【S4使用構築】疑似両刀アグノム入りHDバシャ始動バトンテッカグヤ【最高2088/最終1996】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【S4使用構築】疑似両刀アグノム入りHDバシャ始動バトンテッカグヤ【最高2088/最終1996】

2017-07-19 00:15




    シーズン4お疲れ様でした。

    最終日に手応えを感じた構築を組むことができたので殴り書き程度に。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ●構築を作り始めた経緯●

    前シーズンあたりからドヒドイデを絡めた構築が増えたと思い(体感)
    ドヒドイデ+グライオン、テッカグヤ、カプブルル、ボーマンダ…みたいな並びに
    7割以上の勝率を見込めることをテーマに構築を考え始めた。

    特にドヒドイデと補完も取れるグライオン(じしん/どくどく/みがわり/まもる)を
    主なターゲットとし、起点に出来るポケモンを2匹以上組み込むことにした。

    161(84)-x-91(4)-162(132)-96(44)-182(244)
    サイコショック/だいもんじ/わるだくみ/みがわり
    エスパーz
    S:最速ジャローダ抜き。
    HD:みがわりが無振りドヒドイデのねっとう耐え。
       みがわりが無振りクレセリアのれいとうビーム耐え。
    HB:みがわりが無振りカバルドンのがんせきふうじ耐え。
    C:余り
    火力目安(意識したライン)
    C2上昇だいもんじでギルガルドがステロ込み確定1発。158ダメ~
    C2上昇zサイコショックでDに振ってないポリゴン2をステロ込み確定1発。178ダメ~

    ラティラティ使っている木冬さんのみがわりドラゴンzラティオスをヒントに
    上記のグライオンを浮いてる身代わり持ちで起点にしていくことを目標とした。

    アグノムのみがわりは全く読まれず、グライオン対面は毒しか打たれなかったので
    グライオン入りの構築へは目標としていた7割以上の勝率は達成できた。
    自分の覚えている範囲ではグライオン入りに負けなかったと思う。

    サイコショックは防御方面でダメージ計算を行うのに対し、
    エスパーzを乗せると特殊方面のダメージ計算に切り替わるので
    疑似的に両刀にすることができ、グライオンを起点に受けループのラッキーを飛ばしたり
    グライオンと組まれているドヒドイデ、カプレヒレみたいなポケモンを
    そのままエスパーzで飛ばしたりでき本当に強かった。



    181(84)-181(124)-187(156)-x-111(4)-158(140)
    おんがえし/みがわり/りゅうのまい/はねやすめ
    S:最速ランドロス抜き、そこそこ早いグライオン(155)あたり意識。
    HB:意地ミミッキュのフェアリーzじゃれつく50%で耐え(目安)
       →みがわりでzを消費(HP3/4)、→じゃれつく+かげうち耐え。
    A:131-100ミミッキュをおんがえしで75%で突破。

    ドヒドイデグライオン両方に対してみがわりを残し、
    起点にできる第2エースにみがわりメガボーマンダを採用。

    それに加えて威嚇無しで皮が残ったミミッキュに対して択勝ちできれば
    突破できるHBベースで配分を考えた。

    このラインでガブリアスの陽気逆鱗+サメ肌を耐えるので
    物理方面で負ける可能性があるポケモンに対してワンチャン残せる。

    使用していて気になったのが、
    最速のちょうはつテテフに上から殴られてしまうので
    テテフに初手で誰か倒される→マンダが上から叩けずそのまま負けるとかよくあった。

    ・結果・
    この2匹をエースにしたことでドヒドイデグライオン入りの構築にはほとんど負けなかった。
    残り4匹はドヒドイデグライオンが誘えることを意識した。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    215(252)-132(4)-165(92)-111(148)-69(12)
    じしん/あくび/なまける/ステルスロック
    ゴツゴツメット
    HD:ギルガルドのシャドボz乱数1個切り耐え。
    HB:11nで振り分け→ミミッキュの舞zじゃれつくを82%で耐え
    S:ミラー+2
    A:余り

    エース2匹と相性の良い起点つくりとグライオンを誘える枠として採用。
    起点に特化してどんどん切り捨てていく本来のHDカバルドンを使うのが苦手なので
    起点+じしんなまけるによる物理への詰め(スカガブとかグロパンが無いガルーラ)として
    個人的に信頼している構成を今回も採用した。→シーズン2とシーズン3も同じ構成

    カバルドンも選出誘導しやすいポケモンなので、環境に多いカプレヒレを選出に呼び
    アグノムでカプレヒレを処理する動きもできた。
    ※アグノムのみがわりで水z消費→わるだくみ→ムンフォ耐え→エスパーzで処理。
    →HDレヒレまで43%で飛ばせる火力があります。

