• このエントリーをはてなブックマークに追加
相談「非モテをこじらせて女性に怒りが湧いています」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

相談「非モテをこじらせて女性に怒りが湧いています」

2016-12-25 19:00
  • 17

こんにちは!
聖夜に男子の怒りの相談をお届けしまーす!

■匿名希望さん(22歳男性)の相談

初めまして。自分は22歳の彼女いない歴=年齢の男です。
非モテをこじらせたせいか、昔はラブラブなエッチをしているマンガやAVを好んでいたのに、最近はレイプや凌辱ものでしか興奮してこなくなりました。

昔の自分はああいう平和な恋愛に憧れていたのですが、女性に相手にされないので、女性に対する怒り・恨み・妬み・僻みが湧き、性癖まで変わってしまったようです。

悩みは上記の性癖の変化ではなく、一部の女性に対する怒りです。

アルテイシア先生の著作を参考にして、女性のいる環境に積極的に顔を出すようにしたことで、何人かの女性とお知り合いになりました。自分は第一印象はそれほど悪くないのか、知り合った女性から遊びに誘われることもありました。

何回かデートを重ね、告白をしたのですが「今は恋愛したくない、一人でいるのが好き」と断られてしまいました(「(あなたと)恋愛したくない」って意味なのはわかってます)

けれど、だったら私と遊びに行く理由はなんだろう?私からすればデートってそんなに楽しいものではないのに(同性と遊ぶほうが楽しい)、という疑問が湧きました。

彼女らの交友関係をよく観察してみると、男友達が割と多いようです。
私も彼女からすれば大勢の「男友達」の一人なのでしょうが、彼ら男友達はどういう心境なのか?下心はないのか?私と同じく友達→彼氏に昇格するために友達状態を維持しているだけ?と気になります。私は男女の友情も信じてないので。

私が思うに、ああいう女性は沢山の男性に囲まれてる状態が好きなのでしょうか。
私はそれを否定しません。納得できます。もし私が女性だったら、絶対に彼女らと同じように沢山の男友達と遊び、女神待遇、つまりモテてる状態をエンジョイすると思いますし。(年取ったらできなくなると思いますが)

そして男友達が彼女たちとお友達関係を続ける理由は、いつかワンチャンあるかもしれないから?
もしや、恋愛というのは皆そうしているものなのか?ライバル(周りの男友達)から抜きんでる努力をして、やっと「彼氏」に昇格できるのか?
ひょっとしたら私一人が世間知らずでズレているだけ?と思い、アルテイシア先生にお伺いしたくなった次第です。
私一人で勝手にエキサイトしている文章で申し訳ありません。
これからもアルテイシア先生の文章を楽しみにしております。

■回答

おお~。
何が「おお~」かと言うと、

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他7件のコメントを表示
userPhoto アルテイシア(著者)

>>4
「彼女がほしい」よりも「まずは自分が好きになれる相手、一緒にいて楽しいと思える相手を見つけよう」という気持ちで臨んだ方がいいのでしょうね。どうしても「好かれたい」と思いがちだけど「好きになる」ことが大切で、自分が心から素敵だなとか尊敬できるなと思える異性に出会うと、異性に対する偏見も軽くなるんだと思います。そのためにも「相手をよく知ろう」という姿勢が大切ですよね。コメントありがとうございます!!

No.8 70ヶ月前

デートが楽しくないなら、そのお相手とお付き合いしても全然楽しくないんじゃ?と思います。何のためにそのお相手を彼女にしたいと思われたのでしょうか。イチャイチャやセックスができればよいのだったら、風俗がありますし。
特定の人に対する好意ではない、「彼氏が欲しい」「彼女が欲しい」といった感情を持ったことがないので、中々理解しがたいです。

No.9 70ヶ月前

アルさんの仰る通り、面白い文章だと思います。同じ男の私でもそう思いました。

私は匿名希望さんの倍ほど生きているおじさんですが、自分の半分しか生きてない若者がこんな悩みに立ち向かおうとしているのはある意味尊敬します。何故なら私が匿名希望さんと同い年の時は何も考えずに流されて生きてきてましたから。

匿名希望さんがミソジニーだとすると、過去に女性に傷つけられた経験があるのでしょうか?私は家族でしたが。それのおかげで女性が怖くなって関わり合いにならないように避けて生きてきましたが。

でも心の奥底には女性に対する怒りはあるようで、レイプや凌辱もので興奮する事は多々あります。(匿名希望さんのようにそれだけで興奮する訳ではないのですが)

そんな状態ではいけない事は心のどこかで分かっていて、警告を発している自分もいます。なのでそういうのをやめる努力を継続中です。

匿名希望さんはまだまだ若いですし、これから男女問わず色んな人との出会いを繰り返すでしょう。

「類は友を呼ぶ」「自分の思い、考えと同じ波動を引き寄せる」と私は思ってます。

ミソジニーをこじらせてると、同じ考えを持った人が寄ってくるという事です。女性を大切に、人を大切にする考えを持っている人には同じ考えを持った人が寄ってくるという事です。

