【色違い】Wavebirdはいいぞ。【ガジェット紹介】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【色違い】Wavebirdはいいぞ。【ガジェット紹介】

2020-02-09 18:33
  • 2


非効率な色粘りからおさらば。そう、Wavebirdならね。

パンオレです。✌( ՞ਊ ՞)✌










「Wavebird」
はいいぞ。






・・・とまぁいきなり謎のワード
「Wavebird」
を放ったところではありますが、
 ・いったい何がいいのか?
 ・どのように色粘りに貢献するのか?

の観点で、Wavebirdの魅力を紹介しちゃいます!!✌( ՞ਊ ՞)✌


・Wavebird(ウェーブバード)とは

そもそもWavebirdを知らない人も居るだろうし簡単に説明。

Wavebird(ウェーブバード)は
「Nintendo GameCube(ニンテンドーゲームキューブ)」用に
(以下GCと省略)
開発された、無線コントローラーです。
他社メーカではなく任天堂から出してる純正コントローラーです。

任天堂公式ページ:(Wavebird)
https://www.nintendo.co.jp/ngc/acce/wavebird/index.html


製品説明にもある通り、デフォルトのGCコンは「有線」のため、
プレイ環境によっては煩わしさが伴いますが、
本製品は「無線」のためその心配は無用!!✌( ՞ਊ ՞)✌
スペック欄には
 ・電波の届く範囲 6m
 ・アルカリ電池(単三2本)で100時間使用可能
となかなかのスペックであることが分かりますね!

今では当たり前になった無線コントローラーですが、
任天堂製品では当時まだ珍しく、その先駆けになったのが
このWavebirdなんです。


・使い方

使い方はとってもカンタン。

本製品は
 ・本体コントローラー(電波送信側)
 ・レシーバ(電波受信側)
の2つに分かれています。



このレシーバをGC本体の空いているポートに挿して、
本体コントローラーのスイッチを入れたらすぐ使えます。



本体コントローラーのスイッチはここです。
OFFにしておけば無駄に電力消費はしません。



ただ、使用にあたって一つだけ注意点があって、、
レシーバと本体コントローラーのチャネルを同一に
しておかないと正常に操作できません。

具体的にいうと、
本製品は
「チャネル」
と呼ばれる、簡単に言うと「電波の種類」
16種類から選べます。

■レシーバ側


■本体コントローラー側


受信、送信側でそれぞれ同じチャネルを設定しておいて
正しく操作できるように事前にチェックしましょう。
コントローラーのスイッチをオンにしたとき、

レシーバのランプが緑色に光れば正常に接続できています。

まぁチャネルを変える機能が無いと、2人がWavebirdを使って
スマブラとかやった時に相手のキャラを動かしちゃって
大変なことになるからね・・・w


■Wavebirdの一体何が色粘りに良いのか?

ここまでお付き合いありがとうございます。
ここからが本題。

無線であるだけで色粘りに大きく貢献しそうな本製品ですが、、

「本体とレシーバのチャネルを同一にする」

この仕様を逆手に取ることで
色粘りやその他周回作業で莫大なアドを齎すのです!!!





・・・気が付きましたか?


・・・本体コントローラーとレシーバのチャネルが同じなら動作する、
つまり、、






同じチャネルを使って
1台のWavebirdで複数のGCを操作

すればよいのです!!
※めっちゃ発見したっぽい感じで言ってるけど、結構前々からそう使ってる人多いよ…




イメージは上図の通り。
この例では2台のGCを同時操作する想定です。

例えば、
本体コントローラーのチャネルを「1」
レシーバ1のチャネルも「1」
レシーバ2のチャネルも「1」
とすべて同じチャネルを設定することで。。。

2台のGCを1台のコントローラーで
同時操作できちゃうのです!!



つまりは!!

・ゲームボーイプレイヤーと組み合わせた、
1,2,3世代の固定リセット粘りや、



・時間がどうしても掛かるコロシアム色粘りを
2倍、3倍に効率化したりと!!




様々なシーンで時短できてしまう!!
1,2,3世代では最強の色厳選環境なのです!!
(; ՞ਊ ՞)<スゲェ・・・

とくに「固定リセット」など、
動作、操作が毎回決まりきった粘りには抜群の相性を発揮!!
「1/8192」を「1/4096」へ、更にもっと増やせば
それ以上の確率アップを実現可能です!


■とはいえ、、準備費用が・・・

勿論、この仕組みを実現するために問題となるのが、
色々と準備にお金や労力が掛かる点。

・利用するGC本体台数分のレシーバ、
・GC本体(必要台数)
・GCの映像用ケーブル
・ACアダプタ

・ゲーム画面を映すためのモニタ
等々・・・


結構こまごまと必要になります。。( -ਊ -)
全部合わせてざっと10000円いっちゃうかな・・・

よってすべての色廃におススメできるかというと・・・
残念ながら費用面からみて難しいですね。。。

特に、Wavebird本体。
モノ自体希少で、あんまり流通していないため
これが結構お高い・・・



某フリマアプリ等で覗くと、
5000円程度で扱われていたり。

しかも同じく色粘り用で購入する人も多いため、
「レシーバ抜き」で販売する悪徳業者も!!!
買うときはマジで注意して!!( #՞ਊ ՞)

しかし、こういった場所以外で購入するには中々難しいのが現状で、
たまーーーーーーーーに田舎のハード○オフ(隠れてない)
などに転がっていたりします。

どうせ本体やらケーブルやらを揃えないといけないと
思いますので時間と店舗があれば行ってみるといいでしょう。

テレビなどのモニタについては、
GC側の仕様に合えばよいので、
「赤」「白」「黄」
3つの端子が背面などにあるものであればおk。
よって、使わなくなったテレビやPCのモニタとかがあれば
それを使えばいいでしょう。



卓上の小さいモニタであれば、
Amazonなどで検索かければ結構出てきますよ。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3HD1024-%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4-BNC-USB%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA-%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%86%85%E8%94%B5-%E8%BB%8A%E3%81%AE%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3CCTV%E3%81%AEPC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4/dp/B078H43R77/ref=sr_1_5?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81+%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF&qid=1581238632&sr=8-5


なお、ゲーム配信などを行う方であれば、
台数分のモニタを買わなくても、
キャプチャーボードを使って映像を取り込むのもアリです。

私もその一人で、
「GV-USB2」というキャプチャーボードを
使っています。







(別にAmazonの回し者じゃないんだけどそんな記事になっちゃってるな・・・)

■まとめ

費用面では決して安いとは言い難いですが、
用意さえしてしまえば複数台操作で快適な色粘りライフを送れます!!✌( ՞ਊ ՞)✌
用意さえしてしまえばね!!!

特にコロシアム色粘りは効率が悪いので
出来ればほしい1品。ぜひ検討してみては?!

また別のお勧めしたいガジェットがあった際は
別途紹介したいと思います!

ではではっ 良い色粘りライフを!( ՞ਊ ՞)ノシ

<関連記事>
こんな色粘りで使ってみるのはいかが?
https://ch.nicovideo.jp/anopth-ha-orenoyome/blomaga/ar1317752

広告
×
うーん Wavebirdは いいぞ。
1ヶ月前
×
色粘りってことばが何なのかわからなかった。
コントローラーの色合いの事かとおもったらポケモンかぁ。

年取ったなぁ、俺も
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。