122回目。「リアル」ゴルフ事情~実践編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

122回目。「リアル」ゴルフ事情~実践編~

2017-09-20 12:27
    どうも、アップル・スターです。

    前回の記事の閲覧数が思ったよりあったので凄く嬉しいです!
    まぁたまたまってのもあると思いますが(笑)

    さて、前回はどういった物が必要なのかってところで書きましたので、今回は揃えた後のお話です。ちなみに今回は詰めに詰め込みましたのでめっちゃ長いです。申し訳ありません。

    打ちっぱなしに行って、そこそこ自分のスイングが出来てきて、それなりに球が飛ぶようになって、道具を揃えたら実際にゴルフ場に行ってラウンドしてみましょう!打ちっぱなしがゴルフのメインじゃないですからね。

    さて、ここで問題なのがゴルフ場をラウンドする際の制約みたいなもの。
    実は1人ではプレイできません。ゴルフ場でプレイする時には基本4人一組、最低でも2人一組です。特にそういった決まりがあるという風には聞いたことないですけど、たぶん1人じゃプレイさせてもらえないと思います。
    実はルールやマナーよりもここが一番ハードル高いんじゃないかなと思います。幸いにも僕はゴルフをしている友達とか職場の同僚とかがいますので、日を打ち合わせて行っていますが、周りに誰もやっている人がいないって人にとっては難題ですよね。

    じゃあどうすればいいのか?
    実践した事はないですが、いくつか方法があると思います。

    ①知人などを誘ってゴルフを始めさせる
    この方法なら自分を含めた全員がスタートラインが同じ状態で始めれますし、気心の知れた仲間とゴルフするのはとても楽しいですからね。知り合いなら連絡も取りやすいですし、同じ日に練習に行ってあーだこーだ言いながらってのも面白いですよ。
    ②打ちっぱなしなどで知り合いを作る
    コミュ障の僕には不可能な話ですが、積極的に話しかけて知り合いを作るのも一つの手だと思います。そうすれば自分に対するアドバイスなんかも求められますし、ゴルフ場でのマナーやルールも教えてくれると思いますので、成長していくという事ではいいかもしれません。ただし、迷惑を掛けないように注意しましょう。
    ③システムを利用する
    やりたい人がいない、話しかけられない、という人にはこれ。最近ではシングルの人にも配慮して、同じ日に同じシングルの人と回れるようにするマッチングみたいなシステムがあるそうです。もちろん相手は知らない人にはなりますが、ここで繋がりを作れば次はその人と直接連絡を取りあうことも可能になると思います。

    他にも方法があるかもしれませんが、おおよそこんなところです。
    ゴルフはどうあがいても多人数で回る競技なのです。これはどうしようもないですね。

    人数もそろってラウンドする日が決まったら、いよいよ本番ですね。
    当日はラウンド開始時間に遅れないようにゴルフ場に行きましょう。1時間前ぐらいを着くようにいけばかなりゆとりが出来るのでおすすめです。あ、ゴルフ場には自家用車で行きます。車が無いよって人は一緒に行く人の車に乗せてもらうか、タクシーになるのかな?バスは無いですし、バイクにバッグは積めないですからね。
    まずはクラブハウス入り口まで行き車を付けてスタッフの人にゴルフバッグを預けます。自家用車の人はその後駐車場へ行き駐車、という流れになります。
    クラブハウスに入ってまずすることはチェックイン。ホテルに泊まるときにするように必要事項を記入して、自分のロッカー番号や鍵、スコアカードが一緒になった手帳っぽいものを受け取ります。受け取った後はロッカーに行くのですが、財布などの貴重品はロッカーに置かず暗証番号で開閉する専用のボックスがあるのでそこに預けましょう。ゴルフ場内では全て後清算になっています。なので財布は帰るまで預けておきます。
    準備が出来きてラウンドまで時間があれば外に出てパターの練習や、レストランでコーヒー飲んだりも出来ます。ちなみに、飲食とかのときには必ず自分のロッカー番号が書かれた手帳を提示しましょう。

    そういえば、ここにきてボールの話をしてなかったですね(笑)
    ボールは良いものは高いですが、最初の内はOBゾーンに打ち込むことも多いですし、ボールをロスト(見失う)こともざらにあります。なので、ゴルフショップで売られているロストボールを買っていくことをお勧めします。僕はだいたい12個(1ダース分)以上は必ず持っていくようにしています。

