ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

オススメの島本和彦漫画5選を紹介するぞ!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オススメの島本和彦漫画5選を紹介するぞ!!

2017-01-24 22:28
  • 1
皆様「島本和彦」という人物はご存知でしょうか?
線の太さと熱血とギャグという圧倒的個性で既に十年以上漫画家をやっている大ベテラン漫画家です。

今回その島本さんが現在連載している「アオイホノオ」が連載100回を迎えるというので
「サンデーうぇぶり」にてアオイホノオの前身ともいえる燃えよペン」「吼えよペン」「新吼えよペン」をなんと一日一巻ずつ無料で公開するという大太っ腹企画をやっています!!!

ただこの一日一巻開放、なんと明日が最後です。早いとこ紹介しようと思ってたのにバタバタしてて気づいたらこんな事に、、なんでいつ無料期間が終わっちゃうかわかりませんが是非読んでください!


そして今回は「この人の漫画面白いな!他の漫画も読んで、、、多いな!!どれから読んでいいかわからんぞ!!!」という方に向けて結構前からファンな自分が「これは是非読んでほしい!」と思った島本漫画5選を紹介したいと思います。

ちなみに大作家なので本来島本先生と呼ぶべきなんでしょうけどなんか先生呼びって信者っぽくてアレやなって前から思ってるので今回は普通に島本さんと呼ばせてもらってます。


----------------------------------------------------------------------------------------------
逆境ナイン

主人公不屈闘志が名前の通り様々な逆境に不屈の精神で立ち向かう野球漫画。
自分の中では島本作品で1、2を争うの超傑作です!

どんな内容かはニコニコ静画の電子書籍で31ページ無料で読めるのでこちらを読んでもらったほうが早いです。

逆境ナイン(1)


一番お気に入りのシーンは2枚の板を出して「どっちか選べ!」っていう場面。
このシーンはホント熱い!

連載が終わっても根強いファンが多かったのか後に実写映画化しました。
実際に公開された時観にいったんですがコチラも面白かったです!

----------------------------------------------------------------------------------------------
燃えよペン/吼えろペン/新・吼えろペン

島本さんの代表作といえばやはりコレ。
スパークする漫画家炎尾燃が色んな障害を乗り越え締め切りとかと戦う話です。
ギャグ漫画でありながらメッセージ性も強いです。
登場人物に実在する漫画家をモデルにしたキャラがたくさん出てくるのも見所ですw

先ほども書きましたが
今なら無料で全巻読めるので是非読んでください!

----------------------------------------------------------------------------------------------
アオイホノオ

島本和彦さんが実際に体験した話を上記吼えろペンの主人公炎尾燃を主人公にして
漫画にした自伝風漫画。

こちらも実在する漫画家やアニメーターが出てきます。というかエヴァや最近ではシンゴジラで話題の庵野監督が初期の頃は裏の主人公みたいな扱いになってます。

で、こちらも最新作なだけあってニコニコ静画で購入出来るんですが
なんと今なら3巻まで無料で読めます! しゅごい!!

あとこの漫画もこないだドラマ化したんですが出来が凄い良かったのでオススメです!


----------------------------------------------------------------------------------------------
仮面ボクサー

仮面ライダー大好きで石の森章太郎さんを師と仰ぐ島本さんが描いたボクシング漫画。
一部設定は仮面ライダーっぽいとこもありますが中身は全然別物ですw

どんな漫画かと言われるとこんな漫画です。




残念ながら電子書籍は見つからなかったので家にあるのを写真撮りました。

記憶がたしかなら島本漫画との出会いがこれで以降島本作品を買い漁るようになった思い出深い一冊です。単行本1巻だけなので非常にテンポも良く島本さんらしいギャグ、パロディ、そして熱さが入った入門書にオススメな一冊です。

----------------------------------------------------------------------------------------------

とここまでで4選まで紹介しました。
仮面ボクサー以外の3作は島本ファンなら読んでて当然といえる定番アイテムです。
この3作は島本作品の代表作や最高傑作として挙げられる事も多いんですが、あまり有名ではないけど個人的に島本和彦さんの代表作に挙げたい作品があります。

それがこちら



ワンダービット


ぶっちゃけこれを紹介したくて今回の記事を書きました。
ドラマとかにもなってない結構マイナーで読んだ事ない人も多いと思いますので内容を簡単に言うと世にも奇妙な物語やアウターゾーンや藤子F不二夫さんのSF(すこし不思議)短編作品みたいな感じをイメージしてもらえたらいいかなって気がします。

部屋の穴の向こうにもう一人の自分がいたり、ポットが自分の意思を持ったりどこに行ってもナスが現れたり、ランプの魔人が出てきたりします。

一話完結で世界観やキャラも毎回変えられるからか他の作品よりメッセージ性の強さが強く一話一話がやたら濃いです。

一番お気に入りの話は最終話の「死ぬまでゲーム」ですかね。
電子書籍とかは残念ながら無いみたいですが今調べてみたらamazonとかで古本が1円(送料は負担)で売ってるので興味を持った方は是非読んでください。

ちなみに「ワンダービット~インサイダーケン編~」という作品もありまして、こちらもワンダービットという名前はついてますが全くの別物と考えておいたほうがいいです。


以上が自分が選ぶ5選です。
勿論これ以外にも 初期の代表作で色々荒削りな所が逆に新鮮な「炎の転校生」や、らきすた内でもアニメ化された「アニメ店長」、そして現在連載中でアニメ化も決まった「ヒーローカンパニー」など挙げたらキリがないくらい面白い漫画がたくさんありますので是非色々読んでいただきたいです!!
------------------------------------------------------------------------------------------------

ブロマガ以外にも絵や動画など色々やってます。
動画】【静画】【pixv】【ツイッター
【ブロマガ案内ページ】

------------------------------------------------------------------------------------------------


広告
×
ワンダービットが一番面白かったかな。当時LOGINで連載してたの読んでたけど短編物として、いい話が多かった。
51ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。