• カビキラー合作2019 Karakuri Spiritsパート 編集後記

    2019-11-30 20:22
    apostropheです。

    すごい動画が投稿されてましたね。

     カ ビ キ ラ ー 合 作 2 0 1 9 
    k a b i M A D - s y n t o u r y o k u . k i l l e r

    いや~全部いい…素晴らしい…
    なんで自分が参加してるんだ…

     というわけで、なぜか自分も参加させてもらってたので少し何か書こうかな~という次第です。思いついたままに書き殴っているので雑多で長文ですが、その点ご了承ください。
    パート単品もあります。(というかむしろこれ解説したかっただけ)

    参加経緯・パート決め

     6月頭、youtt6さんからTwitterのDMでお誘いを受けます。その時点ではパートがいくつか既に決まっていた段階でした。
     この時は基本的に他の合作のお誘いを受けても断っていました。(リアルでの色々があったとかで)
     参加するかどうか迷いましたが、「製作期間が6月~10月の5ヶ月予定」と言われてそれくらいの期間なら余裕あるし大丈夫かな~と思い受諾。音MADの合作、初参加です。

     その後空いているパートのうちどれにするか自分の中で選んだ結果、
    1. on and on パート
    2. Karakuri Spirits パート
    の2択まで絞りました。もしon and onパートをやるなら自分が令和れいわレイワシリーズの動画を投稿してたのでどこかに入れようかなぁと考えてました。

    (一応シリーズ化したきっかけになったと思われるので少し思い入れがありました)

    ですが、それ以外がさっぱり思いつかない状態でした。それまで自分が作ってきた動画群は「少ない素材でどのくらい時間が稼げるか」みたいなのばっかりだったので、カビキラーの素材の量では整理ができなかったんですね。というか素材多いなカビキラー。すごいなyoutt6さん。
     構想を迷っているうちに魔導音主さんがon and on担当になったので、「あっ、じゃあもう1個の方でいいや」って感じでスパッと決められました。ありがとう魔導音主さん。

    動画作成のいきさつ

     かくして動画作成に移るわけですが、大まかな構成は素材フォルダを見た段階で決まっていました。DLしたスターターキットを眺めていた時になんとなく、

    芸人素材思ったよりあるのにほとんど見たことない

    と感じました。以前から芸人MADを作ってきた身としては、この日の目を見ない素材群をなんとか使ってあげたい…!
     そこでぴったりなのがKarakuri Spiritsでした。

     Karakuri Spiritsと言えばTomodachi Spiritsに始まる芸人素材への一転攻勢です。一体いくつのアニメMADが芸人MADに変わったことでしょう。

     芸人素材の活用はここしかない!と思い、Karakuri Spiritsで作ることにしました。

     以下が単品ですね。

    ちなみにCM素材は未使用です。(唐突な縛りプレイ)

    動画解説

     ここからは素材の詳細や動画の説明をざっくりとしていきます。(ようやく本題です)
     説明の前に、素材の収集に関しては自分は全くかかわっていません。合作についたコメントに「どっから素材見つけてくんだよw」とかありましたが自分が一番知りたいです
     あと、合作に現れた素材特定コメントは自分です(別にこのブロマガ書くためにメモとしてコメントしたとかではないです、悪しからず)

    素材① ロバート



     2016年11月7日に新宿の髙島屋1階で執り行われた 「カビキラー"浸透スピード3倍"高速バドミントンCHALLENGE」プレス発表会イベントの映像です。チャレンジ開始前のトークシーン、高速バドミントンシーン、インタビューシーンがあり、素材としては十分な量でした。
     セリフ合わせにおいて、「カビキラー」「カビ」に関してよりも芸人としてのインタビューが多かったので、カビキラー色を出すためにカビに例えた部分のみ抜き出しました。
     あと、前半(と後半の一部)の音合わせはバドミントンチャレンジでのシャトル発射音に使われた「カビには断然カビキラー!」の音を使っています。CM未使用。イベントの録音環境のおかげで普通のCM素材よりも音が少し濁った感じになって、いい感じに差別化出来てるかな~と個人的に満足してます。



    素材② ダウンタウン



     1993年6月27日にオンエアされた「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」第185回の中から、トークコーナーでのハガキです。ちなみに放送内2つ目のハガキです。ハガキの内容は「カビキラーの容器にカビが生えていました」。知らんがな。
     何せ素材が他と比べていかんせん古い。二人とも若すぎる。どうやって見つけてきたんですかねこれ…(自分が素材発掘したわけではないので何とも言えない)(youtt6さん教えてください)
     トーク内容が充実してるのでセリフ合わせにはほとんど困らなかったです。むしろパートが短すぎて使い余しています。後述のYTPMVパートで音合わせするときに長音が少なかった(あっても音のアタックが強いか笑い声のノイズがあったため他の音と合わせづらかった)のが難点でしたかね。シンセ化はしてなかったので。

