ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

90回目。発売から20年
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

90回目。発売から20年

2016-02-26 18:03
    どうも、アップル・スターです。

    いよいよ明日、2月27日はポケットモンスター赤・緑が発売されて20周年という節目が訪れようとしています。
    発売当時の私は小学生。あの頃は何も考えず毎日楽しい事をしていましたね。
    その中でもテレビゲームは欠かせない必需品となっておりました(笑)
    さて、そんな20周年を記念してバーチャルコンソール(VC)で初代シリーズ(赤・緑・青・黄)の配信がスタートするのは、皆さんご存知のことでしょう。
    というわけで、今回は発売当時の思い出などを語ります。

    実のところ最初はそんなに話題にはなってなかったです。
    私と周りの友達何人かで「これは絶対面白い!」って盛り上がったぐらいでしたね(笑)
    当時としては珍しいゲームでした。
    自分で捕まえて育てて進化させて戦う。おまけに通信機能を使って友達と交換もできちゃう。
    革新的でいて遊び心も満載。ゲーム中の主人公が子供っていう所も親近感が湧き、まるで自分自身が旅をしているかのように思えました。

    ポケモン最大の要素は何といっても集めるところでしょう。
    当時は全部で151種類。
    通信でしか進化しないモンスターやバージョン違いによる出現モンスターの違いなどもあり、通信機能を使わなければ全種類揃えるのは不可能でした。
    まぁ通信するには専用の通信ケーブルが必要なのですよね。
    そしてこの通信ケーブルを持っている友達が少ない!
    最初の頃のブロマガにも書きましたが、本当に持ってる友達は神様扱いでした。
    今ではネットを使えば一部のモンスターを除き全種類揃えるのなんてわけないでしょうが、当時はそんな便利機能はなかったので全種類集めてた人は本当にすごいと思います。
    因みに私は100種類ちょっとぐらいでした。結構頑張った方だと自負しております(笑)

    そして何よりすごかったのは「ミュウ」の存在。
    本当は欠番扱いだった151番目だったんですが、子供の噂話ってすごくってどこからともなく「151番目のポケモンはミュウだ」という話があちこちから上がってたんですよね。
    ゲーム中には「ミュウツー」がその存在を模して作られたとされているので、ここから「ミュウ」の話が出てきただけかもしれませんが、あまりの声の大きさにイベント限定で配布されるようになったのは驚きましたね。
    今では当たり前となったイベントでの限定配布も初代から続く系譜の一つとなっています。
    まぁ地方民だからそういうイベントに行けないわけですが(笑)

    そんな悲しい地方民にも嬉しいお知らせがありまして、それが『バグ技』を使うもの。
    これもどこかからか伝わってきた秘奥義(?)であります。
    初代にはさまざまなバグ技が存在しまして、その中に「ミュウ」を出すものがあったんですよね。他にも「レベルを100にする」とか「『けつばん』というモンスターを出現させる」などが有名ですかね。
    もちろんバグ技は諸刃の剣。下手をすればデータが壊れてしまう危険もあります。
    それでも「ミュウ」の欲しさあまりに知っている友達に出してもらいました。何故かやり方は教えてもらえなかったんですよね。だから秘奥義なんですけどね(笑)
    私の場合は無事に成功しまして、なんとかミュウの姿を自分のゲームボーイで拝むことが出来ました。

    初代ポケモンは赤と緑のみ発売。パッケージにはリザードンとフシギバナが堂々と描かれていましたが、悲しいかなカメックスだけ看板になってなかったんですよね。
    空前絶後の大ブームが巻き起こったおかげでカメックスを看板にした青バージョンが発売されることになりました!まぁ販売方法は通販のみだったのでそれほど多くは流通してなかったと思います。私の友達が一人だけ所有してましたが、内容的にはさほど変わりないとか聞いたように思います。
    そして何故か主人公ポケモンではないピカチュウを題材にした黄バージョンも発売!?
    これって完全にアニメの影響なんですよ。初代をプレイした人なら分かると思うんですけど、ピカチュウってそんなに可愛くないんですよね。
    私の家はテレ東系のテレビ大阪が映らなかったのでアニメは全く見れてません。
    見れるところもあったので、見てる友達の間ではピカチュウ大人気でしたが、ゲームのグラしか知らなかった私にとっては不思議で仕方なかったです。
    初めてアニメ版のピカチュウを見た時「これピカチュウじゃないやん!」って思うぐらい(笑)
    そこからゲームの方もだんだん可愛らしくなっていきましたね。アニメの制作サイドはいいポケモンを主人公に選びましたよね。ピカチュウ以外だと今以上の人気にはならなかったでしょうし。

    そんなポケモンも20歳だというわけです。
    ついにお酒が許される年齢になったわけです(笑)
    大人から子供まで幅広い年齢層に愛されるというのは、この20年の歴史があるからなんだとしみじみ思います。
    私自身BWからまたポケモンをやっており、めっちゃ楽しんでおります。
    新作と思わしきロゴが商標登録されたと先日話題になりましたが、私自身も楽しみにしています。
    これからポケモンがどこまで続くのか?楽しみですね。

    さて、最後ですが初代シリーズ買ってやるよって方は何を買われるんでしょうか?
    最初にプレイした思い入れの詰まったバージョンなのか?
    自分がプレイしたことないバージョンか?
    はたまた子供の頃にはできなかった全部まとめて大人買い?

    私は思い入れの詰まった緑を購入しました!


    それでは

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。