• このエントリーをはてなブックマークに追加
英単語はプロレスで覚えた!?信田式、普段の生活の中で鍛える英語勉強法|アオイゼミ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

英単語はプロレスで覚えた!?信田式、普段の生活の中で鍛える英語勉強法|アオイゼミ

2014-10-24 20:52

    こんにちは!

    オンライン学習塾『アオイゼミ』の英語講師の信田です。

    これから英語の勉強法について少しずつお伝え出来たらと思います。よろしくお願いします!

    さて、突然ですが、みなさんプロレスは好きですか? プロレス技をいくつ知っていますか?

    信田は中学生の頃からずっとプロレスが大好きで、プロレス技を300個以上、流れるように暗唱出来ます。そして、プロレスを通じて英語力を伸ばしてきたという自負があります。

    2b2772af867f50c799556ef8ff82bf043c0f761c

    (大学生の頃の信田。さて、プロレスと英語、どんな関係が!?)


    ここで問題です。

    「 deep in debt  」という表現の意味、みなさん知っていますか?

    正解は、「借金で首が回らない」です。

    先日、高校2年生の授業で登場したものの、非常に正答率の低かった表現であります。


    ただ、同じ名前のプロレス技があるので、プロレスファンであれば、答えられる問題なんです。
    (ちなみに首をじわじわと締め上げ窒息させる嫌らしい技です。。)

    そう、プロレス技には英語で名付けられたのものが多いので、プロレス技とその意味を知っていれば(実況の人が解説してくれることも多いです)、自然と英語の知識も増えていきます。


    さあ、みなさん、プロレスを好きになろう!!

    と、声高々に叫びたいところですが、好みもあるので無茶なことは言いません。

    ただ、プロレス技に限らず、「好きな歌手の曲」や「映画の題名」、「お店や日用品の名前」など、我々の日常には、英語で名付けられた物が溢れています。


    興味があるものだけでも構いません。

    なんとなく、カタカナを見てわかった気になるのではなく、一手間かけて意味を調べてみましょう。

    意外な意味に驚いたり、納得したり、英語の勉強になるだけでなく、興味がある物への理解を深めるよい機会になるはずです。


    さて、アオイゼミでは、毎週、月曜日と火曜日に高校英語、水曜日には中学英語のライブ授業を配信中です。

    ライブ授業の醍醐味は何と言っても質問出来ること!

    「こういう時ってなんて言えばいいの?」「こんなタイトルの歌があるんだけどどういう意味?」

    などなど、素朴な疑問にも時間の許す限りお答えします!


    アオイゼミにはiPhoneアプリAndroidアプリもあるので、スマホさえあれば、いつでもどこでも勉強ができます。

    ダウンロードもライブ授業も無料なので、お気軽にお試しください♪
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。