    素材③ 原田泰造 (ネプチューン)



     2018年12月17日にオンエアされた「ネプリーグ」でのコーナー「3rd STAGE ハイパーボンバー」での一幕。サブタイトルは『ライバル対決!京大VS東大!今年最後の戦いに勝つのはどっちだ!』で、東大チームと京大チームで競っていました。該当の問題は京大チームの第2問。
     youtt6さんがMADで使っていたので見覚えある人もいたのではないかなと思います。動画の特性上カビキラータグはついていないですが。見たことない人は見よう。


     10個の掃除用洗剤を答える問題で未解答だったものを聞かれたときの泰造の答えです。素材としてはここしか使っていないです。少ない。放送では解答者の映像は右下にワイプで出ているだけなのでそこだけ拡大して映像に使いました。この後にあるYTPMVパートでは正解音を素材にしています。唯一素材が本人の声ではないですね。

    素材④ はなわ



     おそらくMAD作者には一番浸透しているであろうカビキラー芸人素材。2018年5月29日にYouTubeで公開されたMV「夏だ!家族だ!大そうじ!」の素材ですね。MV内では家族で出演しています。結構最近の素材なんですねこれ。
     芸人素材の中では歌わせるのに一番適しているので後半の人力を割り振りました。あとは素材の歌そのままを裏で歌わせたとかですかね。ちなみにカビキラーのほかにパイプユニッシュやスクラビングバブルについても歌ってますが、今回は使いませんでした。


     使用した素材の解説は以上ですが、1つだけ入れようか迷ったのが素材があります。仲本工事のCM素材です。

     本人がカビキラーやカビについて何か言及するシーンがなかったのも採用しなかった理由としてありますが、それ以前に、前パートの伊賀忍者屋敷BGM担当のyoutt6さんが「古いカビキラーCM中心」と方針を示していたので、もしかしたら使うかも…?と思ってあえてやめました。結果的に繋ぎ部分で使われました。意識したものかは分かりませんが、思惑通りだったので良かったです。





    YTPMVパート



    ざっと本編を流して素材を認知させた後にYTPMVですね。それぞれの音の割り振りは以下の通りです。
    • メロディ:ダウンタウン
    • ハイハット:秋山
    • その他ドラム:馬場
    • ベース:山本
    • アルペジオ:泰造
    • 歌:はなわ
    こだわった点としてはそれほどないのですが、ダウンタウンやロバートの素材は立ち位置を意識して映像を配置したりパンを振ったりしています。パン振りはあまり振ると違和感が出るので抑え目ですが。あとアルペジオ部分は事前にピストンコラージュで打ち込んで納得のいくものにしました。




    このあたりの歌詞改変や演出で分かる人には分かると思いますが、動画構成の一部はバトルドーム合作のリスペクトです。

    こっそりパート最後の方だけ前述のシャトル発射音の音程をバトルドーム合作に寄せたりしています。合作だと次パートと被っているので分かりづらいです。本当はグリッチ編集も入れようか迷いましたが面倒だったので大多数が気付かないと思ったので止めました。

    原西要素



     先ほど言及した通り、Karakuri Spiritsと言えば原西の「なあなあなあなあ友達なってーな」のギャグです。一転攻勢で原西が出てきて踊るシーンが代名詞ですが、あくまでもYTPMVパートではカビキラー芸人素材のみ使いたかったので、踊らさせる方針は早いうちからなかったです。その代わり、最後の方に「おれはとてもいいやつ~」の部分で何かしら入れようと考えていました。
     しかしここで問題なのが次パートとの競合。otoMAD-synthesis.midではイワシがつちからはえてくるんだパートの裏でKarakuri Spiritsが流れているので、このメドレーの合作ではイワシパートの最後に素材に「○○はとてもいいやつ~」と言わせることが多いのです。そこで重複を避けるため、「原西にカビキラー関連のセリフを言わせる」ことにしました。言わせるセリフとしては語感がしっくりきた「泡がついて離れない」をチョイス。
     セリフを言わせるにあたって、「つ」「い」の部分を「おれはとてもいいやつ~」、「て」の部分を「なあなあなあなあ友達なってーな」のギャグから引っ張ってきています。




    字幕については最後の方だけ半角っぽくしました。シーンチェンジで隠れてしまいましたが、合作でもちらっとだけ見えます。


    これは自分の音MADかな?ってわかってくれる人向けのセルフリスペクトみたいなものです。

    この動画内の表現です

    さいごに

     参加者の中で自分が一番投稿歴が浅く、周りが音声映像ともに強い人ばかりだったので非常に恐縮だったのですが、他の人の単品を共有フォルダで見てると表現や音作りで大変勉強になりました。このような合作に招待していただき本当に感謝です…。他のパートのクオリティが高い中で自分が入って大丈夫か不安でしたが、全編通してとてもいい作品になってよかったです。
     本当は個人作も投稿したかったのですが、投稿祭には間に合わなかったのでまたいつか投稿したいですね…

     とにかく、合作お疲れ様でした!ありがとうございました!

