• モーション適用時の注意:必須ボーンの追加

    2014-09-26 18:43
    (モーション同梱の説明txt用に書いた文章です。大方初心者の方向けです)
    こんにちは。トレーサーの端くれ、apr(社会の窓P)です。
    拙作モーションを使ってくださっている皆様、動画をご覧くださっている皆様、いつもありがとうございます。

    ところで、配布されているモーションを使っていると、こんなことがあります。

    「あれ…あの動画のモーションをもらってきたはずなのに、



    別のモデルに流し込んでみたら、


    腕が埋まるとか足がねじれるとかそれ以前に、どう見ても動きが変だ!!!!!!」

    この症状、私のモーションを使ってくださった動画でもよく拝見します…。
    これは、モーションを使うのに必要なボーンがないのが原因です。

    配布動画と比べて明らかに変な動きをしている!
    たとえば…
     ・モデル同士が重なっている
     ・上下運動や前後運動などがなく、体が引っ張られている感じがする
     ・上半身がぶれまくっていて人間の動きに見えない
     ・上半身や下半身がうまく動いていない
     ・腕が変な方向を向いていたり、あまり(全然)動かなかったりする
     ・足がその場に残って動かなかったり、変な動きをしたりする
     ・指の動きがおかしい
    こんな症状があったら、
    モデルにボーンが足りないことを疑ってください。


    じゃあこのモーション、このモデルで使えないんじゃん!と思うかもしれませんが、
    よほど特殊な構造でない限り、足りないボーンは比較的容易に追加できます。


    まずは、Readmeをよく読み、モデルをよく確認して、使おうとしているモデルにはどのボーンが足りないか確かめます。
    この場合、


    「上半身2」ボーンが足りません。

    このボーンは、「PMDEditor」と、「準標準ボーン追加プラグイン」を利用すると簡単に追加することができます。


    ということで、PMDEditorを入手してください。
    →VPVP Wiki
    DLしてきたzipファイルは、好きな場所に解凍しておきます。


    次に、準標準ボーン追加プラグインを入手します。
    そして、解凍してできたフォルダごとでいいので、PMDEditorの_plugin\Userフォルダに入れます。

    ※たとえば握り拡散が必要な場合などは、準標準ボーン追加プラグインでは追加できないので、目的に応じたプラグインをインストールしてください。


    つぎに、PMDEditorを開き、モデルファイル(.pmd)をドラッグ&ドロップして、
    編集→プラグイン→User→SemiStandardBones→準標準ボーン追加 と進みます。
    PMXモデル(.pmx)の場合は、一個下の「準標準ボーン追加(PMX)」をクリックします。


    あとは必要なボーンにチェックを入れて、OKを押せば完了です!

    編集が終わったら、必ず「名前を付けて保存」してください。

    いわゆる準標準ボーンの場合は、これだけで完了です!
    (全ての親、グルーブ、上半身2、親指0、肩P/C、腰、腕・手捩り等)

    握り拡散等の構造が必要な場合も、
    プラグインのインストール~プラグインの実行まで、基本は同じ流れです。

    ボーンに関連するプラグインは、ほかにもたくさんあります。
    詳しくはVPVP Wikiに行って検索してみてください。

  • 広告
  • モーション修正時の注意:補間曲線自動設定機能

    2014-09-26 18:40
    (モーション同梱の説明txt用に書いた文章です。大方初心者の方向けです)
    こんにちは。トレーサーの端くれ、apr(社会の窓P)です。
    拙作モーションを使ってくださっている皆様、動画をご覧くださっている皆様、いつもありがとうございます。


    今回、モーション修正時に注意していただきたい点について、図を用いてお話ししたいと思います。

    さて、モーションというのはすべてのモデルに完璧に適用できるわけではありません。
    さまざまな条件によって、動きが変わってしまいます。

    腕が体に埋まってる…とか
    しゃがんだら足ねじれた/ものすごく内股だ/がに股だ/地面に足が埋まってる…とか
    明らかにおかしな動きをしていることがあります。

