ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

三十路のおじさんは絵がうまくなりたい 103日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

三十路のおじさんは絵がうまくなりたい 103日目

2021-04-15 03:23





    どうも満癒です。
    今日も描いていきます。

    今日は描く前に調べ物をする。2時間ぐらい調べてたかな?
    何を調べたのかというと線の太さとか拡大縮小機能・キャンパスサイズ・解像度とかを調べた。
    線の太さやペンの種類とかで全体の雰囲気が変わるんですよ、知ってはいたのだけど特に気にせず描いていたんですね。
    でも、この頃それの違和感が強くなってきて直したいと感じてきた。
    線の太さも線の色も色を塗った時に影響を与えるんですよね。
    調べた結果はなんとなくわかりましたけど説明するのは
    無理頭悪いもん
    それにめんどくせぇ
    なので今日描く絵は知らべた内容を考慮して描いていこうと思います。

    まずはドローイング




    エロドローイング


    模写 1時間

    今日の模写は「BLACK LAGOON ブラックラグーン」 作者 広江 礼威(ひろえ れい)先生です。模写しててやっぱっカッコいいなと感じる。線が綺麗だから見やすい絵でいて迫力があるんですよね。こういう見やすくて迫力のある漫画が描いてみたいんだよなぁ・・・。
    何年かかるんだよ・・・。

    よし!女の子描くか!
    背景ありを描きたいけど調べた内容の影響を調べたいので普通に描く。
    キャンパスのサイズを1000×1000ピクセルにして描いてみる。
    等倍で描いたほうが良い感じになるとなんか調べたらあったので描いてみる。

    等倍なら描きやすいけど、少し拡大するだけですげーぼやける!!
    アンチエアリス(アンチエイリアス)をOFFにする。
    すげーギザギザして描きにくい・・・。ほんまこれでええんか・・・。


    あかん・・・目が渋々してきた・・・。
    目にわりーぞこれ・・・
    サイズ1000×1000だと全体像描くのに小さすぎねーか?
    ちょっとまってくれ!!
    完成

    バケモンじゃねーか!!
    ざけんなぁ!!
    見えねーよぉ!!ちいせぇーよぉ!!
    失明しちゃうだろ!!
    ええ加減にしろ!!

    仕切り直し

    普通のA4サイズのキャンパスにする。
    やっぱこっちの方が目に優しい
    線の太さを一定にするためにペンの太さは極力変えないようにする。
    拡大・縮小機能もなるべく使わないようにする。
    拡大すると線が太くなっちゃうから、便利なのでほぼすべての作品で多用してた。
    ベクターレイヤーで線の太さを変えずに拡大できるみたいだけど
    ベクターレイヤーはベクターレイヤーで厄介な仕様があるので困るところ。

    今回は無難に描いていく


    ペンもGペンとリアルGペンがあるけど、リアルGペンは使わないようにする。
    リアルGペンはモノクロには良いと思うけど、カラーだと微妙な気がした。
    後、なるべく強弱ない一定の線を心がける。あんま強弱付けると逆に汚くなる気がする。
    たぶん下手なだけだと思うけどね。線の色も少し明るめにする。





    完成



    もう少し修正がしたかったけど時間がなかった。
    柔らかく描けてる気がする。いや、まだわからない。
    たまたまかもしれない
    なので、明日もこんな感じで描いてみる。
    ちなみに比較として真っ黒のリアルGペンで適当に描くと



    めっちゃくっきりで柔らかさがなくなる。
    これはこれで良いと思うけどね。
    まだ色々試して見ないと分からんね。

    今日は調べ物とミスで時間使ってしまったのでこれでおしまいです。
    ご覧いただきありがとうございました。

    103日目 6時間 計 92時間30分 累計 702時間30分

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。