ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:リミックス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:リミックス

2017-05-14 15:04
    映画観賞価値:2800円

    <あらすじ>
    ピーター(クリス・プラット)は“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、刑務所で出会ったくせ者たちを率いている。宇宙一荒っぽいアライグマのロケットは、ブツブツ文句を言いながらも小さな相棒ベビー・グルートと共に銀河の平和を守るために奮闘。緑色の肌を持つ美しい暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)らと共に行動し……。

    <感想文>
    みんな大好きマーベル映画最新作です。
    とりあえず、たった2時間でむちゃくちゃなストーリーを
    むちゃくちゃなアクションと、ちんたらと長いドラマでお届けしてくるマーベル映画です。
    どうせ予告編のシーンだけが1番の見所です。
    あとは辛気臭い争いとドラマと恋愛を見せられて
    「○○ is back.」
    はいはい。繋がっていきますもんね。

    前作はまぁまぁ面白かったです。
    音楽と合わせた戦闘シーンや、パンチの利いたジョーク。
    何より個性がしっかりと立ってるキャラクター達が最高で。


    で、今作。
    何も言うことがありません。
    驚きです。
    どんなに面白くても、「長かったな」とか「ストーリー置いてけぼりかよ」とか
    いろいろと難点があったマーベル映画で
    唯一と言っていいくらいに、面白く、文句もなく、あっという間の2時間。
    最高です。

    ここが最高!GOTG!①
    【めちゃくちゃ可愛いベビーグルート】
    これは可愛い。前作では巨体(巨木?)だったグルートは今作では前作で訳あってベビー。
    身体も小さく、頭も幼い。ヨチヨチ歩きのグルートの可愛さは半端ではありません。
    映画の冒頭から、最後まで、本当に笑わせてくれます。
    キュンキュンしながら観れるんだぜ?ヒャッハー!!!!!

    ここが最高!GOTG!②
    【大迫力かつ怒涛のアクションシーンの数々】
    これは他のマーベル映画と同じに見えて、実は違います。宇宙がメインというのもあるでしょうが、本当に縦横無尽に動き回って戦ってくれます。
    何より素晴らしいのはカメラワーク!俯瞰、周囲移動、スロー、ストップモーション、一時停止などを駆使して、めちゃくちゃ見やすいアクションシーンにしてくれています。
    「何やってるかわかんねぇ」とか「速すぎてわかんねぇ」が一切なく、ホントに「すげええええ!!」「かっこいいいいいい!!!」と思って楽しめます。
    ワクワクしながら観れるんだぜ?ヒャッハー!!!!!!

    ここが最高!GOTG!③
    【小笑いが連続で起きる怒涛のジョークシーンの数々】
    本作、最初から最後まで、ホントに笑わせてくれます。大爆笑ではありません。
    小笑いが何度も起きます。
    魅力的なキャラクター達が、冗談、勘違い、自虐、皮肉、嫌味、天然ボケを何度もかましてくれて、見ていて飽きません。
    クスクスしながら観れるんだぜ?ヒャッハー!!!!!!

    ここが最高!GOTG!④
    【衝撃のギャップで魅せる最高のクライマックス】
    これは、是非とも劇場で味わってほしい。本作、前作と大幅に違うのはこの「クライマックスでテイストを変えてくる」という素晴らしさ。
    ここのメリハリに、感動もしますし、なんなら泣けます。
    ぶっちぎりのアホ丸出し銀河系アクション!では収まらない、人の心にくるスパイスを入れ込んでくるからこそ「最高だ」と言いたくなります。
    ウルウルしながら観れるんだぜ?ヒャッハー!!!!!!!

    ここが最高!BOTG!⑤
    【相変わらず全編で活躍する楽曲たち】
    前作と同じく、本作もこの魅力は変わりません。
    古いけれど、ノレる曲を多く挿入してくれているので、耳でも楽しむことができます。
    ノリノリになって観れるんだぜ?ヒャッハー!!!!!!!


    ってなわけで
    レビューを読まれた方はお察しの通り
    この作品、とても考え深い方や、哲学大好きな方、ドキュメンタリー派やリアリティー志向な方々には一切向かない映画です。
    むしろ「ストーリーの深み」の観点から行くと「浅い」だとか「無理矢理」だとか「ご都合主義」なんて叩かれても仕方ないつくりにはなっています。
    だけども、浅かろうが、ご都合主義だろうが、ここまで視聴者を釘づけにして、笑って泣いて、ワクワクできる映画は今までマーベル映画にありませんでした。

    テンポも非常によく、メリハリがあるので文字通り
    あっという間の2時間です。

    今期の映画はどれも2000円以上の鑑賞価値がある作品がばかりですが
    このダークホース作品は桁違いの面白さです。


    「シリーズ観てないから…」
    なんて気にせずに、アクション、SF好きな方にはぜひ劇場に足を運んでいただきたい
    近年まれにみる秀作でした。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。