• このエントリーをはてなブックマークに追加
相談「彼女との格差コンプレックスが原因で振られた」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

相談「彼女との格差コンプレックスが原因で振られた」

2017-06-11 19:00
  • 5

こんにちは!
本日も友人のライター・イメルダちゃんに参加してもらい、相談に答えたいと思います!

■Kさん(33歳男性)の相談
 
私は、男特有のコンプレックスに悩んでいます。
苦節33年にて彼女ができましたが、半年付き合った後、別れてしまいました。
別れた理由としては、私が同棲や結婚に対して真剣に向き合っていない、と彼女が感じたことが大きいように思います。
 
私は業務委託で働いていたのですが、別れる少し前に契約を切られてしまいました。
そこで、年明けに予定していた同棲の計画を見直さざるをえなくなり、彼女と2人の今後について改めて話し合うことになりました。
(ちなみに今は、別の会社で派遣社員をしています)
 
その際に私の貯金額なども公表しました。私の貯金額は、月の生活費の半分程度でした。
彼女にとっては、これがとても、ショックだったようです。
ショックだった理由は、以下の通りです。
 
付き合って3ヶ月たった頃に、2人で将来のことを話し合った際、2人で同棲したり結婚したりするためにお金を貯めようという話になりました。その際に私は月の貯金額も明かしました。
 
しかし、彼女には「少なっ」と言われる程度の額しかしていませんでした。
彼女としては、2人のことを考えて、これまでより貯金額を増やして欲しいと望んでいたのですが、私はそれを聞き入れることができませんでした。というよりも、今思えば、その要望に耳をかしたくなかったのです。
それは、彼女とお金のことについて話すのが、とても恥ずかしかったからです。

彼女は、有名大を出た超エリートで、上場企業につとめ、私と付き合っている間も、超有名企業へ転職しさらに年収を増やしました。
一方、私はというと、かつて正社員として勤めていた会社を解雇されるような形で辞め、当時は派遣社員をしていました。
(契約を切られた業務委託は、付き合っている時、なんとか年収をあげたくてついた仕事でした)
 
そのため、給与の差は、圧倒的であることは目に見えていました。私の2倍以上の年収だったと思います。私は、その年収差を意識するのが嫌で、お金の話をしたくなかったのです。
 また、貯金のためにデート代を節約して「今日はお金ないから、お昼は安いとこでいいかな」と言ってデート代を貯金に回すというようなことも、年収差を感じるのでしたくありませんでした。
 
私は割とリベラルなつもりでした。結婚後も彼女には仕事を続けてほしいと思ってましたし、私が彼女の名字を名乗る可能性も考慮にいれていました。
ですから「男の方が稼いでしかるべき」みたいな前時代的な意識が染みつているなんて、考えられませんでした。
 
今は、別れる際に話し合った際に、彼女が言ってくれた「もしあなたが変わって、お金をちゃんと貯められる人になったら、また私に連絡して欲しい」という言葉を胸に(生活費の三ヶ月分を目標に)必死にお金を貯めています。
 
ですが、もしまた一緒になれたとしても、年収差は依然としてあります。
コンプレックスにさいなまれ、また彼女の話をちゃんと聞けないんじゃないかと怖くなってしまいます。
この様なコンプレックスとどのように向き合えばよいのでしょうか。
また、女性は、このようなコンプレックスを持っていることを打ち明けられて、ショックを受けたりするのでしょうか。

いつかもしまた会えて、あの時の反省を伝える機会があった際に、伝えて良いのか迷います。
自分の将来のために、必死にキャリアを積んできたのに、それが好きな人の重荷になるというのは、辛いものだったりしないのでしょうか?
自分のこういう弱さのせいで、彼女の要望を聞き入れることができなかったことに対して反省していることを伝えたいのです。
何かアドバイスを頂けますと幸いです。

