ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【実録】残業代が無くなった結果、会社はこう変わった。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【実録】残業代が無くなった結果、会社はこう変わった。

2014-06-10 00:02
  • 115

どうもお久しぶりです!
一時期色々と忙しすぎて絵を描いたり日記を書いたりが全然出来なかったんですが
転職して最近ようやく時間が結構取れるようになってきました。

これを機に絵や日記を書き溜めて7月か8月くらいに更新強化月間でも設けようかなと
色々書き溜めてるんですが、なんかニコニコのトップにブロマガのブラック企業特集が組まれてたので ちょっとこの話だけ先に公開しようかなと思った次第です。


さて最近「ホワイトカラーエグゼンプション」とかいう名前だけはカッコいい「残業代ゼロ法案」が色々話題になってますね。
最初は高年収の人だけが対象だったから自分達平民には関係無かったですが最近になって「幹部候補」なら誰でも対象となってきており世の社員がみんな幹部候補になりそうな未来を予感させます。


そこで今回はそのテストケースとして、自分が以前勤めていた「最初は残業代がついてたけど、後になって残業代がつかなくなった会社」の事を書いてみたいと思います。


------------------------------------------------------------------------------------------------
■残業代が無くなった経緯


自分がいたのは埼玉にある販促のデザイン会社だったんですが、残業代がついてた頃は
結構仕事があり利益も営業目標には届いてないまでも十分な黒字でそれなりに上手く
回ってました。
忙しい時は終電ギリギリまでやったりしてましたけど、基本的には21~22時頃には帰れるデザイン系の会社にしてはマトモな部類でした。なにより残業代出てましたし。
超やばいくらい忙しくて毎日のように終電だった月は残業代だけで8~9万くらいもらった事もありました。

仕事内容も結構やりがいがあったので自分は割と満足して働いてたんですが、働き始めて3年くらい経った後この状況が激変します。
業界内に大きな変革があって自分のいた会社は勿論、業界内の景気が一気に悪くなったんですね。


営業成績は目標未達なんて話じゃないくらいに届かなくなり元々満額出てなかったボーナスも
お小遣い程度の額になるようになりました。そしてここで経営陣に呼び出されて言われます。
「今度から裁量労働制になるから。」と

裁量労働制とは詳しくはググってほしいんですが、要は「仕事は貴方達の裁量にまかせるから、いつやってもいいしいつ帰ってもいいよ。でも給料は定額で残業代とかあとから追加されるものは無いよ」というものです。
でもその割には朝礼が普通にあって遅刻すると怒られましたし、いくら仕事が減ったといっても定時より早く帰れるわけないのでただ残業代が無くなっただけでした。

一応裁量制になった際給料も多少上がりはしました。


------------------------------------------------------------------------------------------------
■残業代が無くなれば皆が早く帰るというのは本当か?


さてここでちょっと話がそれるんですが、例の法案。通したい人の主な主張(というか建前)が「社員は残業代をもらうためにダラダラ仕事をしているので残業代が無くなれば生産性が上がって早く帰るようになる。」というものです。

これに関しては「ダラダラ仕事なんてしてねーよボケ!!」って言いたくなる人も山程いると思いますが自分はこの意見も一理あるとは思います。

今回の会社より以前に派遣で行っていた会社が大手会社の子会社で元々月給は安めに設定される事もあって、社員の人達は残業代をもらうため それはもうダラダラダラダラ仕事してたんですよね。
自分も派遣で来てはいたけれど本気を出したら昼前後には仕事が終わってしまう為ゆっくり仕事して定時でサッサと帰ってました。

んで今回の会社もたしかに忙しい時はやばかったですけど、基本的に「仕事が速い人にたくさん仕事がまわされてしまう」という所だったので仕事が早い人ほど損をする関係上、ピークの時はさておき、普段はそこまで皆本気を出して無かった気がします。遅くなれば残業代も出ますし。

