シュタインズゲート・ゼロ攻略感想 ※ネタバレ注意!※
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シュタインズゲート・ゼロ攻略感想 ※ネタバレ注意!※

2015-12-22 21:18
    シュタインズ・ゲートの正統続編であるシュタインズ・ゲートゼロをクリアしましたので
    ざっくりと感想を書きます。 もちろん未プレイの方はネタバレ注意です

    1.真EDについて

     おもいのほかあっさりいけたことに拍子抜けしています、前作のこともあるのでメールの返信とか電話をかけるタイミングとか気を使っていたんですけどね。 まず詰むことはないでしょう



    2.他の個別ルートについて
     私はてっきり恋愛的個別ルートがあると予想してたんですが、今回はそういうテイストは少なめでした。コスプレ仲間など女性キャラが妙に増えたので、もしかしたらと思ったんですけどね。 ダル風に言うと「フブキたんとちゅっちゅしたいお・・・」という人はだ~りんみたいなスピンオフを期待しましょう。フラグは立ちまくってたんですけどね、真帆の個別ルートの展開がああなるとは



    3.橋田親子がとにかくかっこいい 
     全クリ記念のCGが物語る、橋田親子の活躍。今回は至と鈴羽の見せ場が盛りだくさんです、
    厨二病が消えたオカリンもイケメンですが、橋田親子がとにかくかっこいい
    普通の女の子としての生活を望んでしまった、平和ボケしてしまったと自分を責める鈴羽に対しての至の言葉が泣けます。



    4.テンションが上がった場面
     
    鳳凰院凶真の復活のところ!といいたところですが、とあるルートで世界戦の移動が始まって変動率が1を切った瞬間ですかね、1を切ったということは・・・
     ムービーメールの撮影現場はとても見たかった場面なので面白かったです。



    5.最も緊迫した場面
     
    防衛省の下山との会話が一番緊迫しました、車内の緊張感がすごい。

    6.huke画について
     今作のhukeさんの絵柄は前回よりずいぶん変わった印象でした、ミステリアスで引き込まれる絵柄から現代風のタッチを織り交ぜたような作風になっています。 とっつきやすいですが私は以前のほうが好きですね。


    色々と申し上げましたが、全体としてはボリューム不足、衝撃的な展開が少なかったように感じます。
    鈴羽の遺書とか綯さんとか、これについては初代が偉大すぎですね
    執念オカリンと真帆の関係はどうだったんでしょうか・・・十何年かはしょられてるのでそこらへんも掘り下げてほしかった、他のルートにも省略された場面があったので物足りなさを感じるかもしれません。

    それでもプレイして楽しかったです、まだ見つけていない要素がありそうですし
    気が早いですがアニメ化が待ち遠しい




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。