ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

多分、動画としては上げないだろう話をあらすじっぽく書置き(2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

多分、動画としては上げないだろう話をあらすじっぽく書置き(2)

2015-03-25 19:26
    2.別次元の深淵

    彼ならではの高笑いと主にやって来た彼。
    しかし、彼はホログラムであり実態ではなかった、だが彼が放つ事実はその驚きをかき消すに十分な物だった・・・・・。

    話は10年以上前に遡る。
    かつてとある温泉街で起きた魔神を相手に同志達の戦いが起こった。
    人知れず始まり終わった戦い。その戦いはその世界に侵入しようとした魔神を撃退することで終わりを迎えた・・・・・・はずだった・・・・。

    その後も散発的とはいえその野望を果たさんと行動する魔神を前に九品仏大志を主にした特殊部隊の活動によってその世界からの完全なる駆逐を成功する。

    ・・・・だが、それでも諦めない魔神の矛先、それがなのは達の住む海鳴市だった。

    その事実を前に戸惑いながらも疑問も投げかける。魔法を技術として確立していた自分達の力を以ってその動きを確認できない事を信じられない彼らに返した答えはある種の戦慄を与える物だった。

    「その力は魔力にあらず!人ならば欠かさずあると言っていい欲望を代表する闇の心だ!」と

    それを感知し行動する為の存在として光樹を指名する大志に納得する分もあり受ける光樹。

    当事者達が放置される状態の中全てが決まった流れになってしまったがその為の物が後日
    光樹の仮住まい先になった八神家に届く。

    それは当人内のイメージが正確ならばオリジナルの80%の力しか出せない代わりにその限りにおいてどんなヒーローになれるというブレスレットだった。

    早速装着するも反応がすぐ出るわけも無く暫くは試運転も兼ねての捜索が昼夜を問わず時間があれば行われた。

    ・・・・そして、その時がやってくる。

    夜になり反応が町外れの神社に出ることを確認するや現場に向おうとする光樹にはやては用心の意味も含めてシグナムを同行させて向うことになった。

    二人が向う先にあったのはさながら神社そのものが闇の力に包まれているかのようにも見える黒い人型の何か(この時点で光樹は彼らを「影」と言っている)が大量に跋扈する空間だった。

    続く
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。