    これではモデルの魅力が十分に引き出せないですから、ぜひともモーション修正をしていただきたいです。


    ですが、モーションを直す時に注意していただきたいことがあります。


    画面左下の、青い線(補間曲線)がごちゃごちゃしているボックス、
    (補間曲線の説明は長くなるので割愛します)


    これです。
    これの、「自動設定」のチェックを入れたままにしておくと、

    (こういう状態ですね)


    ↑たとえばこのキー(1455F)の上半身ボーンを、前のほうに傾けようと、キーフレームを上書きすると、
    なんと、設定していた「回転の」補間曲線がきれいさっぱりなくなってしまいます!!!


    ↑補間曲線が直線になってしまっているのがわかるでしょうか?

    しかし、「自動設定」のチェックボックスを外しておけば、キーを打ち直しても補間曲線が消えることはありません。

    トレーサーさんがきれいに整えた補間曲線をぶっ壊してしまう可能性が非常に高いので、
    モーション修正の時にはチェックを外しておきましょう!!!!


    カメラも同じです。カメラも補間曲線がとっても大事ですが…、
    自動設定機能が働いていると、当然のごとく補間曲線はリセットされてしまいます。



    結論:
    モーション修正の時、補間曲線自動設定機能は切りましょう!!!!!

    →左下のチェックボックスをオフする癖をつけましょう!!!!!!


    この状態はNG!


    この状態にしてから修正を始めましょう!

    …という、トレーサーの端くれからのお願いでした。
  • 配布物一覧・利用規約最新版

    2014-09-26 01:091

    apr(社会の窓P)制作 モーション利用規約 Last Update:Jun.25 2019
    • 以下の規約を守れない場合、一切のDL、使用を禁止します。
    • モーションを利用したことによる損害について、作者は一切の責任を負いません。
    • 本規約が最新規約となります。投稿前に必ず一読するようお願いいたします。
    • 本規約は予告なく変更する場合があります。
    必須事項
    以下のボーンがモデルにあることを確認してください。
    • 標準ボーン
    • 左右腕捩りボーン
    • 左右手捩りボーン
    以下の情報を動画内・説明文にクレジット表記、またはコンテンツツリー登録してください。
    • 使用曲名、作曲者
    • モーション作者:apr または apr(社会の窓P)
    禁止事項
    以下の行為は禁止です。
    • 営利目的での使用。イベントでの使用等、非営利だが金銭が発生する場合は事前にご一報ください。
    • データの再配布(改造の有無を問わない)
    • モーションを他者へ譲渡する行為
    • ダウンロードパスワード、解凍パスワードを他者へ公開する行為
    • MMDとその派生ツール以外での使用
    • モーション作者を名乗る行為
    • 差別的・ヘイト・政治・宗教的主張等に利用する行為
    • 暴力的な表現が含まれる作品への利用
    • 性的な意図が含まれる作品への利用(R-18に該当する作品には使用禁止です。露出が極端に多い水着モデルへの使用や、下着が常に映るような極端なローアングルもできるだけ避けてください。ローアングルの場合はスパッツに改造する等のご配慮をお願いします)
    許可事項
    以下は自由に行って構いません。
    • 非営利目的での使用
    • データの改造
    • MMDとその派生ツールでの使用
    • ニコニコ動画、YouTube、Twitterへの動画投稿
    その他
    • 問い合わせはTwitterへ。@apr_MMD
    • I can not reply inquiries other than Japanese because I can not get accurate communication.


    拙作モーション一覧です。
    配布URL・パスワードは各動画ページに記載しています。
    【作品一覧 2018.9.24更新】

    SNOBBISM 2018.9.24配布開始

    Satisfaction 2017.11.23配布開始

    Twincle World 2016.2.13配布開始


    Dark Horse 2015.2.6配布開始




    有頂天ビバーチェ 2014.9.15配布開始




    Slave to the Rhythm 2014.6.23配布開始



    Clothes Off 2014.2.10配布開始



    サイバーサンダーサイダー 2013.10.2配布開始



    ありふれたせかいせいふく 2013.6.11配布開始