ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2020年冬アニメ一話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年冬アニメ一話

2020-01-19 20:42

    S
    A+
    A レビュアーズ 小惑星
    B+ へやキャン△
    B 超電磁砲、マギレコ、虚構推理
    C 極振り
    D

    レビュアーズ
    エロ×ギャグ枠。
    この画風ってなんでこんなにエロくなるのでしょうか。
    (少年漫画系?名前がわかりません。)
    ギャグもエロもスベらず楽しく見れるので、一番おすすめ。

    小惑星
    きらら枠。
    ラブコメ(百合)と天文学というベタいけど人気なジャンル。
    百合描写はガチなやつではなくほっこりする系、見てて温度が上がる。
    作画やクレジット見るとお金かかってそうなので期待できる。

    へやキャン△
    5分枠。
    そのまま同じことを一生やっててくれ。

    超電磁砲
    登場人物の能力お披露目会で終わった。
    今度こそ頼むぞ、とあるシリーズ…。

    マギレコ
    ソシャゲ枠。
    序盤からまどマギ戦闘シーンらしさでまずまずの切り出し。
    マイルド路線なのか、バイオレンス路線なのかが気になる。

    虚構推理
    恋愛×バトル系?(で合ってるかな?)
    どっちもバランスよくやってくれるとありがたい。
    この二人が好きじゃないとちょいキツイかも。

    極振り
    仮想世界枠。
    OPは華麗にアクションシーンしてた。が、本編はそれも見えず。
    (というのも主人公は突っ立ってるだけなので、
    攻撃モーションなどしないのだ。)

    今期マジで少ない。
    というのも、独占枠とそもそも配信がないアニメで数本削られたせい。
    アマプラとDアニメだけでは無理なのか…。

    ♦twitter → じんたんP(@tk_zin_tan)




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。