【SFC風来のシレン】ペケ弱の話 7  応用編(仲間を守るための行動)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SFC風来のシレン】ペケ弱の話 7  応用編(仲間を守るための行動)

2016-02-03 03:50
  • 5
仲間が殴られない事例について(後述で追記修正を入れてあります。)
 (再追記:「認識」という言葉を修正してみます。)

 今回は殴られない事例。
 敵はシレンが見えない位置にいる時はランダムに決められた目的地に向かっているのだが、
 仲間が敵を殴った時点で、
 シレンと敵の距離が部屋を隔てていようとも、
シレンの現在位置を認識目的地にする。
 設定された目的地へ最短距離で目指す。

 
 壁や障害物を無視してシレンの現在位置(目的地)に向かってくるようになるため、
 敵は通路に向かったりせずに壁に向かって直進することがある。
 そのため、前回の記事のような状況でも仲間が殴られないことがある。


 事例1

 実際に起きたシーンのキャプチャである。
 シレンの位置からではペケジにも敵にも何の干渉もできない通路である。
 本来ならば進行方向を邪魔しているペケジを殴るはずだ。
 プレイしている時自分でも「終わったな」と思った。  

 実際には、ペケジが吸引幼虫を殴ってシレンの位置を認識させていたため、
 吸引幼虫は左に進もうとしてペケジを殴らなかった。
 吸引幼虫からシレンの位置までは「左に3、上に2」なので左にまず進もうとしている。
 (左上に行きたいのだと思っていたけど、アルゴリズム違いましたね)
 なのでこの場合は、
 下手に動かずに素振り続ければ、
幼虫は動かず、ペケジが一方的に殴り続けることになる。


 事例2 (前回の類似例1に似た感じにしたいと思ったが、難しい)

 ■■■■■↓■■    シレンは通路にいる。
 ■      ■    ペケジは敵に反応して隊列から離れて敵に接触。

      敵■→    敵は部屋の出口に移動したいと思っていたが、
 ■     ■竜    今の位置に移動したところでペケジに殴られた。
 ■       ケ■    敵はシレンの現在位置を認識目的地にする。
       ■■■    2マス右にいるじゃないか。(実際には壁を挟んでいる)
 ■■■■■■■■      敵は右を向き、ペケジは殴られない
               敵は方向を変えられないので、
               そのまま下にいるペケジを殴る。

 ※事例2は間違っているとのコメントをいただきましたので追記修正しました。
 (あとで自分の目で確認するように気をつけます。)



追記:事例3-1

 ■■■■■■■■■
 →      ■■■    ちょっと事例2を変えてみた。
       ■■■
       ■■■    シレンは通路にいる。
 ■      ■■■    ペケジは敵に反応して隊列から離れて敵に接触。
 ■     敵■→    敵は部屋の出口に移動したいと思っていたが、
 ■     ペ■竜■    の位置に移動したところでペケジに殴られた。
 ■       ケ■    敵はシレンの現在位置を認識目的地にする。
 ■      ■■■    3マス右にいるじゃないか。(実際には壁を挟んでいる)
 ■■■■■■■■      敵は右を向き、ペケジは殴られない。

 事例3-2

 ■■■■■■■■■
 →          ちょっと事例2を変えてみた。
       ■竜■
       ■ケ■    シレンは通路にいる。
 ■     ↑■ ■    ペケジは敵に反応して隊列から離れて敵に接触。
      敵■     敵は部屋の出口に移動したいと思っていたが、
 ■     ペ■ ■    ペケジに殴られた。
 ■        ■    敵はシレンの現在位置を認識目的地にする。
       ■■■    右上にいるじゃないか。(実際には壁を挟んでいる)
 ■■■■■■■■      敵はに向かっていき、壁(上)の方を向き続ける。
               ペケジは殴られない。


 この敵とシレンの距離はどんなに離れていても関係ない。
 「アイツの気を感じる」って感じで、最短距離を狙ってくる存在と化す。


 バネ罠やまどう杖で仲間とはぐれてしまった時に、
 マップ構成と位置を把握できれば、仲間を救うチャンスが残っている。
 下手にペケジに近づかずに素振りだけで対処することができるかもしれない。
 白紙の巻物を節約する可能性もある。
 そんなお話。

 ※全信用しないこと。基本的には結果だけあってるような感じ。
  コメントをいただきまして、追記修正を加えてみたものの、
  合ってないかもしれない。申し訳ない。


広告
×
事例1では、仮にペケジが虫を攻撃していなくても虫がペケジを攻撃することはありません
目的地を持っていない敵は左折の法則で移動しますが、敵の向きは左下(ペケジのいる方向)ではないので安全ということになります
その後ペケジが攻撃するので目的地はシレンの位置になりますが、左3、上2なのでアルゴリズムとしては、左上→左→右の順で移動できる場所をさがします
ペケジの位置は移動候補とならないので安全といえます

そして事例2ですが、これは敵の向きが↓となっています。
ペケジに攻撃され目的地をシレンの位置に設定すると、右→右上→右下の順で移動できる場所をさがします。
移動できないのですがキャラもいないので方向は変わりません
つまりペケジは攻撃されてしまうということになります
56ヶ月前
×
>>1
う、うーむ。いつも解説してもらってるのに理解する頭が乏しくて申し訳ないです。
事例1は元々安全ということならば、今後あの場所は安心して行動できます。

しかし、事例2で述べているみたいに「仲間が殴られないこと」は結構多いんですけどね・・・。
図が単純に悪いのかな。いつも「ペケジ殴られずに助かった」って思って過ごしてるしなぁ。
とりあえず記事は追記修正してみます。
56ヶ月前
×
すごく今更なんですが、コメントに誤りがありました
× アルゴリズムとしては、左上→左→右の順で移動できる場所をさがします
○ アルゴリズムとしては、左上→左→上の順で移動できる場所をさがします
さすがに右はないのでわかってるとは思いますけど、すみませんでした(・ω・`;з)3
55ヶ月前
×
いつもありがとうございます。
コメント自体が助かるので、今後に活かしていきたいところです。

最初の方の記事もいろいろ変な部分があると思うので、自分でも修正するべきとこはしていこうと思います。
(今回は「認識」という言葉を修正してみました)
55ヶ月前
×
今日に至って、ようやくコメントが理解できる()。
ありがとうございました。
41ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。