ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

show by rock!!最終回を見て。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

show by rock!!最終回を見て。

2015-06-23 14:06
    サンリオの本気

    ジュエルペットあたりからなかなかキャラの使い方が豪快なことが判明してきたサンリオ。
    そのサンリオのリズムゲーが元となったアニメ作品。

    リズムゲーでの設定と一部異なるキャラクターも交えてのストーリー展開ではあったが
    それぞれのキャラクターの魅力を存分に発揮し、素晴らしいエンディングを迎えたと言えるだろう。
    一つ、気になる点として言えば、最終回の展開が少し急だったかな?といった程度である。

    主人公を含む四人組が主軸となって話が進行していったが、それだけでは酷い言い方をしてしまえば、よく見かけるファンタジー音楽アニメというか、劣化けいおん!のようになりかねなかっただろう。
    故にこの作品における最大の功労者は闇の太陽神や矮小なる小動物がリアルに集うシンガンクリムゾンズであろう。

    彼らの存在があるために、終盤を除けば過度にシリアスになることなく明るい雰囲気を保てたのではないか。
    そのこだわりらしき物はアイオーン闇落ち回、合宿回などで感じ取れる。
    ある意味でジュエルペット時代のキャラの扱い方を一身に受けたのがシンガンクリムゾンであろう。顔芸のせいでそう見えるだけか。

    そんなサブキャラを抱えているからといって、プラズマジカのメンバーが見劣りするということもなく、その可愛い要素を十二分に発揮することで主役としての存在感を見せつけた。

    またキャラクターの動かし方だけが凄いというわけではなく、曲の構成とストーリーをジャストなタイミングで合わせた演出や、ライブシーンの3DCGは圧巻の一言である。純粋に3DCG状態のキャラの動かし方、エフェクトの使い方も凄まじいが、それとは別に手書き?のようなエフェクトも追加されているシーンもあり、なかなかに興味深いものであった。

    このクオリティの物を再度見ることができるというのであれば見たいが
    ここで完結するからこそ良い作品なのではないか、とも思えてくる。
    それほどに完成度の高い作品であった。

    そんなクソガキのロック!!

    あ、余談だが、徒然なる操り夢幻庵のメンバー可愛いよね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。