• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

婚約後、ダライラマ男がモラ男に豹変!毒親育ちMさん(27歳)のモラハラ脱出記①
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

婚約後、ダライラマ男がモラ男に豹変!毒親育ちMさん(27歳)のモラハラ脱出記①

2019-11-07 12:00


    STOP モラハラ被害!!!

    というわけで、こちらの過去記事(①~④まで)を再配信しまーす(無料で読めます)


    以前、AMの記事「死にそうな母を殺しそう。虐待の記憶に苦しむ東大卒女子にカウンセリング」に登場してくれたMさん(27歳会社員)

    ダライラマ男な彼にプロポーズされて、2人で幸せな家庭を築いていくのね…と思いきや。なんと「婚約後、ダライラマ男がモラ男に豹変!」との報告を受けました。

    衝撃の報告から約2か月後、彼女は無事にモラ男から脱出しました。「自分の体験をモラハラに苦しむ人たちにシェアしたい」という本人の希望を受けて、Mさんにインタビューを行いました。

    ■モラハラの始まりは?

    アル:毒親に苦しんできたMちゃんが、やっと新しい家族を作れると思ったら裏切られて…胸が痛くて涙が出たわ。

    M:私も当初は「自分の人生は暴力や支配から逃げられないのか」と絶望してました。そんな中で、女子校の存在に救われたんです(※Mさんはオンラインサロン「アルテイシアの大人の女子校」の生徒さんです)

    みんなから共感や励ましのコメントをもらって、「自分には味方がいる、大丈夫」と思えたので。それがなかったら本当に死んでたかもしれません。

    アル:女子校を作ってよかった…!!

    M:女子校の仲間がいたからモラ男から逃げられました。それと、DV被害者の支援団体からサポートを受けられたことも大きいです。自分1人では脱出できなかったので、この経験が少しでも誰かの役に立てばと思って。
     
    アル:モラハラに苦しむ女性は多いから、参考になると思う。

    M:あとは個人的な話ですけど、AMの記事の最後がハッピーエンドじゃないですか?「彼からプロポーズされて幸せです」みたいな。でも実はプロポーズ後にモラ男に豹変して、偽ダライラマ男だった、という事実を知ってほしいと思って。

    アル:あの記事を読んだ人はショックだと思うけど、現実だもんね。実際、読者から「おせんべいの片割れだと思って結婚したら、モラ男だった」というメールをもらう。

    M:私もまさか自分の身に起こるとは思わなかったので。アルさんに話を聞いてもらって、記事にしてもらえれば嬉しいなと思ったんです。

    アル:それじゃ聞いていきますね。彼は8歳年上で、3年間付き合ったんだよね。「モラ男は結婚前は優しくて理想的な彼氏」というケースが多いけど、彼もそうだった?

    M:交際中は本当にダライラマ男でしたね。AMの記事に書いてた通り、私がごはんを作ったりすると「ありがとう」「すごく美味しい」と必ず言うし、遅刻や忘れ物をしても「いいよいいよ~」って。彼に会った友人たちも全員「優しくて穏やかな人だね」と言ってました。

    アル:じゃあ今回のことを話したら「まさかあの人が?!」って。

    M:「まさかあの人が?!」って全員めっちゃ驚いてました。

    アル:モラ男って一見魅力的に見える人が多いんだよね。『良心をもたない人たち』でも「25人に1人いるサイコパス」について「一見魅力的だが、嘘をついて人を操り、空涙を流して同情を引き、追いつめられると逆ギレする」と書いてた。

    M:いや~ほんとモラ男を見分けるのは不可能なのでは?と思います。

    アル:今思い返すと「あれ?」と思うことはあった?

    M:うーん、なんだろう…。普段は優しくて穏やかだけど、彼が具合悪い時とかに看病に行くと「2時に来るって言ってたのに2時半に来るなんて、俺のこと心配してないんでしょ」と責められたり。そのくせ「レアポケモンが近くの公園に出てる!」って走っていったり。

    アル:具合悪かったんちゃうんかい(笑)

    M:「Mちゃんも走って!」とか言われて「なんやねん!」って(笑)

    アル:その時「なんやねん!」って言った?

    M:いや~…「今は具合悪いし、まあいっか」って。

    アル:まあその程度なら許しちゃうよね。ポケモンGOが大好きなんやなって(笑)

    M:あと彼はバリバリの理系なので、ちょっと変わってるところとか、人の気持ちがわからないところもあるのかなって。

    アル:「明らかにおかしいぞ?」となったのは?

    M:結婚が決まった後ですね。最初におかしいと思ったのは、お金の話をした時です。共稼ぎで折半する予定だったので、具体的に話し合わなきゃダメじゃないですか。

    アル:そりゃそやわ。

    M:それで年収の話をしてる時に「ボーナスは?」と彼に聞いたら「俺のボーナスを自分のものみたいに話すのがイヤだ」と怒り出して。

    アル:ファー!もともとは金にうるさくなかったんでしょ?

    M:全然うるさくなかったです。

    アル:なるほど。『モラル・ハラスメントのすべて』に、モラ男の特徴として「結婚が決まって彼女が自分のものになったと確信した途端、ケチ夫に変身します」と書いてた。自分の出費には甘いのに、妻の出費には厳しくダメ出しするとか。

    M:そうなんですよ…。その時に「えっ?」と違和感を感じたけど、うやむやにしてしまって。
    その後に、彼の飲み仲間のおじさんに婚約者として紹介される機会があったんですね。彼は私のことを「東大卒で○○勤務(←超有名企業)」と話していたらしくて。

    アル:トロフィーワイフ的に「俺の彼女はスゴイ!」と自慢したかったのかもね。

    M:今思うとそうだったのかも。でも交際中は、私の経歴に腰が引ける男性が多いので「気にしない彼はリベラルな人なんだ」と思ってました。

    アル:それめっちゃわかる!!

    M:で、その時におじさんが酔っ払って「頭がいいからって調子に乗ってんじゃねえぞ」とからんできたんですよ。

    アル:何それ!がっさムカつく!!!

    M:私も「はあ?」と思ったけど「まあまあ」と笑顔でかわしたんですね。でもその場で彼が何もフォローしてくれなかったのもショックで。
    それで家に帰ったら、彼に「あの時のMちゃんの『まあまあ』って言い方は年上の人に向かって失礼だ、おかしい」と言われて。

    アル:ええっ?オッサンじゃなくMちゃんがおかしいの?!

    M:私もそれでキレて、3時間ぐらいケンカしたんですよ。でも彼は「まあまあって言い方はおかしい」と言い続けて、話し合いにならなくて。

    アル:いや~それは本当にショックだよねえ。

    M:そう…ショックだったけど、その時は「一番悪いのはオッサンだ」と自分を納得させたんですよ。でもその後に、決定的な出来事が起こったんです。

    ※アルテイシアのおすすめ本
    『モラル・ハラスメントのすべて 夫の支配から逃れるための実践ガイド』
    『良心をもたない人たち』

    アルテイシアのツイッターはコチラ 
    Facebookページはコチラ 

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    アルテイシアの相談室
    更新頻度: 月2本以上
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥110 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。