• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

彼女いない歴=年齢を卒業できた理由「こんな俺でも性的対象として見てくれる女性がいるんだ」28歳で脱童貞したオタクの場合②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

彼女いない歴=年齢を卒業できた理由「こんな俺でも性的対象として見てくれる女性がいるんだ」28歳で脱童貞したオタクの場合②

2014-07-26 19:00
  • 4

「みんなどうやって恋愛してるの?」
「オクテ男子が脱童貞したキッカケは?」

恋愛やセックスについて、男同士で話す機会は少ないもの。
オクテ男子の声はメディアにもあまり出てきません。

「女子と話せない」「一生彼女できないんじゃ」と悩んでいた男子たちが、どのように悩みと向き合い、克服してきたか?
そんなリアルな声を聞いていくシリーズ。

1人目のゲストは、拙書『モタク~モテるオタクになる恋愛ガイド~』にも登場するYくん(33歳)

28歳まで恋愛に縁がなかったのが、私のスパルタ指導を受けて彼女を作り、結婚に至った男子です。

前回はコチラ→「高校時代にこじらせて、女子と話せなくなりました①」

大学卒業後、就職はしたものの「他人とコミュニケーションできなかった」という彼。
そんな彼が暗黒時代から脱出し、女子と話せるようになったキッカケは?

■「ああ、俺は人と話がしたかったんだな」

Y:当時は、会社と家を往復するだけの毎日で。
会社では仕事の話しかしないし、家帰ってネットみてエロゲーして…って日々を送ってたら、だんだんヤバくなってきて。
家でひとり、壁にガンガン頭をぶつけたりしてました。

アル:壁に五寸釘を打つんじゃなく?

Y:それはうちの妹です(笑)賃貸だから釘は打てないし。
で「このままじゃほんとヤバい」と追いつめられて、近所のバーに行ってみたんです。

アル:それは勇気がいったでしょう。

Y:スゲー勇気がいりました。
当時はスタバにも入れなかったから。「こんなダサい俺が入れる場所じゃない」って。

でもバーに行ってみたら、普通のおじさんやおばさんとかもいて。
それで通い始めたんだけど、色んな人と話せたのがデカかったですね。

アル:バーはお酒も入ってるから、話しやすいしね。

Y:そうですね、気さくに話しかけてくる人も多いし。
それで「ああ、俺は人と話がしたかったんだな」と実感しました。

あとバーは会社とかと違って、利害がからまないから。

アル:「べつに失敗してもいいや」と開き直れるよね。
会話の練習をしたければ、知らない人ばかりの場所に行くのがオススメ。

Y:そのバーは近所だったから、気軽に立ち寄れたのもよかったです。
頻繁に通ってると、顔見知りも増えるし。

僕はバーに行き始めたのが転機でしたね。
それでじょじょに人と話せるようになっていって。
会社と家以外に居場所があることにも救われました。

アル:うちの夫もヒキコモリで鬱状態になった時があったらしく。
それで「人は虎にはなれない。群れを作る生き物だから、人と接しないとおかしくなる」と悟ったらしい。
で、彼も地元のバーに通い始めて、そこで私と出会ったのよ。

Y:ガンダムの着ボイスがキッカケで(笑)

アル:そうそう、「アムロか…?!」って。
その直前まで着ボイスを坂田利夫にしてたから、アムロに変えててよかったわ(笑)

Y:僕もバーで色んな出会いがあったんですよ。

アル:たとえば?

Y:すごく記憶に残ってるのは、帰国子女の2人組に出会った時。
綺麗な子たちだったけど、欧米っぽいオープンな感じで…
なんと、2人がほっぺたにキスしてくれたんですよ!

アル:おお、それは僥倖だなあ!

Y:「こんなラッキーなことがあるのか…!」と思いました。
軽いノリだったけど、僕はそれでちょっと自信がついたというか…
「俺はそこまでキモくないのかもしれない」って。

アル:泣かせる言葉だのう…。

Y:あとですね、実は女性のお客さんから「終電なくなったから泊めて」と誘われたことがあるんです。

アル:マジでか!

Y:ただ、その女性は

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
「話がしたかったんだなあ」というところに強く共感できました。
仕事でも家でもないところでのびのびできることが嬉しく感じる
のだと思います。
           としろう(44歳 独身 素人童貞)
85ヶ月前
×
アルテイシアさん、こんにちは!
今回も楽しく、興味深く読ませていただきました。

「このままじゃホントにやばい」と、
思えるか否かがポイントになりそうだな…
と、思いました。

次回予告、本当に期待の持たせ方が秀逸(笑)
更新、待ち望んでおります☆
85ヶ月前
userPhoto
eri
×
「自分は次、何を話そう」ってことで頭がいっぱい
↑私の父がこれです。そんなに喋りたければ壁に向かって喋ればよいと心底思います。

母の女性らしい、とりとめもなく結論を求めない会話のスタイルと全く噛み合っていないのですが、本人たちはわりと楽しそうなのが不思議でなりません。
85ヶ月前
×
>>3
eriさん
↑私の父がこれです。そんなに喋りたければ壁に向かって喋ればよいと心底思います。
                   ↑
身内とはいえちょっとキツいですかね?まあ身内だから分からなくもないですが。(笑)

「自分は次、何を話そう」ってことで頭がいっぱいなお父さんがお母さんと一緒になってあなたが産まれたのだから感謝しないといけないですよ。

会話のスタイルが噛み合ってないように見えて実は別の部分で噛み合ってるんじゃないでしょうか?それは何?と聞かれたらご両親に聞かないと分からないですが。
85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。