【SFC風来のシレン】ペケ弱の話 3  基本編(竹林関係)追記有
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SFC風来のシレン】ペケ弱の話 3  基本編(竹林関係)追記有

2016-01-31 17:35

    ◆ペケ弱の基本的な部分について

    ①竹林のお竜救出イベント(最後)
     鍛冶屋の横で、お竜は小太りの男と強そうな男に囲まれている。
     この時、イベントフラグはどうなっているのか?


     先に矢などで小太りの男を倒した場合、強そうな男は話を進めてくれなくなる。


     また、強そうな男を倒した場合も小太りの男は話を進めてくれなくなる


     場所を入れ替えた場合にも会話してくれない。



     ただし、両者を倒した場合や、
     男達へ話しかける前に場所替えの杖などを使ってお竜に話しかけた場合は、
     お竜が話を進めてくれて、お竜を仲間にすることができる。


     つまり、お竜に話しかけるだけでいいので、
     矢が少なかったり、アイテムを使いたくないときには倒せばいい。
     または民家に入って男達を避けつつお竜に話しかけることでもイベントは進む。
     その場合は男達は敵対したままなのでお竜は仲間になるや否や、男達へ向かっていく。

     状況に応じて使い分けよう。

     追記:ちなみに、一時しのぎでお竜を村の出口まで飛ばしてもイベントは進んだ。


    ②小太りの男と強そうな男について
     シレンのLvが6ある時は、(力が下がっていない状態で、なおかつ空振りをしない時、)
     剣と盾を装備していない状態でも、ガチ殴りで勝てる。
     急ぎでなければ竹林までに軽くLv上げをしておけば、スムーズに進められる。


    ③竹林でのドロボウについて
     TMTAと異なり、配置されているNPCの数が多いため、
     誰ひとり倒さなければ、番犬や盗賊番は発生しない。
     そのため場所替えや一時しのぎの杖、困った時の巻物などがあれば、無傷でドロボウ可能。
     
     ただ、店主やお竜イベントの男達と敵対状態になってもうまく立ち回ることで、
     ドロボウはできる。お竜やペケジが巻き添えにならないように気をつけること。


    ※多分合ってるはずですが、全信用しないこと。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。