120回目。今のヴィッセル神戸に言いたいこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

120回目。今のヴィッセル神戸に言いたいこと

2017-08-21 08:00
    どうも、アップル・スターです。

    前回は軽い現地観戦感想でしたが、今回は現地観戦して思ったことをまとめていきます。

    まずは守備。
    ここの所負けてた要因は点が取れない所です。じゃあなぜ点が取れないか?色々あるんでしょうけど、やっぱり守備の所なんじゃないかなと思ってます。ここ4試合は裏とられまくってる印象ですが、それ自体はさほど問題ではなく、むしろ裏を取られることで守備陣が引いちゃってることなんですよ。

    守備陣が下がる=守備のラインが下がる→これにつられてボランチが下がってしまう→前線との距離が広がる→相手に簡単にパスコースが消される→前線にボールが入らない→点が取れない

    簡単な図式ですが、サッカーでは起こりやすい悪循環の一つだと思います。
    これに付け加えると、前線にパスが通せない→相手のプレッシャーを受ける→GKまでボールが戻ってしまう→またラインが下がる、って感じですかね。失点する場面は増えても得点する機会は絶対的に減ります。
    シーズン序盤は凄く良い守備をしていて安定感もあったのですがね。ここのところは不安でしかないです。昨日のマリノス戦も無失点で切り抜けましたが、正直な所2点ぐらい取られてても不思議ではなかったです。

    そしてポドルスキ選手について。
    色んな意見があると思いますが、僕はかなり頑張ってるんじゃないかと思ってます。ただ、周りとまだ完全に理解しきれていないと言った所ですかね。どうも孤立しがちになってます。これはデビュー戦の頃と変わらないです。デビュー戦の時はまぁ仕方ないわなとは思ってみてましたが、1ヶ月(チーム合流からすると2ヶ月)は経とうかと言うのに、変化がないのは馴染むのにまだまだ時間が必要なのでしょうかね・・・。
    まぁ確かに走らないし守備もさぼりますけど、僕はそういう選手が居てもいいと思ってるので特に問題だとは思ってないです。バリバリのFW気質なんですから点を取ってくれれば何も文句ないです。ただ、今の状況ではそもそもシュートが打てない。前述の守備の問題もあるんですが、ポドルスキ選手の要求にチームが応えきれていないってのもあるとは思います。

    ポドルスキ選手の要求が間違っているのか?高すぎるのか?
    それとも他の選手が要求に応えきれていないのか?見つけられていないだけなのか?

    そこまではわかりませんが、時には下がって受けたり、スペールのあるサイドへ振ったり、ここぞという時に爆発的なスプリントで相手を脅かしたり、そしてサポーターのチャントにはしっかりと応える。そういう選手が王様気分でわがままなプレイしかしないとは僕には思えません。

    ポドルスキ選手は結構足元へのパスを要求しているように見えます。ただこれが出し手の反応が遅れてパスコースが消されて出せなかったり、マークされているのを見て無難な選択をしていたりするので、ポドルスキ選手自体が怒ったりしてますね。本人からしたら「俺だったら多少の当たりではびくともしないんだから、俺に預けろ!そしたら色々攻撃の選択肢も増えるんだから!」的な感じに思ってたりすんですかね。まぁこれはあくまでも僕の推測ですが、多少窮屈な場面でもそういうアクションを見ますし、実際ポドルスキ選手はフィジカルも技術も正にワールドクラスなんですからね。もっとボールを集めてもいいと思うんですよ。集めないと見えてこない部分もあるはずです。何かを変えようと思ったら、今までの固定概念を打ち破ることも時には必要だと思います。


    まぁそれなりに書きましたけど、やっぱり何かが欠けているような気がします。守備とポドルスキ選手との連携の問題については書きましたけど、他にも色々あるような気がします。
    そういったところを含めて吉田監督はどう乗り越えていくのか。
    監督交代という究極の手段を使った神戸に出来ることはもうチームの熟練度を上げていくしかないですからね。その中で結果を出さないといけない。新たな船長を迎えて航海に出たはいいものの、しばらくは荒波の中を進まないといけないのかもしれませんね。


    それでは

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。