平成から令和へ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

平成から令和へ

2019-04-30 23:12
    とうとうこの日が来たかという感じですね。
    平成という時代が終わると決まってから2,3年ぐらいでしたか?
    本当に終わるのかと半信半疑な所もありましたが、どうやら無事に終わるようです。

    まぁ元号が変わるからといって、明日からの自分の生活が180度変わるなんてことはなく、世間じゃ10連休の真っ只中でも、私は仕事の都合上連休とは無縁で、おまけに諸事情により今週は6連勤と、世間とは真逆の生活を送っているわけです。


    僕はいわゆるギリ昭産まれなので、一応元号を跨ぐのは今回が2度目となるのですが、昭和から平成に変わった時の記憶などなく、どちらかと言えば平成という時代を生きてきたって感じです。

    平成の世は自然災害が多く、大勢の人が苦しんだ時代でもあったと思いますが、どちらかというと、僕は平成の時代に生きれてよかったなと思ってます。
    なによりゲーム機の進化の過程を体験してきましたしね(笑)
    最初はファミコンから始まったのが、いまや映画さながらの映像美を搭載していたり、据え置き機なのに持ち運びも出来たりとか、ほんと凄い時代になってきましたね!

    まぁゲームの話はさておき、僕も幼少の頃には阪神淡路大震災を経験しましたし、その時のことは未だに鮮明に覚えています。震源地からは離れていて被害は無かったですが、夜中に強い揺れで目を覚ますと天井から吊り下げられている電球が振り子のように揺れていました。朝のテレビではまるで爆撃されたかのような光景が広がっていて、映画か何かを見ているんじゃないかって思ってたのを覚えています。

    絶望感に打ちのめされた年の初めでしたが、年の終わる頃にはオリックスブルーウェーブはがんばろうKOBEを合言葉にリーグ優勝、翌年は連覇と日本一を達成。この時の感動から僕はオリックスファンになりました。現在はオリックスバファローズとなり、田口コーチをはじめ、当時の選手たちが監督やコーチとして活躍されています。先日の仰木彬監督を偲ぶイベントは見事に勝利。またこのチームが優勝する姿を少しでも早く見たいってのが本音です。


    平成を全て振り返るといくらあっても足りないので、僕の1番印象に残っていることを少し書きましたが、みなさんはどうでしょうかね。


    さて、もう間もなく平成の世が終わり、新しい時代、令和がやってきます。
    最初に書きましたが、元号が変わるからと言って何かが変わるわけでもなく、僕は明日からもいつも通りに仕事に行き、ゲームをしたりして、いつもどおり楽しく過ごしていくことと思います。
    願わくば、給料が上がったり労働環境が良くなったり色々なことが上手く運んでくれればいいんですが、そうそう上手く運ばないのが人生ってものらしいのであまり期待しないでおきます(笑)

    令和という時代が少しでも良い時代だと言えるように、自分も日々精進して少しでも頑張っていけたらなと思ってます。


    最後に

    さようなら、平成
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。