    175(156)-198-100ー130(236)-135(116)
    フレアドライブ/とびひざげり/バトンタッチ/つるぎのまい
    A:無振りミミッキュがフレドラで確定1発。
    HB:ミミッキュのzシャドクロ+かげうちを乱数耐え。
    HD:無振りスイクンのねっとうを高乱数で2耐え(目安)
    S:1加速で130属抜き。

    ドヒドイデを誘える枠として採用。
    A198あれば十分火力出るので、起点に出来る幅を広げる為HDとした。
    このラインで霊獣ボルトロスの電気zを素耐え、レボルトを起点にしたり
    メガゲンガーに対してまもる択を一切気にせず起点、もしくは処理が可能。

    スイクン対面は水z以外、剣舞2回+とびひざげりでスイクンを飛ばすことができる。
    無振りバシャーモと違い、中途半端な火力の特殊相手に一度居座れる選択肢が取れるので
    試合展開の動かし方が明確にわかりやすく最終日にハマった型でした。

    204(252)-154(148)-123-121-95(110)
    ヘヴィボンバー/じしん/やどりぎのタネ/みがわり
    イアのみ
    H:ぶっぱで身代わりが地球投げを耐え
    S:1加速で最速ヒードラン抜き。
    A:11n

    ここまでの並びでボーマンダが重いので、バトンと相性の良いHAテッカグヤを裏エースに。
    剣舞+ヘヴィボンバーでステロ込みだいたいのマンダが1発、
    威嚇がバシャに入り、1上昇だけで引き継いでも確定2発が一応取れる。

    アグノムボーマンダが出せないようなグライオン入りのパーティや
    ボーマンダが入ってるパーティには必ずバシャーモとセットで選出していた。

    構築上誘うカプレヒレに対しても
    バシャーモが有利対面でつるぎのまい→カプレヒレ交換→バトンタッチでテッカグヤ
    →水z食らってもイアみでHPを確保した状態でカプレヒレを吹き飛ばすって動きが
    非常に綺麗に刺さり、ボーマンダカプレヒレ@1みたいな並びにもその選出で勝てた。


    サイコショック/めざめるパワー炎/めいそう/みがわり
    209(108)-x-141(4)-96(4)-187(156)-135(236)
    たべのこし
    S:キノガッサ抜き
    H:残飯みがわり効率
    D:11n
    BC:端数振り分け

    最終日1日前にゆみなりのしまを見つけて、めざ炎を調達してきた。

    テッカグヤクレセリアと並べてマンダを見せ合いで抑制し、選出されたとしても
    マンダの後ろにいるカプレヒレナットレイポリゴン2ヒトムあたりを全て起点できるように
    この型を採用した。
    霊の一貫性をアグノムとクレセリアで作ることでギルガルドゲンガーミミッキュを誘い
    HDメガバシャーモを通しに行ったり、HBメガボーマンダでミミッキュをハメたり、
    アグノムのみがわりでギルガルドを脱がして大文字で処理したり、
    クレセリアがみがわり→zシャドボ→キンシに合わせてめいそう…、
    めいそうショックでゲンガーを吹き飛ばす…
    みたいなこともできたのでパーティに霊の一貫性をわざと作るのもありかもしれない(適当)

    疑似的にスカーフテテフのエスパー技の一貫を切れるのもおいしいかもしれない。

    またカバルドンを見せている以上、キノガッサの誘導ができ、
    初手クレセリアから入り胞子をみがわりで避けてeazy win!って試合も多かった。

    この並びでクレセリアのみがわり、バシャーモのバトンは読まれないのかもしれない。

    耐久に振ってないクレセリアなので本来勝てるはずのメガバシャーモやメガボーマンダに
    一方的に負けてしまうことが多かったので、使い方が難しいとは思った。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    最高レート2088、最終レート1996でシーズン4は終了。
    2000に載ってから無敗で2088まで来たときは「来たぜ…!」ってなってたけど、
    強い人が固まってる以上、甘くない世界だなあって痛感しました(悔しい)。

    高いレートに行くと「こんな構築もあるんか」「この構成でこいつ見てるのか」
    「えええええええ!なんだそれ!!やべえ!!」みたいなことが2000帯では多くあるので
    毎シーズン2000は最低条件、超えなきゃいけない、みたいな義務的な考えは捨てて、
    相手の構築を尊敬、相手の立ち回りを尊敬、相手のポケモンの方を尊敬…、
    みたいな感じでやるとストレスも無く、楽しくポケモンできるな~とはやっぱり思うので、
    来シーズンも気楽にやりながら2100を目指したいと思います。

    <最後に>

    個体を貸して頂いたフォローワー様、
    レベル上げを手伝って頂いたフォローワー様、いつもありがとう。

    この構築を使ったガチレーティングの収録をたっぷり最終日にしたので、
    楽しみに待っていてください(なお編集する時間は無い)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。