• このエントリーをはてなブックマークに追加
アルテイシアの酔っ払いラジオ第59回 sokomoと「フェミニズムを感じる韓国作品」について語ります!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アルテイシアの酔っ払いラジオ第59回 sokomoと「フェミニズムを感じる韓国作品」について語ります!

2021-09-26 19:00

    こんにちは~!本日のゲストはsokomoちゃんです。

    sokomo/ツイッターで人気の韓国通のKPOPオタク。ツイッターはhttps://twitter.com/mojo1516

    今回は、フェミニズムを感じる韓国作品について語ります!

    ・映画『サムジンカンパニー1995』
    ・映画『野球少女』
    ・『差別はたいてい悪意のない人がする』キム・ジヘ著
    ・『ヘイトをとめるレッスン』ホン・ソンス著
    ・日本と韓国の似ている点とちょっと違う点
    ・都立高校入試における女性差別について
    ・韓国の性的マイノリティ差別について
    ・差別とヘイトを生む条件とは?…等など

    次回はおすすめのユーチューバー、小説、エッセイ集について語ります!

    新刊『フェミニズムに出会って長生きしたくなった』8/5発売。
    男尊女卑がはびこる日本で女はとにかく生きづらい。でも一人一人が声を上げたら、少しずつ社会が変わってきた。フェミニズムに出会って自分を解放できた著者の爆笑フェミエッセイ。田嶋陽子氏との感涙対談も収録。
    www.amazon.co.jp/dp/4344431081


    アルテイシアの酔っ払いラジオ「フェミニズムを感じる韓国作品」29分

    音声は下記のURLをクリック↓ 

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。