ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ターミネーター:新起動/ジェニシス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ターミネーター:新起動/ジェニシス

2015-07-11 02:05
    映画観賞価値:2800円

    <あらすじ>
    2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……。

    <感想文>
    今までのターミネーターの感想を申し上げると

    T1:おぉ。緊迫感あふれる良作SFじゃないか。
    T2:え!すげぇ。こんなに面白い2時間あるの?ハラハラドキドキの最高SF!!
    T3:おいジョン・コナー。色々とふざけんなよホントに。
    T4:あー…これで1作目に繋が…おいジョン・コナー。色々とふざけんなよホントに。
    TSCC:よくできた同人ドラマだな。

    ってな感じです。
    結局みなさんと同じようにT1から入り、T2で感動した人間です。
    で、今作の感想はと言いますと

    色々違うけども
    これはまた違ったターミネーターとして傑作じゃないか!!


    と言いたい。
    素晴らしい。
    実にすばらしい。

    新起動の素晴らしさ①
    ~めまぐるしく展開するタイムスリップアドベンチャー~

    今作はタイムスリップという矛盾に満ちたSF要素をこれでもかと言わんばかりに
    ふんだんに使ってくれます。
    「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「タイムマシン」を始めとした数多くのタイムスリップ作品をご覧になっている方は楽しめること間違いなし!!
    そりゃもちろん、矛盾や消化不良なポイントはありますけども。


    新起動の素晴らしさ②
    ~ノンストップアクションの連続~

    ホントにテンポがいいんですよね。すごくいい。
    ハラハラドキドキの大迫力アクションを見せた後にホッと一息ついたとたんにまた次のアクション!
    もう目が離せない。寝れない。眠くならない。
    でも、アクションがひたすら続くのではなくて、しっかりと休憩が入るのも良きテンポを生み出している秘訣かと♪


    新起動の素晴らしさ③
    ~誰も知らないターミネーター~

    ここは賛否両論あると思うんですが、シリーズを知っている人も、知らなかった人も楽しめるように作ってあります。
    基本の登場人物や審判の日などの用語・事象は過去作をしっかりと意識していますが
    展開は今までの大違い。
    「え!?こういう展開!?」と、むしろシリーズのファンこそ新鮮に観れるはず!
    新たな物語の始まりとして素晴らしい脚本でした。
    感動要素もあって、ホントに「新」だなぁと感じましたですハイ。



    ってなわけで
    結局は今までのターミネーターの魅力から抜け出せないか否かで本作の印象が変わるのかなと。

    シリーズファンのわたしとしては、是非ともオススメしたい作品です!!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。