[自由推論]公共事業と税金を芋に例えると…?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[自由推論]公共事業と税金を芋に例えると…?

2019-04-11 06:00
    どうも、こんにちは。
    経済論は勉強不足な立場でちょっと想像してみました。

    先日、選挙がありましたね。
    さまざまな候補者が選挙運動をしていました。
    その中で「公共事業を減らし〜・・・」とあって、ふと考えていました。


    例えばの話。
    さつまいもなどの芋類は、「種芋」を畑に植えて育て、実を収穫します。
    収穫した実の中で、次の種芋の分を残しておきます。

    すべての収穫した芋を食べてしまえば、次に育てる芋はなくなってしまいます。
    しかし、すべてを種芋にしたら、食べ物がなくなってしまいます。

    これを公共事業に例えたらどうなるか。

    すべての税金を市民に還元したら、つまり、税をなくしたら、
    公共事業はなくなってしまいますから、未来への投資や期待はなくなってしまうのでしょうか?

    逆に、すべての税金を公共事業に充てたら、市民に還元する部分がなくなってしまうのでしょうか?


    [終わりに]
    時々活動しているコミュニティ(co2075108)です。
    よろしくお願いいたします。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。