2014春アニメ アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」 感想傾向とレス時速統計グラフ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2014春アニメ アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」 感想傾向とレス時速統計グラフ

2014-07-16 13:24



    ※クリックで画像拡大(機種によっては不可)
    ※「レス時速」とは
    番組放送終了後、100レス付くまでの時間(100レス到達しない場合は8時間後のレス数)から、一時間あたりにするとレスが何個つくかを算出したものです。
    なお、放送スケジュールは関東圏準拠です。


    最終話を除いて3話ごとにレス時速が上がり好感度が下がる傾向にあったことがこの作品の特徴といえるかもしれません。
    最高好感度を記録した第8話は否定的なレスも少なくありませんでしたが主人公の空が消え特殊EDとなった回でした。
    尚、否定的なレスの目立った第3話はチェスのルールを逸脱することでそれまで視聴者に期待されていたゲームのルールの範囲内での駆け引きや進行から外れたことにあったようです。
    最終話において2番目の高好感度を記録したことから、比較的好感度の高かった作品といえるでしょう。

    「ノーゲーム・ノーライフ」の各話個別記事は本館にてどうぞ
    「ノーゲーム・ノーライフ」感想一覧

      
    ※計測元は全て2ch.scアニメ板より
    ※好意的、否定的の判断基準は管理人の主観によっています。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。