野原で球を打ち転がし、皮革と毛塊で完成された物を用いて球を捕球する競技のゲーム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

野原で球を打ち転がし、皮革と毛塊で完成された物を用いて球を捕球する競技のゲーム

2013-03-16 17:37

    ふと、我は世界最大の河川の、手に持てる大きさの厚手の紙片を我が物と致したく、古き書物
    ふと、私はAmazonの、      ギフトカードが欲しくなって、       古本市場
    の市場に向こうた。そこで探したるや、そこには懐かしきにほいのする物が見受けられた。
    に向かった。   そこで色々見ていたら、 懐かしい匂いの名前のゲームがあった。
    にほいといふのも、嗅ぎたるものでは無く、心にかほるにほい也。そこで我思い至る。
    匂いというのは、 物理的に匂うのではなく、 懐かしいと感じられるもの。 そこで思う。
    「我はこの物を我がものとし持ち帰らずんば幸福あらず」と。つまるところ我はこの物を手に
    私はこのゲームを買わなければ幸せ損をする、と。     つまり、私はこのゲームを手に
    とるやいなや、店の者にいだしたるや、金を払いすぐさま帰路に発った。
    取るとすぐに、レジに持って行き、  お金を払って家路についた。











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。