はじめてのソードワールド2.0リプレイ風味 ~エルフのずん子と水の宴~その3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

はじめてのソードワールド2.0リプレイ風味 ~エルフのずん子と水の宴~その3

2019-06-10 11:57
    ※注意※
    本書は身内でのTRPG、ソードワールドのオリジナルセッションの内容を
    独自の脚色をくわえつつ清書したものです。
    大枠はソードワールド世界に忠実ですが、原作の世界設定とは異なる、オリジナルの台地を舞台にしています。世界観に独自の解釈が含まれている可能性があります。

    以上をご了承の上、ダイス目に翻弄されるプレイヤーたちのあたふた、ひらめき、白熱する戦いをお楽しみいただければ、これ以上なく幸せです。宜しくお願いします。

    プレイヤー一覧
    ゲームマスター:昧隆牙(まいりゅうが)

    アマゾウ(甘造):https://charasheet.vampire-blood.net/2478179
    人間の魔導技師(マギテック)。魔法の拳銃で戦うオールラウンダー。MP燃費は悪い。
    「待てドーシー!ちょっとは考えろ!」

    ウサビ=ナッツ(45p):https://charasheet.vampire-blood.net/2463024
    兎人(タビット)の魔術師。サポート魔法が得意。怖がりでプルプルするのがクセ。
    「あんまりなでなでしないで欲しいウサ。」

    アオイ(月読アクイ):https://charasheet.vampire-blood.net/2458122
    忌変異種(ナイトメア)の拳闘士。手数で押すタイプ。モデルはボイスロイド琴葉葵。だが男だ。
    「右!左!右!連続パーーーンチ!」

    プレイズ=エクステンド(爺メール):https://charasheet.vampire-blood.net/2455558
    エルフの聖職者。名前は「褒めて伸びる子」、というネタ。神官戦士の道を歩み、回避盾として活躍中。
    「美しいお嬢さんは、僕が守らないといけませんね。」

    ドーシー=テン(ホーシー):https://charasheet.vampire-blood.net/2452233
    ドワーフの戦士。防御性能を活かして壁役を担う。子どもっぽい性格で推理や考察は苦手。脳筋。
    前回のイベントで子どもから成人年齢に成長した。
    「さあ冒険ぼうけん!今度はどんな魔物と戦えるかな!」

    ユキ(天願 優希):https://charasheet.vampire-blood.net/2463426
    人間の魔術師。才能ある生い立ちのハズが魔法を誤射したため、仲間からネタにされる。
    前回のイベントで18歳まで成長した。
    「僕は魔法の天才だぞ? 甘く見ないでほしいな。」

    エルフの村を襲う蛮族。原因調査に侵入した森。
    そこで会ったのは、幻獣サンダーバード!明らかに場違いなモンスターに、分断したメンバーで勝てるのか!?
    はじまりはじまり。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    雄叫びに怯んだ君たちには息つく間も与えられない。サンダーバードは電光石火の速さで君たちに襲いかかってくる!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    サンダーバード HP38
    右翼      HP28
    左翼      HP28
    GM「さあ戦闘です。 警告はしたからね?w  サンダーバードは大型の幻獣なので、両翼にも部位HPがあります。両の翼が健在なうちは、能力“飛翔”で回避と命中が+1されています。
    ドーシー「どう考えても翼を叩いてる余裕ないと思います。
    アマゾウ「当たることを祈って本体攻撃し続けるしかないね。本体を倒せば、勝ちでいいんだよね?
    GM「はい。大丈夫です。
    アマゾウ「ワイヤーアンカーで回避を下げられないんだよね。 複数部位ある大型の敵にワイヤーしても、自分が引きずられちゃう。
    ドーシー「いやああ…まずいのではw
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    サンダーバードの特技“雷鳴”!
    天から雷鳴が降り注ぐ!
    抵抗成功!7のダメージ!
    アマゾウ以外は…  抵抗失敗したアマゾウに14のダメージ!

    右翼と左翼の攻撃!
    電撃をまとった両の翼が、ユキとズンコを襲う!!

    アマゾウHP13 ユキHP9 ズンコHP12 ドーシーHP41

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ドーシー「やべえ! やべえよ!
    アマゾウ「本体つぶすしかない!回復が俺しかできないから追いつかない!
    ドーシー「でも攻撃あたる?
    ユキ「僕の魔法、接近戦専用のやつがあるんですよ!どうせ次で死ぬかもなんで!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ユキ「こんなところで死ねるか!喰らえええぇ!
    ユキの魔法“ブラスト”! 手のひらで魔力が炸裂する!!
    ユニークスキル“全力魔法”! 魔力二倍でダメージ!!
    命中力9+8=17  
    抵抗力   17  サンダーバードは魔力に抵抗した!

    ダメージロール 威力5+15=20!
    ユキ「それじゃダメだ!!
    ユキの種族スキル運命変転! ダメージのダイス目が変わる!
    威力9+15=25! 
    ダメージ半減!13のダメージ!  本体 HP25
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    アマゾウ「惜しいいい!
    プレイズ「あと1、出目がよかったらクリーンヒットしたのに!