未熟ながら出来るだけ人の悪口を言わず、出来るだけ人の幸せを願うように心がけてきたら、人に恵まれたなと思います。
そういう人が寄ってきてくれたのです。

匿名希望さんはまだまだ若い。いくらでも進むべき道を選べます。人の泣き顔ではなく、人も自分も笑顔になれるような道を選択できる事を願ってます。

No.10 70ヶ月前

>>9
>特定の人に対する好意ではない、「彼氏が欲しい」「彼女が欲しい」といった感情
あくまで私の経験に基づく推察です(なのであまりあてにならないかもです)が、
ポジティブな感情ではなく「ネガティブな感情の裏返し」なのではないかと思います。

一人暮らしをしていて、寒い夜に一人で今日起きた嫌なことなどを思い返しているとします。
すると一人でいることに対する虚無感や、「このままでいいのか」といった焦りの感情がじわじわと溜まっていきます。
そういった感情が積もり積もった結果「一人のままは嫌だ!」となり
「誰でもいいから彼女になってくれないか」という感情が出てくるのだと思います。

私はそうした感情を溜めすぎないようにしようと努力はしていますが、とにかく時間がない時などは
鬱憤を晴らす場所(飲み会etc.)に行く気力すら残っていないことがあり、溜まっていくのを止められないことがあります。
「誰でもいいから彼女が欲しい」タイプの人は、この感情が溜まっていくのを止める気がないか、
止める時間・心の余裕がないかのどちらかではないかと思います。

No.11 70ヶ月前

記事面白かったです。
異性が自分なんかと話してて楽しいと思って興味を持って仲良くしてくれる時点で、
見た目の好み云々とかでなく好きになって、結局相手にそんなつもりはないのに関係を壊してしまう気がします。
だから自分も男女の友情っていうのがイマイチわからなかったりします。

No.12 70ヶ月前
userPhoto アルテイシア(著者)

>>9
かつての私もそうでしたが、非モテコンプレックスをこじらせて「とにかく恋人が欲しい、恋人さえできれば人生変わるかも!」と思っちゃうんですよね。そこから実際に恋愛してみて「好きな人に好かれないと嬉しくないし、意味ないんだな」と気づく人は多いと思います。

No.13 70ヶ月前
userPhoto アルテイシア(著者)

>>11
そういう「ひとりはイヤだ、彼女がほしい!!」という感情がモチベーションにつながることは多いと思うんですよ。ただ相談者さんの場合「好かれたいと思ってばかりで、自分は好きになっているのか?」という視点が欠けているかなと。とにかく彼女が欲しくて、目の前の女性をちゃんと見ていない(知ろうとしていない)ため、「女は○○」という「森を見て木を見ず」な発想になるのかな~と感じました。

No.14 70ヶ月前
userPhoto アルテイシア(著者)

>>10
>ミソジニーをこじらせてると、同じ考えを持った人が寄ってくるという事です。

そうですね、それがまさにフェミ叩きや恋愛工学信者の群れなのだと思います。記事にも書きましたが、人類の半分を敵だと思って生きているとどんどん自分が苦しくなるので、今のうちに軌道修正してほしいです。相談者さんはまだ全然若いんだし。
あとレイプ系に興奮するのは、それ系のアダルト作品の刷り込みも大きいと思うので、あくまでファンタジーだと認識していればそこまで問題ないと思いますよ。私もくノ一がやられる設定とか好きだし(たぶん『くノ一忍法帳」の刷り込み)

No.15 70ヶ月前
userPhoto アルテイシア(著者)

>>12
「優しくされると好きになっちゃう」も非モテあるあるですよね。かつての私もそうでした!!!これも悪いことばかりじゃないんですよ。惚れっぽい方が恋人はできやすかったりするし。「相手にその気がないのにギラギラしない」といった点に注意すれば大丈夫だと思いますよ~!

No.16 70ヶ月前

これは大勢の非モテに読んで欲しい記事ですねー。
誘ってもらえる分際でなに贅沢言ってんだよファック!とも思いましたが(笑)
モタクを読めば一気に覚醒しそうですよね。
僕もとてもとてもお世話になりました。
おかげ様で、病気で一年以上働けない状態にも関わらず、男女ともに友達が大勢増えました。
同時に、不思議と恋人のいない焦燥感や孤独感もなくなりました。

結局『とにかく恋人が欲しい!』ていう人は、『優しいママが欲しい!』てだけなんだと思いますねー。
僕もそうでしたが、毒親育ちで満足にコミュニケーション欲求を満たしてもらえなかった人が、愛情飢餓を恋愛で埋めようとしているという…
いわゆる愛着障害。
女性への怒りも本当は毒親に対する怒りなんだろうなと、自分の経験を通して感じました。

でも相談者さんは自覚して人に頼ってるのが素晴らしいですね。
願わくば、恋人という偶像に依存するのではなく、健康的に恋愛をエンジョイできる人になって欲しいものです。

No.17 47ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。