で、残業代が無くなった結果長くいても損しかしなくなった事で「効率よく仕事をして早く帰ろう」という意識が少なくとも自分が所属していたチームには芽生え、テキパキ仕事をこなした事と、仕事が大幅に減った事もあり大体20時、早いと19時半頃帰れることが多くなりました。

残業代が無くなる→長くいても良い事無いため皆が効率よく仕事をするようになる。
ここまではその通りとは言えないまでも一理はありました。

ただし問題はここからです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

■残業代が無くなると企業は人を雇わなくなる。

会社の業績はますます悪くなり(ていうか目標が業界全体がバブルだった時の頃から変わってないんだから元々無理がある。)前から入れ替わりの激しい会社ではあったんですが、残業代が出なくなった事に納得できない人や、それ以外の理由(大体こっちの方が多かった印象)で人が続々と辞めていきます。


が、人の補充がされません。


会社の言い分としては「売上が悪いので人件費は出来るだけ省きたい、そもそも仕事量が減ってるんだから人も当然減らすべき」という主張です。

でも多分本音は残業代を払ってた時は下手に人をたくさん残業させるより人を増やしたほうがいいという考えで人を雇ってたのが
残業代を払う必要が無くなった事で今いる人達によりたくさん仕事をこなしてもらったほうが当然利益が上がる。という考えだと思います。


その結果社員が一気に半分近く減りました。


20時くらいに帰れたのが元に戻って22時くらいになりました。しかしこなす仕事量は以前より大幅に増えているので時間は同じでも疲労度は比較になりません。

それでもなんとかこなせる仕事量だったので頑張れてました。しかし営業目標には全く届いてません。
そもそも営業目標に全然足りてない現状でなんとかこなせる仕事量なので目標に到達する売上を達成しようと思ったら今の人数じゃどう考えても足りてないです。

「もしこれで仕事が増えたらどうなるんだろう、、」と、増えないと困るけど増えたら増えたで困ると言う状態に。


------------------------------------------------------------------------------------------------
■そして毎日終電モードに。


実際に大手会社からの仕事が一気に増え仕事量がとんでもない事になりました。
詳しくはこっちの日記にも書いてるんですが、ほぼ毎日終電帰りでも追いつかないので終電で帰って始発で来る、場合によっては休日出勤、人によっては泊り込み(今まではほぼ無かった)で仕事をする人もいてえらい事に。

でも会社の業績を上げる為社員全員で一丸となっていくつかのトラブルも発生したけど、
なんとか、本当になんとか仕事を終わらせました。しかし

「今月は結構良い成績を残せたけど通期じゃ全然赤字だから皆のボーナスはお小遣い程度ね。」

と言われました。そらモチベーションも駄々下がりです。
てかこんだけやっても駄目だったら それもう破綻してるだろと、、、

自分がこの会社を辞めたのは色々な理由があってなんですけどいくら頑張っても会社が上向かないという事が大きかったです。
実際今働いてる会社も残業代出てないですし給料は前の会社の時より低いブラック会社ですけど、それ以外は前の会社と比較にならないくらい良いので結構満足して働けてますし。

------------------------------------------------------------------------------------------------
■残業代が無くなったら余程景気の良い会社じゃない限りブラック化する。 ←結論


以上が自分が実際に体験した会社から残業代が無くなった結果の話です。
あくまでも一例であり全ての会社がこうなるとは限らないでしょうけど、実際残業代を払わなくて良くなるのに定時前後で社員を帰らせる為に人を多めに雇う会社が一体どれだけあるのか疑問です。

人が雇われなくなったら当然就職率も低下しますし、早く帰れなくなったら帰りに店に寄って消費する余裕も無くなるので景気も悪くなります。

残業代が無くなっても経営者以外誰も得しないと思います。

個人的には残業代無しでその分定時で帰れるならそっちの方がいいと考えてる人なので、残業代を払うよりも、その分人を多く雇ったほうが人件費が安くなるって方向で改善していくべきなんじゃないかと。
------------------------------------------------------------------------------------------------

