エメリナが殺された先の、絶望の未来を防ぐのが自分の使命だと宣言するマルス。そしてあっさりそれを信じるクロム。エメリナの辞書に「性悪説」が無いように、クロムの辞書は「疑う」という言葉に修正テープが5重くらいで塗られてそうです。と、刺客は当然ひとりだけではない、油断していたマルスに凶刃が襲い掛かる!


    あらお美人

    仮面の中にはまだ幼さを残した女性の顔が。ルキナの初顔みせです!長かったなー。
    そして次回、悪のキーパーソンたるあいつが現れる。
    次回、「覚醒、結婚したのか…?」です。

    筆者のニコニコミュニティ
    【http://com.nicovideo.jp/community/co38036】

    タイムシフトが保存されているYOUTUBEチャンネル
    【https://gaming.youtube.com/channel/UCgdX4iIoxwUSlF17ESCzaeg/live】
    チャンネル登録、ユーザーフォローお願いいたします!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。