    ※ダイス目勝負は受動側、つまり後出しが有利です。魔法を撃った側が17、魔法を喰らう側が17なら、喰らう側が抵抗に成功します。

    ユキ「せめて運命変転でちょっとでもダメージ増やしました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ユキ「…ううっ
    “全力魔法”のデメリットで ユキは次の1ラウンド何もできない!

    ズンコ「お願い…当たって!
    ズンコは “閃牙の矢”を引き絞る! クリティカル率アップ!
    命中力 6+9=15!
    回避力 固定 16! 回避!
    サンダーバードは身をひるがえして矢をかわした!

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    アマゾウ「あと二人でたおせるかっつーの!
    ドーシー「とりあえず僕殴るしかないんでいきます!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ドーシーの“全力攻撃”! 回避を捨ててダメージアップ!
    命中力 10+10=20!
    回避力 固定  16! 命中!!
    14のダメージ! HP11

    アマゾウの魔法“ターゲットサイト”!照準器が頭部に装着される!命中+1
    アマゾウ「あと一撃!
    両手の拳銃でソリッドバレット!
    命中力9+6=15! 4+6=10!
    回避力 固定16! 固定16!
    魔法弾はサンダーバードの額をかすめていった!

    アマゾウ「げっ…
    ドーシー「その銃ちゃんとネジ締めてるの!?
    アマゾウ「おめーの頭よりはマシだよ!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    アマゾウ「二発目に運命変転使っても 10+6だから同値で回避されちゃうのか!ごめんみんなー!!
    GM「さあてサンダーバードのターンですよ~
    アオイ「鬼だ!鬼が居る!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    サンダーバードの特技“雷鳴”!
    イナヅマが4人の体を貫く! !すでのな
    精神抵抗! 魔法威力半減!!
    …アマゾウ以外は

    「があああああああああ!!」 17のダメージ!
    アマゾウ HP-4 気を失って倒れた…

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ドーシー「 アマゾウ以外はw さっきから多すぎでしょw
    アマゾウ「なんでええええ!?
    GM「あ、ユキさんもダメ半減しても倒れますね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「うわああああああああああ!」 9のダメージ!
    ユキ HP0 気を失って倒れた…
    ズンコHP3 ドーシーHP32

    両の翼がそれぞれふたりを襲う!
    ズンコに9のダメージ! HP-6 気を失って倒れた…
    ドーシーに6のダメージ! HP26
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ドーシー「おいおいおいおいどーすんだコレ!
    アマゾウ「殴るしかない!もうムリ!
    ユキ「アウェイクポーション使って起こしても殴られたら意味ないもんね…
    ドーシー「ダイスローーーーール!!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ドーシー「みんな… く、くそう… 皆からはなれろおおお!
    錬技(エンハンス)“マッスルベアー”! 腕が熊のように盛り上がる!威力+2
    ドーシーの”全力攻撃“!!

    命中力8+10=18!
    回避力 固定16! 命中!
    15のダメージ!! サンダーバード HP0

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    みんな「やったあああああああああああああああああああああ!!
    プレイズ「全滅かと思いましたよ!
    アオイ「あぶな!あぶない!w
    アマゾウ「ドーシーお前もう優勝や!!(原因もコイツだけど
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    サンダーバードの脳天に、ドーシーのメイスが直撃する!
    キィイイイイイ!と悲鳴を上げながらカギツメを振り上げるサンダーバードだが、その直後に全身の力を失い、地面に崩れ落ちる。
    体から漏れる稲光は勢いを失っており、金色の体が泥水のように色あせている。
    君たちは、数多のトレジャーハンターを帰らぬ人とした幻獣“サンダーバード”を討伐することに成功したのだ!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ドーシー「え、3人気絶? アウェイクポーション2個しかないんですけど。
    GM「このゲームのHP0以下状態“気絶”は、10分ごとに生命抵抗判定を行います。その判定で目標値を下回ると、
    死にます。 
    死んでしまうと蘇生には1万G前後のお金がかかるし、魂が穢れてカルマが溜まります。
    ドーシー「ううーん。探索技能があるズンコちゃん起こさないと撤退できないし、アマゾウさんの回復魔法ないとしんどいかな…
    ユキ「じゃあ僕が死のリスクを背負うということで…
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ドーシー「ど、どうしよう。ズンコさん、起きて!
    ドーシーはアウェイクポーションをズンコに振りかけた。
    ズンコ「…うう。 みなさん! これは、なんとか、勝てたんですか? アマゾウさん!ユキさん!
    ドーシー「大丈夫。もう一個ならアウェイクポーションあるから。
    アマゾウにもポーションも振りかけた。
    アマゾウ「いてて… そうか、ドーシーが倒したのか。ユキは…
    ドーシー「ごめん、もうポーションが無いんだ…
    アマゾウ「死なせないためにもなんとしても帰らないとな…
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    GM「あ、HP0以下のキャラに回復魔法使えば、1時間経過すれば目を覚ましますよ。
    アマゾウ「じゃあヒーリングバレットすれば起きるじゃん。
    ドーシー「ポーション使うのアマゾウだけでよかったんですね。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    アマゾウ「待てよ…ここでユキが起きるまで待った方がいいな。
    ユキの体に銃をグリっとこすりつける。
    ズンコ「な、な、何してるんですか! 死人にムチうつようなことを!
    アマゾウ「落ち着いてくれ。癒しの魔力を打つんだ。 ”ヒーリングバレット”!
    ユキ「うう~ん… はっ! 服に弾痕!? あ、アマゾウさん…僕を撃ったの?
    アマゾウ「回復のためにな。
    ユキ(チラ…ほかの皆は、弾痕が無い…薬で回復してもらったのか。)
    ユキ「僕だけ…僕だけなんて乱暴な起こし方…このPTでの僕の立ち位置って…
    アマゾウ「今までだって結構みんな撃ってきたじゃねえか。落ち込んでないで戻るぞ。
    エリア6から エリア5…森の中央部に移動した。
    草やヤブが踏み荒らされていることが誰の目にもわかる。
    ズンコ「村のみんながここまで頻繁に来ているハズはありません。
    アマゾウ「村を襲ったやつらの足跡かもな…なおさら早く帰ろう。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    アマゾウ「は!
    ドーシー「どしたん?
    アマゾウ「GM! マギテックの魔法“マナサーチ”で半径50mを補足できるんですよ!この各エリアってどのくらいの広さですか!?
    GM「ううーむ。じゃあ立っているエリアならマナサーチで検索できることにしますか。