ブロマガ以外にも絵や動画など色々やってます。
動画】【静画】【pixv】【ツイッター
【ブロマガ案内ページ】

------------------------------------------------------------------------------------------------



広告
他105件のコメントを表示
×
人に投資しなくなった会社が業績上向いたの見たことないわ
81ヶ月前
×
そもそも残業代をなくせば効率が良くなる(悪くなる)という安直な考えがよくないと思われ。そういう単純なことじゃない気はするんだけどなぁ。来年から就職だから社会の詳しい現状は分からないからこれ以上は言えません
81ヶ月前
×
そういや友達も残業代出なくなってからブラック化してきてるな。
作る物は違えど同じ工場勤務で同じ生産業なのに。
残業手当付かないのに遅くまで残ってたり。
81ヶ月前
×
残業代が出なくなった時点で
多くの人が会社を見限っているのがわかるだろう?
残業代どうこうは会社を選別する大きな基準だしね。
81ヶ月前
×
残業を減らす(無くすのは不可能)のと残業代を無くすのは似て非なるものだと思うが
81ヶ月前
×
なるほどなー読み易い記事でした。残業代無くせば時間内に効率よく仕事しようとするのは事実だよね。
ま、仕事増えた時に金出ないとモチベが急降下するのも当然だよね。
・・・ヤバイわ。うちの会社。工場長がワタミの会長みたいことほざいてるし・・・
81ヶ月前
×
物凄い量の閲覧、コメント、マイリスト他ありがとうございます!
6月に書いた記事が何故か今になって拡散されたのでビックリです。
コメント量が多すぎてひとつひとつに返信は出来ませんが全て目を通させていただきました。

ツイッターで拡散されてるのは知ってるんですが、他にもどっかのサイトで紹介されてたりしたんでしょうか。
ブロマガはアクセス解析とか無いので私気になります。
81ヶ月前
×
>>48
公務員が天国みたいに言われてるけど、予算ギリギリの警察と消防と自衛隊を除いた公務員、つまり地方自治体の公務員は今ボロボロだよ
少子化からくる労働人口(納税人口)の減少から赤字団体に転落する地方が大多数だ

それに加えて「現状を知らないまま叫ぶ公務員を減らせコール」で必要な人数すら揃ってない
この揃ってない人数を補うため、市役所や県庁ではパートやアルバイトで事務処理や現場処理を回している状態だよ
にも関わらず、どこの地方の窓口でも銀行サービスも真っ青な「ニコニコ案内人」やら「生きた何でも掲示板」やら「代わりに使いっ走る係」が各所に配置されて頑張ってる
※映画の影響もあるが

既に市役所と県庁ではコストの高いパートやアルバイトに支払う賃金が膨れ上がっている
教育に金はかかるのに経験値は溜まらない状態ってやつだ
普通に公務員を増やしたほうが安いが、それは「公務員を減らせ」だからできないしな
※公務員を減らせと言うと票が入るので、政治家は知ってるが国民には知らせない

そもそも公務員は不況時にこそ仕事量が増える
不況に合わせて人を減らすには、国民総ナンバー制でも導入しないと書類仕事が減らせないよ
そして総ナンバー制に反対してる政党が公務員を減らせと叫んでる
どないせーっちゅうの状態だ

給料は変わらず残業すら無く、もっと人が減るのに仕事だけは増えていく
やる仕事の種類も量も増えるだけで減らない
成績制じゃないからどんなに頑張っても上には行けない

公務員ってやつは既にブラックだよ
だから景気の良い時は希望者も減るってわけだ
81ヶ月前
×
裁量労働制とは何かをわかってないブラック限定のお話で、
この事を以って日本型新裁量労働制に憂いを持ったと言われてもちょっと違うんじゃね?と思った
81ヶ月前
×
これはブラック要素のある会社が
これで表面化しただけなんじゃ?
因果関係が逆なのではと思う
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。