    ラウンド時間になったらカートに乗って最初のホールへ。カートは大体自動運転になってるのでボタン一つで動きます。着いたらまずはオナー、つまり一番最初に打つ人を決めます。OUTなら1番、INなら10番のティアップゾーンに4つほどそれぞれ違う数の筋が入った棒があるので、それを引いて数の本数が少ない順に打っていきます。あとのホールは一つ前のホールの成績が良い人から打っていきます。
    ちなみに、ゴルフ場ではファストプレイ(早くラウンドすること)が求められます。当然ですが、自分たちが遅いと後から来る人達に迷惑が掛かってしまいますからね。そこでいくつかルールがありますので紹介しておきます。

    ・第一打がOBの場合
    通常OBはその場から打ち直しになりますが、第一打に限ってはOBに入ってしまったら「プレイング4」と言われる特設ティーまで行ってください。だいたい残り100yぐらいの距離まで行きます。そこでボールをドロップして4打目を打ちます。OBは2打のペナルティなので1打+2打罰の合計3打でそこまで行ったという計算になります。2打目以降のOBはその場からの打ち直しになります。
    ・クラブは数種類持っていく
    フェアウェイやらラフやらの場合実際にその場所まで行かないとどのクラブで打っていいのか分からないことが結構あります。そんな時に、確認してからカートに戻ってクラブを取ってとか、持っていったクラブでは打てないから取りに戻るという行為はプレイを遅らせてしまうので、どう考えてもこれしかないって時以外は必ず数種類もって行動しましょう。グリーンに近くなったらパターを持っていくのも忘れずにね。
    ・ボールは3個ぐらいはポケットに入れときましょう
    クラブ同様の話ですが、打った球がOBに行ったら当然新しい球を出して打ち直しになります。また、OBかどうか分からない時もあるのでその時は保険で1球打っておきます。OBじゃなければ最初に打った球をノーペナで続行し後に打った球を回収しますが、OBなら後に打った球を2打罰扱いでプレイします。こういったことがあるのでボールも常にいくつか持って行動します。僕は大体3個ぐらいポケットに突っ込んでます。
    ・ボール探しは手短に
    OBとかの場合でも自分の打った球を回収できることがあります。当然探して見つけることは可能なのですが、あまりにも探し続けると後の人たちに迷惑が掛かりますからね。手短にパパっと探してな見当たらなければ諦めましょう。ちなみに、自分の打った球ではなく別の人の球でも明らかにロストボールと思われるものは拾っても大丈夫だと思いますので補充と思って回収しましょう。

    ざっとこんなところです。
    余り遅すぎるとスタッフの方が来て「遅れてますので早くお願いします」なんて言われるので、なるべく早く回りましょう。

    さて、9ホール回ったら食事タイムです。クラブハウスに戻ってきた時に後半のスタート時間を教えてもらうのでその時間に間に合うようにしましょう。
    食事料金はプレイ料金に含まれていますが、一部のメニューは追加金額を払う必要があります。まぁそこまで高くはないので好きなものを食べましょう。この時にロッカー番号の提示が求められるのでちゃんとテーブルの上に例の手帳を出しておくのをお忘れなく。

    さぁお昼も終わったら後半戦!ここからは体力との勝負です!
    最後までファストプレイを心がけて目一杯楽しみましょう!

    後半戦が終わったらクラブハウスに帰ってお風呂です。
    ラウンド後のお風呂は格別ですよ。ここは多少長めに入っても文句言われることはないのでしっかりと疲れを癒しましょう。

    あとは着替えて貴重品をとってお会計。
    料金ですが、これはゴルフ場によってピンキリですね。僕は田舎の方なので、高くても8000円程度です。この前言った所なんてクラブハウスめっちゃ豪華だったのに5000円未満でした。
    ちなみに、これは平日のお話で休日はもっと高いはずです。

    お会計が終わったらゴルフバッグを受け取って車に積んで帰る。
    以上がゴルフ場での流れとなります。

    いやぁかなりの長さ。読んでくれた方々、お疲れ様でした(笑)
    色々気難しさもありますが、回ってみると本当に楽しいので機会がある方は是非ともやってほしいです。
    ゴルフの楽しい所は何といっても自然の中でやるだけあって、すごく気持ちがいいです。これがあるからゴルフは辞められない!下手でも精一杯楽しむし、コースのレイアウトに惹かれることもあります。ゴルフの魅力はまさにここです!この魅力を知らずにゴルフだからと敬遠するのはかなり勿体ないです。
    この記事で少しでもゴルフに興味を持っていただけたら幸いです。

    次回はまとめとしてゴルフに必要なものをまとめておきます。


    それでは


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。