  • 広告
  • デデデデビュー!編集後記

    2019-01-27 19:30
    そのとき空から…
     不思議な光が降りてきたのです…
    \あっ…あれは誰だー?/ \ダレダー/ \だれだー?/

               \  ┴ /_ .┼─‐ヽ   /   _|_〃     . ||   
                \ 二 |土   | __|   . /__ .  / _ ー── ||  
                 \□ |土_ ノ (_ノ\ /  し / (_      . o /

                         ,. -ー冖'⌒'ー-、
                        ,ノ         \
                        / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
                        {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、   
                       /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
                     ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
                    / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
                   ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/
                   人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\          ※イメージ図

    apostropheです。

    今更になりますが「デデデデビュー!」編集後記です。

    ダレナンダー!


    みてね

    影莉央さんのブロマガで「ヤヤヤヤ大和亜季編集後記」をやっていたのでその形式にちょっとだけ便乗します。影莉央さんごめん。

    https://ch.nicovideo.jp/kagerio326/blomaga/ar1710782

    \デェェェェェェェェェェェェェェン/


    こっちもぜひみてね


    目次

    1.着想~製作開始まで
    2.音声・映像制作
    3.終わりに


    1.着想~制作開始まで

     皆さん上記の動画を見ていただいているのでわかると思いますが、完全に出オチです。デデデデ出オチです。
     そもそもなんでこの素材にしたのかを簡潔にまとめますと、

     ・安部菜々担当Pとしてなにか音MAD作りたい        ←わかるわ
     ・BBEMYBABYやソロソロイドなどのMADを見る       ←わか…る…?
     ・何か新しい素材は…ん?
     この動画の1:13付近~
     ・この「誰だー!」って声が主体でMAD作られてないような…ハッ! ←わからないわ
    といった経緯です。

    (ちなみにこの記事書きながら探したら似たような着眼点で伊尻兄貴が作ってました、検索不足…)

    (でも「誰だー!」の声だけで1分以上ゴリ押す動画はなかったです…ないよね?)
    元々曲が素材シリーズはすきだったので、いつかやろう、と。

    曲に関しては、ダダダダ天使の音MADが出始めた頃に、
    「他のナユタン曲同様増えるんだろうな」とは思って目をつけていました。

    初期だとこの辺すき

    とりあえず素材×曲の組み合わせを思いついたのは11月頃。
    ぶっちゃけ同じ発想持ってた誰かが作ってくれると思ってたけどいつまでたっても来なかった

    ちなみにもう1つの「素材持ってない」って言ってる方は既に作成済み。以下の動画です。このためだけに持ってなかったお散歩カメラ買いました誰かFull作って。

     他にも以前使用した事のある素材であるダイナモ感覚(ダイナモシリーズ)とダダダダ天使の組み合わせも思いついてはいましたが、これこそ誰かが作ってくれるだろうと思っていたので放置。結果的にみらいおさんが作ってくれました。


    2.音声・映像制作

     音声を最初に作成したのは以下の時ですね。夜に寝ずに深夜テンションで作ってしまったものです。この段階ではまだプロトタイプ状態でした。



    ・音作り~打ち込みまで
     まず最初に素材の切り取りですが、いかんせん素材が少ない!(当然)
     左右で別々の「誰だー!」に振られているので、左チャンネルと右チャンネルで分けてどちらか一方の声を抽出して出力しました。ステレオではなくモノラルです。左右合わせて8種類しか素材が抽出できない。少ない。「あ!」「あれは誰だ?」「誰だ!」「誰なんだー!」


     次にシンセ化です。サビ前の歌(?)やイントロ部分等で使ってる音ですね。順番で言うと一番最後の「誰なんだー!」の「だー!」部分です。ただし、ウサミンの声(「それは…」の冒頭)と被ってしまうところはカット。
     余談ですが、実は最初の頃はサビ前を歌わせようとしていました。が、「あ」「え」しか母音がないのと、当時の自分はVocalizer(簡単に言うと素材にない母音を作れちゃうツール)の使い方を知らなかったので断念しました…


     後は適当にREAPERで打ち込んで終わり(構成の詳細については後述)…ですが、オチの部分はどうしようか迷いました。候補として挙がっていたのは、

    1. 最後まで誰だかわからずに終わる
    2. 正体が明らかになり、菜々さんがやっと歌える
    3. 他素材の割り込み
    です。
     3.は他の素材を色々突っ込めそうだったのですが、あくまでも「メルヘンデビュー!」だけでどこまで作れるかをやりたかったので没。一応入れるとするなら
    • アニメ16話でウサミンにあれ誰ー?って言ってた少年
    • デビルマン
    • 科学忍者隊ガッチャマン
    • だーれだ! / Who is that Pokémon?
    • スペースコブラ

    とかですかね…?

