ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

アップル・スター道中記「TGS2015~前編~」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アップル・スター道中記「TGS2015~前編~」

2015-09-30 19:45
    どうも、アップル・スターです。
    シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
    私は少しばかり連休を頂きましたので、羽を伸ばそうと思い、一人旅を決行しました。
    もちろん旅の目的はTGS2015(東京ゲームショウ2015)。MGO三や逆転裁判6、モンハンシリーズ、VRメットなど、今話題のゲームをいち早く堪能するために行きました。が、当然すんなり行くわけがないんですよね(笑)その辺を順序立ててお話ししようかなと思います。

    まずは、当日の朝からです。
    前日から関東の方へ行ければよかったのですが、仕事の都合上無理でしたので、朝一の飛行機で東京へ。そして東京モノレール、JR山手線と乗り継ぎ東京駅の京葉線ホームへと向かいます。ここまでは順調でした。飛行機も予定より早く着いてくれたおかげで、全ての路線において1本早い電車に乗ることが出来ました。

    問題はここから。京葉線と言えば、TGSの会場である幕張がもちろん、世界的に有名な某夢の国の最寄り駅も存在しております。ここまで言えば簡単ですね。そう、電車内はTGS組と夢の国組で押し合い圧し合いの超満員!普段電車など全く利用せず、かつ利用したとしてもそんな時間帯に乗ることがないので、そもそも満員電車という物に免疫がない私。つり革を持たなくても大丈夫という状態を初体験しました(笑)とりあえず目の前の女の子だけは押されないように踏ん張ってました。そんな状態も夢の国組が下りた後はいたって平穏そのものでした。ゆっくりと窓際でくつろぎ目的地である海浜幕張駅までのひとときをのほほんと過ごしました。

    そして海浜幕張駅のホームへ入るにつれて、私の目に行列が入ってきました。それは駅前に広がる光景ではなく、ホーム内での事です。『夢の国組かな?』と一瞬思ったのですが、どうも列の向きが違う。明らかに駅構内へ向かっているんです。電車から降りた時に疑問が確信に変わりました。TGSの列はすでに始まっているのだと。案の定駅から出るのにも時間がかかり会場までの道のりも長い行列が続いておりました。ある程度の行列は覚悟の上だったのですが、ここまでだとは予想出来なかったですね。

    そんなこんなで会場前の真の行列に並ぶことができたのが10時を少し過ぎたぐらい。開場からほんの数分しか経ってない頃ですね。それでも行列は途絶えることはなかったですね。そんな中、Twitterから情報を得ようとスマホを操作しTLを確認すると衝撃の情報が!

    10:02
    【『PlayStation®VR』整理券配布終了】

    ・・・えっ?
    いやいや、こっちまだ動いてないんですけど(笑)おまけに開場してまだ数分しか経ってないし(笑)もう笑うしかないわ(笑)

    ってな具合でしたね(笑)
    サポーターズチケット組と一般の先頭集団にごそっとやられたみたいです。
    VRは今回の目玉ともいえる物の一つでしたので取れるかどうか心配でしたが、ある意味諦めがついてよかったです。

    しかしここからが長かったですね。入場の待機列は幕張のホール1とか2辺りなんですが、一定の長さで並ばされ、その列が横にいくつもある。前が進めば横から順番に列が動いていく仕組み、電気回路でいうなれば直並列回路のようなものです。その待機で約30分。そこから手荷物検査などを経て幕張メッセの周りをぐるりとまわる列に並ぶんですよね。反対側のホール8が入口になっておりますので、そこまでに2,30分ほどかかる。そしてようやく入場できるのです。

    そして手にした整理券は・・・


    その後のことに関しては中編でお話しします。前編はここまで。

    それでは

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。