■回答

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

 文を読んでいて 自分の感想として 最終的に女性は男性に対してお金しか求めてない感じがしました。
例えば女性芸能人の方で例えると、U,KさんとかSさんとか。
 昔でいう3K(高身長・高学歴・高収入)がまた戻ってきてる感がします。
結婚について大企業に勤めてる人にとっては簡単なもので、それとは逆に中小企業とかで働いてる者にとっては難しいものですよね。いくら頑張っても給料は上がらないし、ボーナスとかも少ないですから。
 言い出したらキリがないのでここらへんで終わります。

No.1 68ヶ月前

 こんにちは、みなさんtkoと申します。コメントさせていただきます。
そもそも私は性別役割分業がかつての価値観だということ自体、とんでもない幻想だと思います。私はゆとり世代ですが、私の親の世代はすでに共働きが前提でした。家事はどちらかというと女性がやっていることが多いかな?というくらいですね。それだって別に男性がしないわけでもないし。貯金にせよ夫婦で別々なのが普通だと思っていたので・・・。
 なので私はそもそも性別役割分業という価値観はもうほとんどなくなっているのでは?という意見です。少なくともそれを実行しやすい環境は実際には少なかったでしょうし、これからも難しい。
 むしろ男女関係なく単にコンプレックスの問題だけなのかもしれません。こう言っては何ですが、経済的なものに限らず自分とは極端に差があって、そこにコンプレックスあるとその人間関係はこじれやすくなっちゃいますよね・・・。
 Kさんも前時代的な意識と分かっていても、それが自分の中にあったことに気が付かれたわけですからね。コンプレックスの問題は、気が付くという過程が確実に必要になります。気づいた時点で終わったりすることもあるので、Kさんはむしろ全然いい感じですね。もっと気づき続ければ、コンプレックスのことについて考えるのに飽きてくるのでどんどん気づきましょう。

No.2 68ヶ月前

>>2 tkoさん
いいことを言っているのに、余計な口を挟むようで申し訳ないのですが、さすがに例の価値観が今ほとんど無くなっているというのは「無い」と私は感じます。
なぜなら、私の実家そのものがガチガチの性別役割分業でやっているからです。
これが、父親の実家に行くとさらにひどくなり、台所作業を手伝おうとすると「男の人は台所に入るものじゃないの」と祖母にやんわりと制止されたりもします。実話で、現在進行形のお話です。
tkoさんの家庭や周囲の人はきっと、社会全体の中でも相当進んでいるのです。それ自体はすばらしいことですが、それを社会のスタンダードと考えるのはきっと大きな間違いです。


ところで性別役割分業とは関係のない話ですが、私もこの記事を読むまで、今仲良くしている女性との「体力差」にコンプレックスのようなものを感じていました。
彼女は以前に肉体労働を含む仕事をしていたこともあり非常にスタミナがあり、共通の趣味であるランニングや、彼女の勧めで参加している筋トレでは体力の差が結構露骨に出ます。ざっくり言うと、僕の方が先にバテます。
この状況に対し「本当にこんな状態でこのまま付き合っていけるのか?」という漠然とした不安を抱いていたのですが……これはこれで、アルさんたちの言う「世間の古いモノサシ」の悪影響があるのかもしれませんね。
男の方がフィジカルに強くなきゃいけないなんて誰が決めたのだと。
ランニングや筋トレを一緒に楽しめる程度の体力はもちろん要りますが、「それ以上」が必要かどうかは、結局彼女との関係次第で
彼女が私にそれを求めているかどうかも含めて、彼女と付き合っていく中で見極めていくのがよいのかもしれません。

No.3 68ヶ月前


コンプレックスって誰でも持ってるものだし、その事自体は全然悪いことじゃないと思います。
ただ、それをそのまま彼女さんにぶつけていいかと言ったら、話は別で。

アルテイシアさん方も仰ってますが、男性から女性に対する
「君のほうが有能で稼いでてコンプレックスが刺激される」
的な発言って、すっごい女性を傷つけるしガッカリさせます。
肉体的にも社会的にもハンデがあって稼ぐのは男より大変なのに、稼ぐほどモテなくなるイジメ社会で踏ん張ってる人達に
「僕も君をイジメてる人間と価値観同じです」
と宣言したって、良いことないです。