     1.と2.で迷いましたが、サムネイルだけ公開したときに思ったより反応があったので、このままおっさんの声だけでは菜々担当Pに殺される…と感じたのとずっと知らないおっさんの声を弄っていたので、最後くらい担当のボイスを聞きたい!という思いから2.を選択しました。結果的にコメントで「誰?」の流れができて救われました。(でも「ナナです!」って名乗ってるんだけどなぁ…)

    ・構成
     構成、特に動画作りはどうしようか悩みました。何せ全て合わせて5秒あるかないかの素材です。単調にしてはいけないので、同じような音でも視覚的に違うように感じるよう努めました。
     全体の流れとしては、以下の通りです。
    1. 「誰なんだー!」の素材紹介
    2. あれは誰だ?のコーナー
    3. サビ前歌(?)に割り込んで入ってくる新参おっさんPを逮捕→捕まえてるの誰?
    4. サビ(目元や口元をチラ見せ)
    5. ウサミンのターン

    1.「誰なんだー!」の素材紹介
     とりあえずハモらせる。意外と綺麗なハモりになりました。

    2.あれは誰だ?のコーナー
     1.のパートのアイテム全てを逆再生してるだけ。里奈とかレナとか聞こえたので字幕を入れました。担当ならわかるはずなんだがなぁ

    3.サビ前歌(?)に割り込んで入ってくる新参おじさんを逮捕→捕まえてるの誰?

     新参おじさんの動きはJUST DO IT リスペクト。動画にメリハリがついていい感じになりました。素材チョイスの段階からケツスパさんにお世話になり過ぎている…


    あと歌詞に被るおじさんとか、捕まえてる人物が違うとかのネタなどなど。
    あんまりコメントじゃ触れられてませんがね

    4.サビ(目元や口元をチラ見せ)

     「誰」が「ダーリン」に聞こえる部分があったので英語にしてぶっ込み。脳内ではずっとMr.Childrenのしるしが流れてました。 
     誰田誰って誰だよ。
     音が物足りなかったので入れたアルペジオ部分はオリジナルという名目の適当打ち込みです。多分不協和音とかは大丈夫…だと思います。
     あとチラ見せしてる部分は、当初はパーツを一部ヒントとして見せてクイズ形式にしようとしていた時の名残です。

    5.ウサミンのターン

     サムネ詐欺ポイントですね。ここの「ブイッ!」の文字だけ書きました。


     実は思いついた当初、サムネ統一シリーズにしようか迷っていました(MVの光が当たるシーンにしようとしてました)。ですが、サムネ映えしないシーンであることなどから没。

     その後、ふと「サムネを菜々さんにしておけばウサミンMAD目当てに釣れるのでは?」と思い、その方針にしました。投稿して間もなく「そっちかよwww」「お前が誰だよ」「こっちが聴きたいわ」とコメントしてくれた皆さん、ありがとうございます。ごちそうさまです。

     動画としての一連の流れはこんな感じです。
     
     他のこだわりとしては、動画内で使っているウサミンの切り抜きも[CDデビュー]安部菜々・[CDデビュー]安部菜々+に徹底したところですかね。これらの切り抜き画像は影莉央さんから頂いたものです。ありがとうございます。本当すいません。

    何一つ嘘は言ってない(言い訳) 最初に連絡したのも朝方でした、本当に申し訳ない…


    3.終わりに

     本当は正統派なウサミンのMADを作るはずだったのが、変な思いつきから道が逸れてしまい、この動画が生まれました。結果、投稿した日の動画IDツイートが100件に上り、現在は広告も金枠となり、音MADの代表作が自分の担当しているアイドルを応援している知らないおっさんの動画になりました。

     とりあえず誰か、ウサミンのダダダダ天使を作って…


    その他クレジット
    切り抜き画像提供:影莉央さん(https://www.nicovideo.jp/user/28849911)
    見てくださった視聴者の皆様
    コメント・マイリスト・広告してくださった方々
    この記事を最後まで読んでくれたあなた

    ありがとうございました!

    影莉央さん振込先は何処ですか

    使用ソフト
    音声:REAPER
    音の切り取り:Audacity
    シンセ化:VocalShifter
    映像:Aviutl
    文字の描画:GIMP

    ウサミン
    ウサミン
    グルコサミン

    おまけ
    https://drive.google.com/open?id=1UmJULTradYyso4tRxeLyQSjjFdhr8ONu