    アマゾウ「なるほどね、実はこの“マナサーチ”。そもそも30m先にポインターを射撃して、そこから半径50mを検索できるんですよ。つまり、北向きに80m先まではわかるんですよ。
    GM「な、なるほど?
    アマゾウ「5エリアの中心から5エリア全域を探せるなら、 位置を偏らせれば、5エリアから7,8.9エリアを検索してもいいですよね?


    GM「… いいよ。(この様子では探索時間かかりそうだしな。ヒント与えてもいいだろ。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    “マナサーチ”! 魔力反応を感知!
    アマゾウ「直接目で見ないまでも、アヤシイもんはこれでわかる…なんだ、こりゃ。
    『エリア8の中心部、地下に向けて魔力の反応アリ』
    アマゾウ「…ビンゴ…かもな。
    ともかく探索班の4人は、ほうほうの体でエルフの村に帰還した。
    ズンコ「せめてここまでの地図は描いておきますね。
    ズンコの地図作製判定…成功!
    今後、エリア12356はスムーズに移動できそうだ。

    帰還…17:00
    アオイ「みんなお帰り! って…ボロボロじゃない!
    ウサピ「回復…回復…
    ドーシー「へへ…なんとか無事だよ。
    アマゾウ「怪しそうな場所はできた。明日、メンバーを吟味して森に向かおうと思うんだが

    18:00
    「蛮族が来たぞぉおおおおおお!!」
    アマゾウ「ああもう少しは休ませろよ!!
    イタコ「全員で対処できるのは心強いですわ!皆さま、ここはおまかせします!

    魔物知識判定…成功! 
    襲ってきたのは武器をもった爬虫類 リザードマンと、その親玉リザードマンマリーナだ!!
    (中略)
    なんとかリザードマンたちを撃退した一行。
    夜間に森に侵入するのは危険だと判断した君たちは、一晩村で休むことにした。

    ……
    ………
    翌朝、村の様子がおかしい。いくつかの家に村人が集まっており、祭りを邪魔された怒りというより、嘆きの声が多く含まれていた。
    プレイズ「どうしたんですか?
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    GM「じゃあダイス振ってください。
    ウサピ「嫌な予感…
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    村長「ついに…犠牲者が出てしまいました…
    逃げ遅れたこども。勇敢にたたかった青年…あわせて6名が…
    アマゾウ「!! ……そうか。
    アオイ「早く原因を見つけないと。もう悠長に構えていられないよ。
    ズンコ「……強く、ならなくちゃ。
    キリタン「ずん姉さま…大丈夫です。姉さまは私が守ります。
    イタコ「ずんちゃん、きりちゃん…
    プレイズ「しかし、なぜあれだけの蛮族が村を襲ってくるんでしょうか。ボガードだけならまだわかります。ケンタウロス、リザードマン。それだけの多種族が群れをつくるものでしょうか。
    アオイ「操ってる親玉がいるってこと?でも何のために村を襲うの?
    アマゾウ「わからないことだらけだ。とりあえず、今できるのは。
    ここに行くことだけ。だな。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    次回ついに、黒幕が姿を現す!果たしてこれ以上の犠牲を出さずに、一行は村を救えるのか!?
    ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。