一緒にいるのが辛いなら別れるのは仕方ないけど、彼女が仕事出来るのは全然悪いことじゃないんだから、別れた後で更に泥を投げつけるような事はしないで欲しいです。
復縁希望なら特に。

ちなみに、私♀にとっての「男らしさ」「頼り甲斐」とは単なる稼ぎや強さでなく(これもある程度は必要だと思いますけど)、自分の弱点がきちんと分かってて、おかしな自爆をしない冷静さと賢さがあることです。

自動車の運転に例えるなら、多少車がポンコツでも車体のクセが分かってて安全運転で目的地まで行けるなら安心して乗ってられます。
これが私にとっての「頼り甲斐」です。

逆に「スピード出すほどカッコいい!男らしい!」と跳ばすだけ跳ばして崖から落っこちるような運転はお断り。
でも世間の大抵の人はこちらを「男らしい」って言いますよね。
私には単なるアホにしか見えないけど 苦笑。

No.4 68ヶ月前

相談文部分だけ見た感想ですが
自分も問題の彼女さんは、『男性は働いて女性は家の事をするだけである』っていう種類のべき論ではないと思う

でも、その前時代的な価値観と違うまともなものか、というと違くて

彼女の場合、『男性も女性も同じくらい働くべきが唯一正しい』という、結局男性を金で値踏みしてその給料要求を押し付ける、同類の"べき論"を働いてると推測

何故かというと、彼女が言った「少なっ」「もしあなたが変わって、お金をちゃんと貯められる人になったら、また私に連絡して欲しい」が言葉に裏表なしで唯一の本心の言葉とすると

・稼いで貯めてる量が自分の思ってたより少ない金額だった
・今からでも自分の都合良く稼いでくれそうな展望や、体育会系的な『やる気はあります』という雰囲気、が無いと感じた
・そもそも彼女自身の給料を客観的に見て高いことを把握せず、普通だと思い込み、その偏見で相対的に彼を金使いの荒い人だと決めつけた
辺りかなと
だから自分的には、
彼女の給料周りに対する偏見がやばい可能性か
もしくは、彼女は今、金自体がなくても、彼をやる気次第で受け入れるつもりの、伝わりにくいようなやり方で意味を含めた言葉=「もしあなたが変わって、お金をちゃんと貯められる人になったら、また私に連絡して欲しい」と言った可能性、があるように思う

彼女には
・給料の平均に対する偏見
・金使いの荒い人間という誤解
・男女が同じように働くべき論の正当化
辺りがあるかなと

だから、付き合いたいなら、彼女が彼を誤解してるっていう別れの原因の一つなことを、わかるように言って誤解を解いたほうがいいんじゃ?っていうのと

「──られる人になったら、──連絡して欲しい」ってことは、「今からいついつまで連絡しないで!」みたいなわざわざ禁止の旨の発言をしてないから、その断りを言った時でもやる気を言えば受諾された可能性もある気がする
それに貯金の誤解が解ければ少しは緩和される可能性もある
何にしても、とことん話し合ったほうがいいと思う
自分の気持ちと相手の気持ちを同じくらい出し合った上で(感情論にならずに

自分が彼女と付き合いたいのと、こうしたくないとかこれならしてもいいっていう線引きを全部開示してね

それは結婚とかするならお互いに許せるラインはわかってる必要があると思うし

だから、付き合いたいなら、他人に聞いてそれに任せるより、まず、彼女に対して、やる気を見せてお願いするとか
それでダメなら、彼女に自分の本心や給料事情や、貯金額の理由等を打ち明けて、彼女の本心や給料が普通どのくらい貰えると思ってるのか等を聞いてみて認識のすり合わせをするほうがいいんじゃないかな
彼は彼女から給料とか願望を言われたんだったら、今度は、彼自身の願望を同じくらい言ってみてはどうかと


すごい長くなってしまったけれど、
何より付き合いたいって考えなら、彼女と腹を割って話すほうがいいかなと

No.5 68ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。